このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
仙腸関節機能障害(SIJD)などの腰痛や股関節の障害のある人では、歩行がしばしば危険にさらされます。この障害は、大臀筋と反対側の背側背筋の同時活性化の低下を含み、これらは共に歩行中の関節安定性を提供する。我々の研究の目的は、健康な人とSIJDを持つ人の間の歩行中に確認された相乗効果に対する選択された筋肉の運動学と貢献を比較することでした。片側性SIJDの6人の女性と6人の年齢が一致する健康なコントロールが1m / sで力測定用トレッドミルを歩いている間、運動学と表面筋電図を持つ16個の筋肉の活動を記録しました。EMG活性のパターンを特定するために、非負行列因数分解が使用されました(筋肉相乗効果)。SIJDを有する個体は、罹患していない側よりも罹患した側においてより少ない股関節伸展およびより低いピーク垂直地面反力を示した。対照とは対照的に、SIJD群はまた、罹患側の大臀筋と反対側の背側背筋との間に筋肉相乗作用の低下を示した。結果は、SIJDを有する個体が、歩行時に存在する負荷相乗作用の間に大臀筋の活性化の低下および歩行時の足の間のより大きな非対称性を年齢適合対照と比較して示したことを示す。
前の記事次の記事
キーワード
仙腸関節筋肉の相乗効果バイオメカニクスキネマティクス筋電図検査筋肉発生タイミング
Daniel Feeneyは、コロラド大学ボルダー校で博士号を取得しました。統合生理学の彼の研究の興味と人間の動きの神経力学的基盤です。
©2018 Elsevier Ltd..All rights reserved。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1050641118302827