このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
血管新生化、神経支配された第二中足指節関節を使用して鎖骨上関節の顕微手術再建のための解剖学的基礎、手術手技、および2人の患者の転帰について説明します。
方法
第二中足指節関節を関節包、中足骨と指節骨の一部、屈筋鞘と屈筋腱、伸筋鞘と腱、最初の中足骨動脈、そして深腓骨神経と一緒に採取した。この複合組織は、感染または軟骨肉腫の後に切除された鎖骨上関節の再建のために使用された。基節骨は、ダボ、接合にあった胸骨柄及び1又は2本のネジで固定します。中足骨を残りの鎖骨に蒔いた。関節は最大の上昇および制限された陥没を可能にするように向けられ、そして正常な内側外側の弛緩は前方および後方への運動を可能にした。血管吻合を胸仙腸軸血管の枝に行い、指神経を鎖骨上神経に接続した。
結果
2人の患者はこのテクニックを使用して再建された彼らの摘出された鎖骨上関節を持ちました。どちらも鎖骨接合部と胸骨接合部で結合を達成した。どちらも鎖骨上関節と上肢の動きの回復を得た。1人の患者は、肋骨鎖骨靭帯の腱移植片再建を必要とする関節亜脱臼および疼痛を発症した。
結論
これらの2例では、血管新生化された2本目の足の中足指節関節が、広く切除された胸骨鎖骨関節と肋鎖骨靭帯を完全に再建し、機能を回復した。
研究の種類/証拠レベル
治療剤IV。
前の記事次の記事
キーワード
共同再建中足指節関節鎖骨上関節
この記事の主題に直接または間接的に関係する、いかなる形式の特典も受領されていない、または受領される予定はありません。
著作権©2014アメリカ手の外科学会。Elsevier Inc.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0363502314003992