このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

長期在宅勤務労働者における疼痛強度と機能障害の予測因子

アクティブエクステンションパターンサブグループでNSCLBPを予測および管理するための予測因子を明確にします。

VASスコアの予測モデルは、HArS、LC、PATA、KOSSおよびHE ROMを含んでいた。

ODIスコアの予測モデルにはHERrSが含まれていました。
抽象
バックグラウンド
非特異的慢性腰痛(NSCLBP)患者は不均一であるため、NSCLBP患者をサブグループ化することで研究の知見が明確になる可能性があります。伸展運動の方向におけるNSCLBP、すなわち能動的伸展パターン(AEP)は、長期間の立っている間に一般的である。
目的
疼痛強度および機能不全の予測因子は、運動障害サブグループにおいてAEPとして下位分類されたNSCLBPを有する長期在宅勤務労働者(PSSW)において決定された。
方法
変数は、視覚的アナログ尺度(VAS)、Oswestry Disability Index(ODI)、Borg Rating Perceived Exertion(RPE)尺度、およびKorean Occupational Stress Scale(KOSS)を含むアンケートを使用して測定されました。体位評価は骨盤前方傾斜角(PATA)を測定することによって行った。スマートKEMA測定システムを使用して、股関節屈曲、股関節伸展(HE)、および膝屈曲 可動域(ROM)、ならびに股関節伸筋強度、股関節外転筋強度(HArS)、股関節外転筋強度(HERS)を評価した。 NSCLBPがAEPとして分類されている78 PSSWにおける股関節内回旋筋強度、膝伸筋強度、および膝屈筋強度、ならびに腰骨盤安定性(LS)。
結果
予測モデルでは、HArS、LS、PATA、KOSSおよびHE ROMがVASの分散の40.1%を占めました(p <0.05)。機能不全の予測因子には、段階的選択法を用いた場合の重回帰モデルにおけるODIの分散の11.9%を占めるHERrSおよび年齢が含まれた(p <0.05)。 結論 今回の結果は、PSSWにおいてAEPとして分類されたNSCLBPを評価し予測するため、そして介入を設計する際に、HArSおよびHERrS、LS、PATA、KOSS、HE ROMおよび年齢が考慮されるべきであることを示す。 前の記事次の記事 キーワード 筋骨格痛腰痛回帰分析 この記事の研究データ 利用できないデータ/ データは要求に応じて利用できるようになります 研究データについて ©2019 Elsevier Ltd..All rights reserved。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2468781218303060

関連記事はこちら