このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
本研究では、顎関節痛と機能不全(TMJPD)患者、疼痛管理および健康管理の間の心理的な違いについて検討します。EversoleとMachadoの診断基準に従って、222人の患者を筋原性顔面痛(n = 42)、内臓側障害タイプI(n = 69)、内部側障害タイプII(n = 85)のいずれかに分類した。内部障害タイプIII(n = 6)。患者は、基本的人格目録、疾病行動アンケート、多次元健康管理場所、知覚ストレススケールおよび対処方法チェックリストを完成させた。対象はまた、慢性および重症度を含むTMJPDの症状に関する質問に答えた。単純な顎運動と超音波による慎重な治療の後、5ヵ月後に患者に再度連絡を取り、以前に記入したものと同様のフォローアップ質問票を記入した。比較グループは、顎関節を含まない疼痛に関連した外傷のために外来理学療法クリニックに通う79人の患者と71人の無痛で健康な学生から構成されていた。多変量統計を用いてデータを分析した。結果は、疼痛強度(そしてある程度は慢性)と疼痛管理の間ではあるがTMJPD患者の間ではない多様な性格測定値との間の有意な関係を示している。これは、個々の疼痛障害がより大きな、均質な疼痛障害集団のサブセットであると仮定することの妥当性に疑問を投げかける。TMJPD患者および疼痛管理は、無痛管理よりも心気膜下症および不安に対してより高いスコアを示すが、これらの上昇は臨床的に有意ではない。上昇は、陽性の治療結果に応じて正常レベルに減少する。TMJPD患者と疼痛管理との間に、いずれの測定値にも差はなかった。これらの結果は、TMJPD患者が他の疼痛患者または健康なコントロールと人格の種類、病気への反応、医療に対する態度、またはストレスへの対処の仕方において有意差がないように思われることを示唆しています。
前の記事次の記事
キーワード
疼痛人顎関節痛と機能障害
著作権©1990発行エルゼビアBV

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/030439599091159G