このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

疼痛適応のメカニズムは、自発的行動と他の運動行動とでは異なる可能性があります。

疼痛は自発的な作業よりも実行および姿勢の制御の妨げが少ない。

姿勢の動作に対する独自の変更は、疼痛適応に対する新しい洞察を提供します。
抽象
神経駆動の違いは、姿勢と自発的な運動行動の間の急性疼痛への適応の変化を説明することができます。皮質筋コヒーレンスによって定量化された皮質寄与がより姿勢に焦点を当てた位置制御タスクと自発的に焦点を絞った力制御タスクで急性実験的疼痛によって異なる影響を受けるかどうかを調べた。17人の参加者が、痛み(膝の膝蓋骨下脂肪体パッドへの高張食塩水の注射)の前後に、負荷を一致させて位置および力制御収縮(最大10%の自発的収縮)を行った。右膝伸筋および屈筋の表面筋電図(EMG)を記録した。脳波(EEG)は、128チャンネルセンサーネットを使用して記録されました。反対側の運動皮質領域とEMGを近似した4つの EEG電極間の皮質筋コヒーレンスを計算した。コヒーレンス、脳波、筋電図、および目標パフォーマンスの精度は、タスクの種類と痛みの状態の間で比較されました。痛みの前に、コヒーレンスEEGとEMGはタスク間で違いはありませんでした。疼痛中、EMGは両方の作業で増加したが、力制御作業はより大きな疼痛干渉(より低いコヒーレンス、より高いEEG頻度、および増加した力変動)を示した。ニューラル基板のモータの性能 実験的疼痛によって体位機能の変化は独特に変化し、それは皮質要求の違いによって説明されるかもしれない。私たちの結果は急性疼痛中の運動適応のメカニズムへの新しい洞察を提供します。
展望
急性疼痛における運動機能への適応の根底にあるメカニズムの理解は不完全です。実験的な仕事はほとんど自発的な運動行動に焦点を当てていますが、これらの適応は姿勢行動には不適切かもしれません。本発明者らの結果は、位置制御作業中の脳活動における疼痛に関連した干渉および筋肉活性化に対するその関係をより少なく示す。
前の記事次の記事
キーワード
皮質筋コヒーレンス姿勢制御実験的な痛み筋電図脳波
オーストラリア国立健康医学研究評議会(Research Fellowship [ID] ID401599 [KT] ID1009410; Project Grant-ID 569744; Program Grant APP1091302)の支援を受けています。
作者は宣言する利益の衝突を持っていません。すべての作者は最終版を承認し、作品の正確性と完全性について説明責任を負うことに同意します。
アメリカ疼痛学会による©2018

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1526590018306199