このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
顎関節領域に発生する色素性絨毛結節性滑膜炎はまれな疾患であり、治療方法の見直し、追跡調査期間が必要です。
方法
遡及検索とともに過去の文献を参照してください。
結果
頭蓋骨を含む摘出術はすべての症例で行われた。しかし、部分切除を行った1例に再発が見られた。過去の報告では、一括切除が望ましいと考えられていることも示されています。
結論
顎関節領域に発生した色素性絨毛結節性滑膜炎の患者に対して一括切除を実施する必要があります。さらに、長期間の経過後に再発が報告された症例が報告されているため、約10年の経過観察が必要と考えられる。
キーワード
色素性絨毛結節性滑膜炎腱滑膜巨細胞腫顎関節スカルベース手術
©2018 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S038581461830703X