このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
開放性胆嚢摘出術と遠位指節間関節(DIP)関節の創面切除が症候性変形性関節症の治療のための関節関節固定術の安全で効果的な代替法であるかどうかを決定すること。
方法
症候性のDIP関節性変形性関節症を患っており、追跡期間が最低24ヵ月の患者78人を遡及的にレビューした。術前レントゲン写真を採点した。開腹胆嚢摘出術とDIP関節の創面切除術を全患者に施行した。DIP関節は手術後4週間固定した。患者は臨床的および放射線写真的に評価された。視覚的アナログスケール疼痛スコアおよび可動域を評価した。
結果
36ヶ月(最小24ヶ月)の中央値は、最終的なフォローアップで、1遠位8からの平均の視覚的アナログ尺度疼痛スコアに有意な改善があった間関節屈曲拘縮は、6°とDIP関節の平均によって改善されました可動域は平均20°改善されました。いいえ術後の感染症やその他の合併症は認められませんでした。いいえ再手術は、フォローアップ期間中に実行/必要としませんでした。
結論
開放性DIP関節胆嚢摘出術は、関節の動きを維持したいと考えている症候性変形性関節症の患者におけるDIP関節関節固定術の安全で効果的な代替法です。
研究の種類/証拠レベル
治療剤IV。
前の記事次の記事
キーワード
胆嚢摘出術遠位指節間関節性変形性関節症遠位指節間関節関節固定術
この記事の主題に直接または間接的に関係する、いかなる形式の特典も受領されていない、または受領される予定はありません。
©2017手の外科のためのアメリカの協会による。全著作権所有。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0363502316305238