このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

実験的な肩の痛みに及ぼす頸部と胸部の操作の影響を調べた。

外部回転偏心運動プロトコルは軽度の肩痛を引き起こした。

自己申告による肩の痛みは、操作直後に軽減しました。

棘下筋に対する疼痛閾値は、操作後に両側に増加した。
抽象
バックグラウンド
新たな証拠は、頸部および胸部の関節操作が肩の痛みを持つ患者の治療に提唱されるかもしれないことを示唆しています。
目的
実験的に誘発された肩の痛みの自己申告による痛みと痛みの圧力のしきい値の結果に及ぼす頸部、頸胸部と胸部の関節操作の急性効果を決定するには。
設計
繰り返し対策
方法
20人の健康なボランティアが2つのセッションでテストされました。セッション1は、両側棘下筋疼痛閾値テストのベースライン評価と、肩の痛みと身体障害指数(SPADI)の痛みスケールを用いた自己申告による肩の痛みからなる。等速運動プロトコルを用いて遅発性筋肉痛を誘発した。セッション2(24〜48時間後)では、すべての変数が頸部、頸胸部および胸部の操作の組み合わせの前後に再評価されました。
結果
SPADI疼痛尺度スコアは時点間で有意に異なっていた(p <0.001):運動プロトコルは報告された疼痛を有意に増加させた[平均増加14.1、p <0.001]一方、操作は報告された疼痛を有意に減少させた(平均減少5.60、p <0.001))。疼痛はベースラインレベルよりも高いままであった。疼痛閾値の差は時点間でも見られた(p = 0.001):操作 はベースラインレベルと同様に両側に疼痛閾値を有意に増加させた(p<0.001)。 結論 実験的に誘発された肩の痛みのある参加者において、頸部、頸胸部、および胸部の関節操作は、急激に痛みの圧力のしきい値を上げ、自己申告による肩の痛みを減らした。理学療法士は、短期的な痛覚過敏効果を達成し、より積極的な介入の適用を容易にするために、そのような技術の組み合わせを検討するかもしれません。 前の記事次の記事 キーワード 実験的な肩の痛み頸部および胸部の操作手動療法 全文を見る 著作権©2015 Elsevier Ltd..All rights reserved。 https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1356689X1500171X