このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
固有受容、すなわち体の刺激に由来する四肢の動きと空間的な向きの認識は、関節の安定性を維持するのに重要な役割を果たします。本研究は、過運動症候群の患者における膝の固有受容、疼痛強度および生活の質に対する複合運動療法(閉動論的連鎖運動および固有受容運動)の効果を調査することを目的とした。
設計
ブラインド・シングルランダム化臨床試験。
設定
シラズリハビリテーション科学部。
参加者
ハイパーモビリティ症候群の24人の患者。
介入
無作為割付により、患者を対照(介入なし)または介入群(運動療法)に割り当てた。
測定値
介入の前後に膝の固有受容、疼痛強度および生活の質を評価した。エクササイズセッションは週に3日4週間行われました。
結果
その結果、介入群では対照群と比較して膝の固有受容が有意に改善されたことが示された。介入群では、対照群と比較して生活の質が向上し、膝痛強度が有意に減少した。
結論
運動療法を併用すると、運動過多症候群の患者の疼痛強度を軽減し、膝の固有受容性および生活の質を向上させることができます。
前の記事次の記事
キーワード
固有受容疼痛生活の質ハイパーモビリティ症候群
1 。前書き
関節運動過多症候群は、筋骨格痛を引き起こす可能性がある遺伝性疾患です。それはコラーゲン、エラスチンおよびテネイシンをコードする遺伝子における突然変異によって引き起こされる(Sahin et al。、2008a、Hakim and Grahame、2003)。成人の間で過運動症候群の有病率は0.6%から31.0%の範囲であり、それは男性よりも女性において5倍一般的である(Everman and Robin、1998、Hakim and Grahame、2003)。それは関節可動性を正常範囲を超えて増加させ、その結果弛緩性が増加し、それが関節の不安定性につながる可能性があるそして外傷性のけが。軟部組織の不安定性によって引き起こされる外傷性病変は、特に膝などの体重負荷関節における筋骨格痛に関連している可能性がある(Sahin et al。、2008a、Sahin et al。、2008b)。
固有受容システムは、関節の安定性において重要な役割を果たしています(Lokhande et al。、2013)。Mallikらによる研究。(1994)とJeroschとPrymka(1996)は、過運動症候群の患者の膝と近位指節間関節で固有受容視力が低下することを示しました。固有受容の障害は、関節弛緩の結果として不安定な関節を軽度の外傷に対してより脆弱にする可能性があります。
以前の研究は、運動療法が関節の不安定性を改善し、症状に関連した運動過多を減少させることができることを示した(Sahin et al。、2008a、Ferrell et al。、2004 )。過運動症候群の患者に関する以前の研究では、運動は組み合わせられなかった。さらに、運動療法の最も効果的な組み合わせに関する包括的な情報は入手できません。したがって、この研究の目的は、膝関節過敏症候群の患者における4週間の閉鎖運動連鎖運動および固有受容運動との併用療法の即時効果を調べることであった。
2 。患者と方法
この試験は、一重盲検無作為化臨床試験でした。過移動性症候群と診断された18〜30歳の女性24人(Brighton 1998の診断基準による)(Grahame et al。、2000 )は、掲示板に掲載された発表を通じて募集された。それらはすべて理学療法、整形外科膝関節リウマチの患者でしたシラーズ医科大学と提携している診療所。コンピュータで生成された乱数表を使用して、患者を無作為に2つのグループに分類した:対照(介入なし)および介入(複合運動療法)。運動選手であるか、定期的に(週に3回)運動を報告した女性は除外した。他の除外基準は以下のいずれかであった:膝外傷の病歴、リウマチ性疾患または変形性膝関節症の病歴、膝靭帯損傷、膝関節形成術、神経筋または筋骨格障害。参加者全員が倫理委員会によって承認された書面によるインフォームド・コンセント用紙に署名した。 シラーズ医科大学
疼痛強度、生活の質および固有受容性視力は、介入の直前および直後に、それぞれビジュアルアナログスケール(VAS)、短文形式36健康調査(SF − 36)およびゴニオメーターを用いて測定した。参加者は自分の最初ではなかった場合は、すべてのデータを記録した月経周期(すなわち、ない月経出血中)の分泌が増加するので、性ホルモンなどのエストロゲンとプロゲステロンサイクルのこの段階では、増加させることができ、関節弛緩および不安定性を( Shahin et al。、2012 )。理学療法士 介入群の全患者を監督し、群割り当てに盲目だった別の療法士が介入の直前と直後に参加者を評価した。
膝関節位置感覚を測定するために、関節角度再配置におけるエラー率を2つの位置、すなわち体重負荷(WB)および非体重負荷(NWB)で評価した。ゴニオメーターの軸は、女性の外側大腿骨上顆に位置していた。ゴニオメーターの片方の腕を大腿骨の長軸に沿って配置し、もう一方の腕を脚と揃えました( Lokhande et al。、2013)。
NWBポジションでは、患者は目を閉じてベッドの端に座った。座位での受動的 – 能動的方法が使用された。この試験では、30度の膝屈曲角度を受動的に作り、その後膝を伸ばした。それから参加者は積極的に30度の角度で彼女の膝を曲げるように頼まれました。
WBポジションでは、スタンディングポジションでのアクティブ – アクティブ方式が使用されました。患者は、下肢を30度の膝屈曲まで積極的に曲げ、次にこの角度を積極的に再現するよう求められた(Lokhande et al。、2013)。
各評価後に角度誤差を記録した。各測定を5回繰り返し、5回の測定全ての平均を分析に使用した。
介入群における初期評価の後、患者は専門の理学療法士の監督の下、週に3日で4週間運動療法を受けた。最初の週のエクササイズプログラムは、しゃがんだエクササイズ、ブリッジング、5セットでのプライ、バックウォーキング(30秒)、ヒールウォーキング(30秒)、つま先で歩く(30秒)、目を閉じて歩く(30秒)片足で立ち(30秒)、片方の足で目を閉じて(30秒)そして目を開いて(30秒)前後に曲げます。
2週目のプログラムは、しゃがんだエクササイズ、ブリッジング、1セットの10のプライ、5セットのフロントランジ、サイドランジ、バックウォーキング(30秒)、ヒールウォーキング(30秒)、つま先でのウォーキング(30秒) 、目を閉じて(30秒)歩いて、片足で立って(30秒)、片足で閉じて(30秒)そして目を開いて(30秒)曲げ、ゆっくりと椅子に座って立っているアップ(10倍)
3週目のプログラムは、しゃがんだエクササイズ、ブリッジング、2セットの10のサイドランジ、1セットの10のサイドランジ、バックウォーキング(30秒)、ヒールウォーキング(30秒)、つま先でのウォーキング(30) s)、目を閉じて歩いて(30 s)、片足で立って(30 s)、片方の足で目を閉じて(30 s)そして目を開いて(30 s)、ゆっくりと椅子に座りますそして立ち上がって(10回)、ゆっくりした8回の練習(5回)(ゆっくり歩き – 広い円、速い歩き – 広い円、ゆっくり歩き – 狭い円、速い歩き – 狭い円)。
4週目のプログラムは、しゃがんだエクササイズ、ブリッジング、2セットで15セット、サイドランジとフロントランジで2セットの10、後ろ向きウォーキング(30秒)、ヒールウォーキング(30秒)、つま先で歩く(30) s)、目を閉じて歩いて(30 s)、片足で立って(30 s)、片方の足で目を閉じて(30 s)そして目を開いて(30 s)、ゆっくりと椅子に座りますそして立ち上がって(10回)、そして速い8回の運動(5回)を行う(Sahin et al。、2008a、Ferrell et al。、2004)。
4週目の終わりに、すべての転帰は、対照群と介入群の両方で再び測定されました。
2.1 。統計的方法
各グループに何人の参加者が必要であるかを決定するために、調査の前にパワー分析が行われました。サンプルサイズは、膝関節のためのデータに基づいて、0.05のアルファ値は、80%のパワー、および0.2のベータ値に応じて、各グループに12人の女性のように決定した固有感覚(データフェレルら、2004)(8) 。
統計分析は、ウィンドウズXP用のSPSSバージョン16(米国イリノイ州シカゴのSPSS社)を用いて行った。データの正規性は、Shapiro-Wilk検定で検証されました。WB位置における関節角度の再配置を除いて、データは正規分布であった。したがって、ノンパラメトリック検定を用いてWBの結果を分析した。マン・ホイットニー検定は、グループ間の角度誤差を比較するために使用し、ウィルコクソンの符号順位検定は、介入前と後の角度誤差を比較しました。NWB位置における疼痛強度、生活の質および関節角度再配置の群内および群間比較は、それぞれ対応のあるt 検定および独立標本のt 検定を用いて行われた。
3 。結果
表1は参加者の人口統計学的特徴を示す。介入群と対照群の間で年齢、身長または体重に有意差はなかった(P  > 0.05)。
表1。患者の介入群と対照群の特徴共同過剰運動。
グループ 介入 コントロール P値
年齢(歳) 22.25±1.28 21.66±196 .11
身長(m) 1.63±0.04 1.64±0.04 .87
重さ(kg) 55.20±9.81 62.41±10.47 .86
値は平均値±SDである。
関節角度再配置の結果は、WB位置およびNWB位置の両方において、角度誤差が対照群と比較して介入群において有意に減少したことを示した(表2、表3)。
表2。角度誤差(度)体重負荷を有する患者の介入群と対照群における位置関節過剰運動。
角度誤差 介入(平均±SD) 対照(平均±SD) P値a
前 6.24±5.39 5.62±4.43 .88
後に 2.53±2.71 5.69±4.69 .03 *
P値b 0.005 * 0.92
*は有意水準を示します。
ある
マンホイットニーのU検定。
b
Wilcoxonは順位検定に署名しました。
表3。関節運動過多の患者の介入群および対照群における体重をかけない位置の角度誤差(度)。
角度誤差 介入(平均±SD) 対照(平均±SD) P値a
前 3.84±3.68 4.90±3.41 .47
後に 2.07±1.81 5.02±3.05 .009 *
P値b 0.01 * 0.70
*は有意水準を示します。
ある
独立したサンプルのt検定。
b
ペアのt検定。
また、疼痛強度は、対照群と比較して介入群において有意に減少した(表4)。
表4。ビジュアルアナログスケールを持つ患者の介入群と対照群におけるスコアの関節可動性亢進。
痛みの強さ 介入(平均±SD) 対照(平均±SD) P値a
前 4.98±1.32 4.87±1.86 .90
後に 2.25±1.48 5.37±2.07 P <.001 * P値b 0.001 * 0.20 VASは0から10mmの間で評価された。 *は有意水準を示します。 ある 独立したサンプルのt検定。 b ペアのt検定。 試験期間の終了時に、介入群の生活の質は、対照群と比較して有意に改善した(表5)。 表5。介入前後のShort Form 36 Health Surveyに基づく生活の質のスコア。 ドメイン 前(平均±SD) 後(平均±SD) P値a 身体機能 介入グループ 59.90±6.28 71.89±9.39 P <.001 * 対照群 60.50±9.70 60.55±9.55 .94 P値b 0.86 0.01 * メンタルヘルス 介入グループ 57.39±16.75 58.05±17.06 .31 対照群 51.80±17.49 52.56±13.63 .69 P値b 0.46 0.42 生活の質は0(最悪)から100(最善)の間で採点された。 *は有意水準を示します。 ある ペアのt検定。 b 独立したサンプルのt検定。 4 。討論 この研究の結果は、運動療法の組み合わせが、過運動症候群の患者における膝関節の固有受容の有意な改善をもたらし得ることを示した。この発見は、 Ferrell et al。の結果と一致しています。(2004)およびSahinら、2008a、Sahinら、2008b。これらの著者らは報告閉鎖運動連鎖の練習および8週間の固有受容演習は(関節位置感覚を向上させることができるフェレルら、2004、Sahinさんら、2008A、Sahinでら。、2008Bを)固有受容の改善はおそらく生理学的および心理的変化によるものです。固有受容メカニズムが関節の安定性に重要な役割を果たすので、固有受容の改善は関節の弛緩が再傷害を防ぐのを助けることができます。 この試験に参加した女性では、4週間の併用運動療法の後に疼痛強度が低下したが、これは以前の研究と一致している(Ferrell et al。、2004、Barton and Bird、1996)。疼痛の軽減は、固有受容または無条件化の改善に起因し得る(Sahinら、2008a、Sahinら、2008b、KeerおよびGrahame、2003)。 SF-36 質問票からの結果は、幸福感の指標としてのクオリティオブライフスコアが、過運動症候群の女性における複合運動療法の後に改善されたことを示した。Pacey等。(2013)理学療法士によって管理された運動プログラムは8週後に健康関連の生活の質を改善することができることを示しました。したがって、生活の質のスコアの改善は、関節運動過多症候群の患者における運動療法後の疼痛軽減に起因し得る。 これまでのすべての研究で8週間後の運動療法の有効性が報告されていますが、本研究では4週間後に運動療法を併用しても同様の結果が得られることがわかっています。ここで報告された調査結果は、併用運動療法が以前の研究で使用されたものよりも短い期間で予想される結果を達成するのを助けることができることを示唆しています。 本研究の限界は追跡期間の欠如であった。さらに、対照(治療なし)グループの参加者は、彼らのグループ割り当てに目がくらんでおらず、これは結果に影響を与えた可能性があります。将来の研究は介入の結果の追跡評価を含み、そして潜在的な方法論的限界を克服するように設計されるべきである。 5 。結論 患者の現在のサンプルにおける関節過剰運動の症候群、合成運動療法減少疼痛強度および改善された関節固有感覚及び生活の質直ちに介入後。 利益相反 宣言されていません。 資金援助/サポート声明 この調査は、公共、商業、または非営利の各セクターの資金提供機関から特別な助成を受けていません。 謝辞 著者らは、この原稿を編集する際の貴重な支援に対して、シラズ医科大学のResearch Consultation Center(RCC)のH. Argasi氏に、また、その利用を改善したK. Shashok氏(東地中海のAuthorAID)に感謝します。原稿の一部に英語。 参考文献 バートンと鳥、1996 L. バートン、H. バード ハイパーラックスジョイントの安定化による痛みの改善 J.オルソップ。リウマトール。、9 (1 )(1996 )、頁。46 – 51 Scopus Google Scholarでレコードを表示する エバーマンとロビン、1998 DB エバーマン、NH ロビン ハイパーモビリティ症候群 小児科 牧師、19 (1998 )、頁111 – 117 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Ferrell et al。、2004 WR フェレル、N. テナント、RD Sturrock 、L. アシュトン、G. 信条、G. Brydson 関節過剰運動症候群の患者における固有感覚の増強による症状の改善 関節炎Rheum。、50 (10 )(2004 )、頁。3323 – 3328 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Grahame et al。、2000 R. グラハム、H. BRID 、A.の 子供 良性関節過剰運動症候群の診断のための改訂(ブライトン1998)基準 J.Rheumatol。、27 (2000 )、頁。1777年- 1779年 Scopus Google Scholarでレコードを表示する ハキムとグレアム、2003年 A. ハキム、R. グレアメム 共同ハイパーモビリティ ベストプラクティス 結果 クリン リウマトール。、17 (6 )(2003 )、頁989 – 1004 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Jerosch and Prymka、1996 J. ジェロッシュ、M。 プリムカ 固有受容と関節の安定性。膝手術、スポーツ外傷 Arthroscopy 、4 (3 )(1996 )、pp。171 – 179 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Keer and Grahame、2003年 R. Keer 、R. Grahame ハイパーモビリティ症候群:理学療法士のための認識と管理。バターワースハイネマン Elsevier Health Sciences 、ロンドン(2003 ) Google Scholar Lokhande et al。、2013 MV Lokhande 、J. Shetye 、A. メータ、MV デオ 体重負荷における膝関節固有感覚の評価と健常者における非体重負荷位置で J.クリシュナ研究所 メド。サイ。大学 、2 (2 )(2013 )、頁94 – 101 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Mallik et al。、1994 A. マリック、W. フェレル、A。 マクドナルド、R。 スターロック 過運動症候群の患者における近位指節間関節の固有受容性視力の障害 Rheumatology 、33 (7 )(1994 )、pp。631 – 637 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Pacey et al。、2013 V. Pacey 、L. Tofts 、RD アダムス、CF Munns 、LL ニコルソン 共同過剰運動症候群と膝の痛みの小児における演習:ニュートラル膝伸展対hypermobileに運動を比較したランダム化比較試験 小児科 リウマトール。、11(1)(2013)、p。30 Google Scholar Sahin et al。、2008a N. Sahinで、A. Baskent 、A. Cakmak 、A. Salli 、H. Ugurlu 、E. Berker 膝の固有感覚の評価と良性の関節過剰運動症候群の患者における固有感覚運動の効果 リウマトール。Int。、28 (10 )(2008 )、頁995 – 1000 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Sahin et al。、2008b N. Sahinで、A. Baskent 、H. Ugurlu 、E. Berker 過剰運動症候群の患者における膝の伸筋/屈筋筋力の等速性評価 リウマトール。Int。、28 (7 )(2008 )、頁643 – 648 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Shahin et al。、2012 A. シャヒン、YH Ulas 、E. デニズ eumenorrheic雌群における姿勢の安定性に月経周期の影響 サイ。結果 エッセイ、7 (34 )(2012 )、pp。3053 – 3057 Scopus Google Scholarでレコードを表示する ©2017 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1360859217303455

関連記事はこちら