このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
本研究の目的は、顎関節(TMJ)の既存の全同種異系再建術のバイオメカニクスを定性的および定量的に説明することでした。片側または両側の顎関節全置換術を受けた15人の健常対照者15人を動的立体計測技術により評価した。この非侵襲的方法被験者の解剖学的構造の3次元画像処理と顎の追跡を組み合わせたものです。それはリアルタイムで患者の顎関節の動きへの洞察を提供し、定量的評価を提供します。患者はまた、顎の開き、突出および後退の動き、痛み、摂食障害、および関節置換術の満足について臨床的に評価された。定性的評価の結果、両側性全関節置換術の顆が片側人工装具のものと同様の基本的な運動パターンを示したことが明らかになった。定量的には、開口部、突出部、および側突部の間の人工関節の下顎運動は、すべて対照のものより有意に短かった。著しく制限された下顎運動域交換関節における臨床的にも観察された。患者の53%が安静時に慢性疼痛を患い、67%が咀嚼機能の低下を報告した。それにもかかわらず、患者は補充療法に対して高いレベルの満足感を表明した。この研究は、複雑な治療法の包括的な理解を得るために、学際的なアプローチが必要であることを示しています。
前の記事次の記事
キーワード
バイオメカニクスデジタルボリュームトモグラフィー義足下顎運動顎関節置換
口腔外科と顎顔面外科医の©2016国際協会。Elsevier Ltd.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0901502716300546