このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

背景と目的。この研究は、胸椎接合部に関連する参照痛のパターン(C7 – T1〜T2–3、T11–12)を調査することを目的としていました。メソッド。頬骨裂手部起源であると疑われる背部痛があり、透視下の指導で関節への局所麻酔薬の注射によって疼痛が軽減した15人の患者では、C7 – T1からT2–3、T11–12の頬骨尖関節関節は注射によって拡張した造影剤。注射が患者の典型的な疼痛を再現した場合、患者は疼痛の分布を説明するよう求められ、それは身体図に記録された。結果。合計21の関節が研究された。C7 – T1からT2–3までの胸椎接合部とT11–12関節の​​複合疼痛分布図を作成した。紹介された疼痛の分布は以下の通りであった:肩甲骨上部領域の疼痛はC7 – T1とTh1–2から引用された。肩甲骨上部角の痛みはC7 – T1とT1–2。C7 – T1、T1–2、およびTh2–3の肩甲骨中央部の痛み。そして、注射部位周辺の傍脊椎領域およびT11-12の腸骨稜上の領域の痛み。結論。関節C7 – T1からTh2–3について言及された疼痛分布は有意な重複を示した。
前の記事次の記事
キーワード
胸椎接合部背中の痛み頬骨接合部関節痛
*
阪南中央病院麻酔科より

ペインクリニック、関東帝心病院
著作権©1997年エルゼビア社発行

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1098733997800077