このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不適切な治療を受けた場合、または診断を逃した場合は、足中足関節複合術(TMC)による損傷が無効になります。

CTスキャン研究を通して、我々は大多数のTMC損傷が骨折 – 脱臼(76%)であることを観察した。純粋な転位だったのは24%だけでした。

純粋な転位は、より頻繁に1番目と5番目の光線を含みました。セカンドレイの病変は常に骨折 – 転位でした。

背面脱臼では、骨折はほぼ常に近位骨列では背面方向を、遠位列では常に足底方向を向いていた。

TMC損傷の骨パターンおよびそれらのCTスキャン研究の知識は、転位が自然に減少したときに病変を疑うのに非常に有用です。
抽象
前書き
中足根関節複合体(TMC)は、中足骨、足骨中足骨(TMT)関節、楔状、立方体、および舟状骨からなる中足の解剖学的構造です。TMC病変はまれですが、誤診されると重度の障害を引き起こすので重大です。病巣の解剖学的パターンおよび中足のバイオメカニクスに関する知識は、診断および治療を成功させるための鍵となります。
本研究の目的は、靭帯と骨の損傷のパターンを正確に定義するために術前のレントゲン写真とCTスキャンを分析している一連のTMC損傷を再検討することでした。
材料と方法
同側背側脱臼を伴う一連の24の完全なTMC損傷を検討した。関与する総TMT関節は120個であった。病変が純粋な靭帯であるか骨折転位であるかを観察し、骨折の程度と位置を検出した。29の病変(24%)は純粋な転位であり、それらは主に1番目と5番目の光線に局在していた。骨折 – 転位は91(76%)であり、25は近位列の骨折(楔状および直方体)、遠位列の39(中足骨)、遠位および近位列の両方の27であった。
結果
近位骨折は均質な分布をしており、それらは粉砕されるよりも頻繁に単純であった。粉砕骨折は立方体でより頻繁であった。近位列において、大部分の部分関節骨折は背側に局在していた。遠位列の骨折 – 転位は第二中足骨底(100%)でより頻繁であり、部分関節骨折は常に足底側に置かれた。TMC傷害では、骨折 – 脱臼は純粋な脱臼よりも頻繁である。純粋な転位は、より弱い靭帯とより大きな移動度を特徴とする周辺光線でより頻繁に発生します。TMCのより安定した関節がある2番目の光線は、純粋な靱帯病変で転位することはありませんでした。
結論
遠位列からの足底剥離および近位列の背面圧迫骨折は、前足部に加えられた背側および背側に向けられた直接的な力と一致すると考えられる。力の方向は、なぜいくつかの骨折が遠位列において、いくつかが近位列においてそしていくつかが両方の列において生じるかを説明し得る。足底靭帯の厚さは足底骨片剥離の頻度を説明するかもしれない。
キーワード
骨折 – 転位リスフラン怪我背中足関節
©2019エルゼビア社発行

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0020138319300385