このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

モバイルヘルス(mHealth)デバイスは、疼痛のある高齢の患者のケアを改善する可能性を秘めています。

重要な提言を特定するためにステークホルダーが集まりました。

優先事項には、mHealthツールのアクセシビリティを向上させる方法に関する研究が含まれます。

mHealthテクノロジを実際に導入することも重要な推奨事項です。

これらの優先事項に取り組むことは、高齢者の疼痛治療の転帰を改善する可能性があります。
抽象
The rapid growth of mobile health (mHealth) devices holds substantial potential for improving care and care outcomes in all patient populations, including older adults with pain. However, existing research reflects a substantial gap in knowledge about how to design, evaluate, and disseminate devices to optimally address the many challenges associated with managing pain in older persons. Given these knowledge gaps, we sought to develop a set of practice-based research priorities to facilitate innovation in this field. We employed the Cornell Research-Practice Consensus Workshop Model, an evidence-based approach to generating research priorities. Sixty participants attended the conference, where stakeholder groups included older adults with pain and their caregivers, behavioral and social scientists, healthcare providers, pain experts, and specialists in mHealth and health policy. Participants generated 13 recommendations classified into 2 categories: 1) implications for designing research on mHealth among older adults (eg, conduct research on ways to enhance accessibility of mHealth tools among diverse groups of older adults with pain, expand research on mHealth sensing applications), and 2) implementation of mHealth technology into practice and associated regulatory issues (eg, promote research on ways to initiate/sustain patient behavior change, expand research on mHealth cybersecurity and privacy issues).
展望
この報告書は、研究者と主要な利害関係者グループの共同の視点から導き出された、mHealthおよび後年の痛みの分野における一連の研究の優先事項を強調しています。これらの優先事項に取り組むことは、痛みを伴う高齢者に提供されるケアの質を向上させるのに役立ち得る。
前の記事次の記事
キーワード
疼痛老化モバイルヘルス研究のすすめ
国立老化研究所からの会議(R13AG053044)およびプログラムプロジェクト(P30AG022845)助成金、ならびにハワードおよびフィリスシュワルツ慈善基金による支援を受けています。
治験依頼者は、治験のデザイン、収集、分析、データの解釈には関与していませんでした。レポートを書く そして報告を発表のために提出する決定。
作者は宣言する利益の衝突を持っていません。
アメリカ疼痛学会による©2018

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1526590018303213

関連記事はこちら