このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
大豆油と比較し て、鼻腔内栄養チューブを通して自己投与される、シールオイル(SO)、毎日10mL×3での10日間治療は、炎症性腸疾患(IBD)を有する患者における関節痛を軽減する。この無作為化対照二重盲検パイロット試験では、IBD関連関節痛の患者18人を対象として、十二指腸チューブで同様に投与したSOとクジラ油(WO)を比較します(1群あたりn = 9)。他の長鎖n-3多価不飽和脂肪酸は、試験の7日前および試験中に禁止されていました。端を研究するためのベースラインからの有意な変化は両群で観察された減少プラズマアラキドン酸にエイコサペンタエン酸比およびプロスタグランジンE 2(PGE2)レベル(WO群の傾向)、IBD関連関節痛およびIBD疾患活動性の低下、ならびに生活の質の改善。これらの変化は、SO群とWO群との間で有意差はなかった。シクロオキシゲナーゼの阻害は、IBD関連関節痛の改善と一致しているが、能動的制御が用いられたので、効果は確認を必要とする。
前の記事次の記事
キーワード
短期十二指腸投与シールオイル鯨油炎症性腸疾患関節痛関節炎長鎖n-3多価不飽和脂肪酸プロスタグランジンE 2視覚的アナログスケール生活の質

交付金:この研究は、ベルゲン大学、NIFES、オークランド大学病院、王立水産・沿岸省、水産養殖産業研究基金によって資金提供されました。Myklebust Trading ASは科学的目的でWOの無料サンプルを提供しました。
著作権©2009 Elsevier Ltd.すべての権利予約。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0952327809001288