このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
バックグラウンド
いくつかの研究は、発生率と比較した人工関節周囲関節感染同時両側全関節間の(PJI)関節形成術(SBTJA)を一次全関節形成術以下両側関節全置換術(StBTJA)患者を上演しました。しかしながら、これらの研究は統計的な力を欠いていた。
目的
SBTJAがStBTJAと比較して深刻な感染リスクを増加させるかどうかをメタアナリシスによって判断すること。
方法
すべての研究はPubMed 、Embase 、Cochrane Libraryデータベース、 Web of Science、PEDro 、CINAHL、SPORTDiscus、およびScopus から検索されました。SBTJA患者とStBTJA患者のPJI率を比較するためにメタアナリシスを実施した。
調査結果
全体として、SBTJAを受けた36,765人の患者とStBTJAを受けた71,558人の患者に関する16の研究があった。プールされたデータは、SBTJAのPJI率がStBTJA(1.57パーセント対0.84パーセントよりも低いことが示されたオッズ比(OR):0.57; 95%信頼区間(CI):0.49から0.66;不均一、 I 2 = 0% ;P = 0.74)。サブグループ分析において、プールされたデータは、2つのグループが同様のベースライン人口統計を有していれば、PJIに関してSBTJAとStBTJAグループの間に有意差がないことを明らかにした(4つの研究; OR:0.55; 95%CI:0.21-1.40;不均一性、 I 2 =) 0%; P = 0.77)。プールされたデータは、3ヶ月の病期分類期間内でSBTJA患者のPJI率がStBTJA患者のそれと同程度であることを示した(3つの研究; OR:1.22; 95%CI:0.38-3.88;不均一性、I 2 = 0%; P = 0.42)。
結論
SBTJAはStBTJAと比較してその後のPJIのリスクを増大させません。2つの治療モードを評価するためのより質の高い証拠を提供するためにはさらなる研究が必要です。
前の記事次の記事
キーワード
同時二国間段階的全関節形成術人工関節感染症
1
最初の2人の作家はこの仕事に等しく貢献して、共同執筆者と考えられます。
©2018ヘルスケア感染症協会。Elsevier Ltd.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0195670118304535