このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

PFCの効果的な接続性は、痛みと安静時のモードによって異なりました。

オキシヘモグロビンの濃度は、RPFCと比較してLPFCにおいて増加した。

RPFCからMPFCへの接続性が大幅に安定して増加していることがわかりました。

この研究は認知科学のための痛みの包括的な見方を提供することができます。
抽象
バックグラウンド
痛みは不快な感覚と感情の経験であり、その後に不安、うつ病、欲求不満が続きます。光学的手法としての機能的近赤外分光法(fNIRS)は、疼痛刺激に応答して機能的に連結された異なる解剖学的領域間の連結性を調べることによって脳機能ネットワークを同定する。
方法
本研究では、動的因果モデル(DCM)法に基づいて、2つの疼痛モードと安静モードの間の脳前頭前野の有効な機能的結合性の違いを調べるために、fNIRSを実施した。疼痛状態と安静状態との間の前頭前野における有効な機能的結合性変化を、(1)疼痛感覚で知られている領域および(2)いくつかの脳機能ネットワークを選択することによるネットワーク間機能的結合強度(FCS)の分析のためのDCMアプローチを用いて計算した。分析結果について 全ての分析は、ツールボックスSPM − fNIRSおよびSPM8、Matlabソフトウェアを使用して実施した。
結果
局所的な血行動態の変化は、特に右側で、両方の半球の前頭前野におけるデオキシヘモグロビン濃度の減少を引き起こした。私たちは、濃度の同時増加見つけ酸化ヘモグロビンと比較して左半球の前頭前野における右半球を酸化ヘモグロビン濃度の低下傾向があったこと、。結果は、寒冷疼痛刺激の間に、前頭前野皮質領域間の結合性が有意に変化したことを示している。具体的には、RPFCからMPFCへの接続性の有意に一貫した増加が見られたが、MPFCからLPFCへの、およびLPFCからMPFCへの接続性の両方において、一貫した有意な減少が観察された。
結論
本研究は、fNIRSデータにDCMを適用することにより、前頭前野におけるニューロン結合の方向性と因果関係を特定するための疼痛研究分野に貢献しています。結果は、提案した方法が光学密度変化測定に基づく神経動的条件下で脳内の隠れ神経状態間の方向性相互作用を推論することを示唆した。
グラフィカルな抽象
高解像度画像をダウンロード(113KB)フルサイズの画像をダウンロード
キーワード
fNIRS疼痛動的因果モデリング効果的な接続神経学脳マッピング痛みを診断する
全文を見る
©2018 AGBMに代わってElsevier Masson SASが公開。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1959031818302276