このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ゴール
本研究の目的は、脳卒中患者の顎関節機能障害を評価することでした。
材料および方法
健常者50人、脳卒中のある人50人の合計100人の参加者がこの研究に採用された。デジタルノギスおよびアルゴメーターを使用して、顎関節可動域および咀嚼筋 圧痛閾値を評価した。顔面神経麻痺の重症度の評価には、唇側交連角測定を使用した。Fonsecaアンケートは顎関節機能障害評価と分類のために使用されました。加えて、支配的な咀嚼シフトを尋ねる質問で測定した事前と脳卒中後支配的な咀嚼側。
調査結果
群間比較では、脳卒中群を支持して、すべての顎関節可動域パラメータにおいて有意な減少が見られた(P  <0.05)。左側頭筋の中央部を除いて咀嚼筋の疼痛閾値に関して群間に有意差は見られなかったという事実にもかかわらず、値は健常群でより高かった(P  > 0.05)。陰唇交連角度、フォンセカアンケートスコアの群間検査の結果、陰唇交連角とフォンセカアンケートスコアが脳卒中群でより高いことが分かった(P  <0.05)。脳卒中患者の集団内検査は、脳卒中患者に優勢な咀嚼側方シフトが見られたことを示した(P  <0.05)。 結論 顎関節機能障害の有病率は、健康なグループと比較して脳卒中グループの方が高く、顎関節機能障害治療に特異的な治療法の使用は有益であると結論付けられた。 前の記事次の記事 キーワード 片麻痺噛む咀嚼機能不全顎口腔系無秩序 補助金の支給:研究は著者によって資金提供された。 ©2018全国脳卒中協会。Elsevier Inc.が発行します。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S105230571830137X