このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

内側 – 外側方向と比較してより大きな前後方向の振れ

より広範囲に及ぶ疼痛感作は、より高い膝疼痛感受性に関連する。

より広範囲に及ぶ疼痛感作は、姿勢の硬直性の増加に関連しています。
抽象
バックグラウンド
姿勢安定性は、疼痛を呈する膝変形性関節症患者において影響を受けるが、疼痛感作との関連は不明である。
方法
変形性膝関節症患者は膝損傷と変形性関節症の転帰スコアを完成し、4つの条件で力プラットフォーム上に静かに(1分)立つ前に膝、下肢と前腕で両側に圧痛閾値を評価した。目を閉じた状態の表面、目を開いた状態の柔らかい表面、目を閉じた状態の柔らかい表面。立っている間の痛みの強さは数値評価尺度で評価。姿勢安定性は、力プラットフォームから抽出された圧力中心(CoP)の範囲、速度、および標準偏差によって評価された。立位条件ごとに3つの反復測定の平均を分析した。高感作性および低感作性の群は、脚および腕からの両側の圧痛閾値に基づいて定義された。
調査結果
56人の患者が含まれた。低感作群と比較して、高感作群は1)膝の圧痛閾値がより小さかった(P  <0.05)が、膝損傷と変形性関節症の結果スコアおよび疼痛強度は群間で有意差はなかった。目を閉じた状態での柔らかい表面の間の前後方向のCoPの範囲(P  <0.05)。 解釈 CoPの範囲が小さいほど、疼痛過敏性がより広い患者は、低感作群と比較して体位のこわばりが増していることを示唆している。感覚制限(目を閉じて、固有受容の低下)下で感作性が高い患者に見られるより大きな剛性は、広範囲の疼痛感作による感覚情報の統合の制限に関連するかもしれない。 前の記事次の記事 キーワード 圧力の中心疼痛閾値ビジョンフォームバランス 1 。前書き 変形性膝関節症(KOA)は、進行性の変性性関節疾患であり( Davis、1988)、経時的なバランス安定性の関連悪化( Messier et al。、2002)は、部分的には加齢に関連しています( Felson et al。、1987)。興味深いことに、関節構造の進行性変性( Davis、1988)は固有受容性視力( Felson et al。、2009)と相関しており、これはKOAを患っている患者に見られる姿勢制御障害に関連している可能性がある( Masui et al。、2006 )。。ビジョンと固有受容高い疼痛強度を報告し関節に大きな構造的損傷を呈するKOA患者のサブグループにおける姿勢安定性にとって重要である。床面が不安定で照明が悪い環境など、最適とは言えない環境は、これらの患者の中枢神経系にフィードバックされる感覚情報を制限し、姿勢の安定性に影響を与える可能性があります( Hirata et al。、2013)。これは、中枢神経系が姿勢の揺れを減らすために利用可能な感覚情報を再編成することによって適応的であることを示している( Oie et al。、2002; 疼痛による広範囲の感作がこれらの順応の原因となっている程度は依然として不明である。全体として、現在の文献は、KOA患者における疼痛および構造的変化が体位の動揺を増加させるように見えるが、そのような姿勢を制御するために使用される感覚運動統合/再編成は感作膝患者において自明ではないことを示唆する。KOA患者は一般に対照と比較してより高い疼痛感受性を有しているにもかかわらず、疼痛による広範囲の感作レベルは姿勢制御研究ではしばしば無視されている(Imamura et al。、2008)(Petersen)。他、2016)KOA患者における広範囲の疼痛感作の中心的メカニズムは複数の作用を有するが、広範囲の疼痛感作は中枢神経系への情報の感覚的流入を損なう可能性があると思われる(Graven-Nielsen and Arendt-Nielsen、2002)。姿勢の揺れに関連するアウトプット(Schabrun et al。、2016)。 KOA患者の感作が姿勢の揺れにどのように影響を与えるか、そしてこれらの患者がどのようにして利用可能な感覚情報を再編成するかは、まだわかっていません。KOA患者におけるこれらのメカニズムの理解を深めることで、転倒のリスクがより高い患者の特定を改善する可能性があります。この新しい知識は将来のリハビリテーションを積極的に強化するかもしれませんこの集団の体位変動を改善し転倒リスクを減らすことを目的としたプロトコル。本研究の目的は、高および低の広範囲の感作を有するKOA患者において、異なる感覚状態における姿勢制御再編成を調査することであった。感作性の高いグループの患者は、感作性の低いグループと比較して感覚情報が最適とは言えない状況では、より大きな姿勢の揺れがあると仮定されました。 2 。方法 2.1 。研究デザイン この横断研究では、KOA患者のベースライン姿勢の揺れを無作為化対照試験から評価した(Skou et al。、2016)。この研究は、横断研究の報告に関するSTROBEの声明に準拠しています。採用、適格基準、無作為化および割り当ての隠蔽の詳細は、以前に試験プロトコールに発表されている(Skou et al。、2012)。 2.2 。科目 100人の患者が最初に登録されました。患者は整形外科医によって2つの専門公立外来診療所の1つから募集された。症候性のKOAを有する患者は、立っている、体重負荷のあるX線検査でKellgren-Lawrence(KL)スコアが1 以上であり、軽度以上の経験をしているが整形外科医による全膝関節置換術に適格でないと認められた症状と機能的限界( Skou et al。、2016 )。軽度の限度を超える限度は、膝損傷および変形性関節症の転帰スコア(KOOS 4)で75以下のスコアと定義されました)疼痛、症状、日常生活の活動、および生活の質に関するサブスケールスコアの平均スコアとして計算される(0〜100の最善の尺度まで最悪(Roos et al。、1998 ))。主な除外基準は、100 mmの視覚的アナログスケール(VAS)で軽度の制限(> 75 KOOS)、以前の同側膝関節置換術、および先週の平均膝痛強度> 60 mm 未満でした。データ収集の前に、被験者に詳細な口頭および書面による説明を与えた。署名されたインフォームドコンセントは、北デンマーク地域(N-20110085)の地元の倫理委員会によって承認され、ヘルシンキ宣言に従って行われた研究では入学前に取得し、で登録されたClinicalTrials.gov(NCT01535001)。
2.3 。姿勢制御解析のためのプロトコル
この研究は、約45分続く1回のセッションからなりました。患者は、4つの感覚条件の下で足を合わせて60秒間、力プラットフォーム上でできるだけ静かに裸足で立つように依頼された(Hirata et al。、2013)。):(i)目を開いて固い表面。(ii)目を閉じてしっかりした表面。(iii)目が開いている柔らかい表面。(iv)目を閉じて柔らかい表面。柔らかい表面状態の間、フォームの枕(高さ5cm)をフォースプラットフォームの上に置いた。患者は、4つの試験それぞれ3つのブロックにまとめられた合計12の姿勢制御試験を実施した。各ブロックは、4つの感覚状態のそれぞれからの1つの試験からなった。各感覚状態の順序は、すべての対象について無作為化された。1ブロックが終了するたびに、患者に少なくとも1分間座るように依頼した。開眼条件の間、患者は、対象から1.5m離れた壁に配置され、彼らの目の高さに調整された円形の黒い印(直径12cm)に焦点を合わせるように求められた。問題が報告されない限り、データ収集の60秒間は話しかけないように、そして転倒を避けるために必要に応じて患者の目を開いておよび/または一歩踏み出すように患者に指示した。被験者が60秒間静かに立っていなかった場合は試験を繰り返した。足の位置は、すべての試験で同じ位置が使用され、腕が体に沿ってリラックスするようにマークされていました。実験中にフォームがフォースプレートの上部の同じ位置に配置されることを確実にするためにフォームに印を付けた。データ収集の前に、すべての患者が各状態で少なくとも1回の習熟試験(10秒)を実施した。足の位置は、すべての試験で同じ位置が使用され、腕が体に沿ってリラックスするようにマークされていました。実験中にフォームがフォースプレートの上部の同じ位置に配置されることを確実にするためにフォームに印を付けた。データ収集の前に、すべての患者が各状態で少なくとも1回の習熟試験(10秒)を実施した。足の位置は、すべての試験で同じ位置が使用され、腕が体に沿ってリラックスするようにマークされていました。実験中にフォームがフォースプレートの上部の同じ位置に配置されることを確実にするためにフォームに印を付けた。データ収集の前に、すべての患者が各状態で少なくとも1回の習熟試験(10秒)を実施した。
2.4 。姿勢制御パラメータ
4つの歪みゲージ変換器(Metitur Good Balance System、フィンランド)を備えた三角フォースプレート(等しい辺800mm)は、各試行の間に垂直方向の力を記録しそしてフィルタリングした。データを50Hzで記録し([ISPGR]標準化委員会(Scoppa et al。、2013)によって推奨されるように)、そして3点中央値フィルターおよび無限インパルス応答(IIR)フィルターで濾過した。 、20 Hzのローパスカットオフ周波数。
センサの位置およびそれらの各々に対する力の大きさを知って、内側 – 外側方向および前後方向の両方についての時間内の圧力中心(CoP)位置を、それぞれの中間の30秒間のフィルタリングされたデータから推定した。専用ソフトウェア(Metitur Good BalanceSystem®、フィンランド)による試験(15日から45日まで)。これは姿勢の揺れの測定(Era et al。、2006 ; Ha et al。、2014)に有効で信頼性のあるシステムで、中心圧(CoP)位置測定で1 mm以上の精度を持っています。バランスシステムのユーザーマニュアル)。内側 – 外側方向および前後方向の両方における標準偏差、範囲および速度をCoPデータから抽出し、3回の試験にわたって平均した。
2.5 。痛みの強さ
4回目の試行ごとにすぐに、数値評価尺度(NRS)を使用して各下肢(左側および右側)の立ち上がって作業中に痛みを口頭で評価するように患者に依頼しました。「0」のスコアは痛みがないことを示し、「10」は最悪の考えられる痛みを示した(各脚につき合計3つのスコア)。さらなる分析のために、NRSスコアを2つのレッグと3つの時点との間で平均した。
2.6 。圧痛閾値
圧痛法は、圧痛の閾値を推定するための信頼できる方法です。(Chestertonら、2007年;Kosekら、1993年)]、そして様々な慢性疼痛患者において評価された臨床的に意味のある変数と相関する(Hootenら、2013年;O’Neillら、2014年)。PPTは、1cm2プローブを備えたハンドヘルド圧力アルゴメーター(Algometer Type II、Somedic AB、Hoerby、Sweden)を用いて評価した。実際の評価の前に、患者が手技を理解していることを確認するために、手の背面で1つまたは2つのテストが行​​われました。一定の力率(30kPa / s)を3つの両側領域において皮膚に対して垂直に適用した。(i)前脛骨筋(脛骨結節の遠位5 cm)。(ii)膝領域の4つの部位(図1A、膝蓋骨の内側縁部の中間点に対して3cm内側;膝蓋骨の上部縁部に対して2cm近位;膝蓋骨の中間点に対して外側3cm。膝蓋骨の側縁;および膝蓋骨の中央)。(iii)伸筋橈骨橈骨長筋上。圧力刺激が痛みを伴うようになったら(PPTを定義する)、被験者にボタンを押すように依頼した。PPT評価はすべてのサイトで2回行われ、2回の測定の平均が分析に使用されました。
図1
高解像度画像をダウンロードする(207KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。(A)圧痛閾値が評価された膝領域の4つの部位の概略図。(1)膝蓋骨の内側縁の中間点から3cm内側。(2)膝蓋骨の上縁に近い2cm、(3)膝蓋骨の外側縁の中央点に対して3cm外側。(4)膝蓋骨の中央にある。(B)低感作群および高感作群の両方について、4つの膝部位における圧痛閾値についての平均±SD(n = 56)(両方の膝について平均)。すべての部位で、低感作群は高感作群と比べて圧痛閾値が高かった(「*」、NK: P  <0.0001)。
2.7 。サブグループ化
2段階クラスタリング分析手順[SPSSソフトウェア(IBM Corp.リリース2015.IBM SPSS統計、ウィンドウズ、バージョン23.0、ニューヨーク州アーモンク、IBM Corp.)]を使用して、それらの拡散増感の程度に従って患者を分割し​​た。前脛骨筋および橈側屈筋の筋肉の両方からの平均PPTを、KOA患者における拡大感作の指標としてモデルへの入力として使用した(Arendt-Nielsen et al。、2010)。サブグループ(クラスター)は、シュワルツのベイズ基準によって自動的に決定され、グループ間の距離は対数尤度アプローチで測定された(Fraley、1998 ; Fraley and Raftery、1998)。
2.8 。統計
データは、他に示されない限り、平均(標準偏差、SD)として提示される。正規性は、QQプロットによってすべての変数で検定されました。年齢、肥満度指数(BMI)およびKOOSスコアを群間で独立したt検定で試験した(低対高感作)。課題中の疼痛強度のNRSスコアおよびKLスコアは、ノンパラメトリックMann-Whitney U検定で分析した。ピアソンのカイ2乗検定を使用して、性別がグループ間で有意に異なるかどうかを特定しました。被験者因子と表面(堅いか柔らかいか)と視覚の間のグループとしての3元混合モデル分散分析(ANOVA)対象因子内のように(開眼対閉眼)をすべてのCoP変数(標準偏差、内側 – 外側および前方 – 後方方向の両方における範囲および速度)に適用した。MANOVAは、両側または片側KOAを有する患者の間で4つの膝部位および2つの制御点(左右)でのPPTの差があったかどうかを試験するために実施しました。4つの膝部位でのPPTは、(log10のが変換)低及び高感作群間差があったかどうかを試験するために、3ウェイ混合モデルANOVAを有する被験者因子との間のような基、及び側面(右対左)及び部位(1〜 4)対象となる要因の範囲内。多重比較のためのニューマン-クールズ(NK)補正が事後検定とで使用されたP – 値を0.05に設定した。全ての統計分析はSTATISTICAソフトウェアを用いて行った[StatSoft、Inc.(2011)]。STATISTICA、バージョン10]。
3 。結果
3.1 。患者の特徴
患者44人[男性18人、女性16人、67.3(SD 8.1)歳、体重81.4(SD 13.7)kg、身長167.5(SD 8.2)cm、KLスコア2.5(SD 1.1)、およびBMI 30.0(SD) 1)CoPデータが破損しているか不十分である(n = 17)、2)姿勢制御テストに参加しなかったことによる不適合(n = 20)、3)姿勢タスクを完了できなかった(n = 6)ため除外された。 )、および4)試験への登録後の外科的介入(全膝関節置換)(n = 1)。最後に、56人の患者を分析のために含めた[64.9(SD 9.4)歳、体重90.2(SD 17.2)kg、身長171.4(SD 8.9)cmおよび30.7(SD 6.1)kg / cm2]。年齢、身長、体重、KLスコア、BMI、およびすべてのKOOSスコアについて、含まれる患者と含まれない患者との間に有意差はなかった(表1)。)含まれていた患者は、含まれていない患者より平均4 cm高く、8 kg重かった。破損/不完全なデータ問題は、姿勢制御データを収集するために使用される専用ソフトウェアの技術的問題により発生した。データの記録時の問題を解決し、ソフトウェアの更新版が後に実装されました。合計で、含まれる患者の39%が両側KOAを示しました。
表1。含まれている(n = 56)患者と含まれていない患者(n = 44)の間の独立したt検定の要約。
Tスコア P値
年齢 1.3 0.2
高さ -2.292 0.3
重量 -2.582 0.1
KLスコア 1.56 0.1
BMI −1.566 0.1
症状(KOOS) 0.369 0.7
痛み(KOOS) −0.713 0.4
ADL(KOOS) −0.545 0.6
SRA(KOOS) −0.231 0.8
QL(KOOS) −1.266 0.2
年齢、身長、体重、KLスコア、肥満度指数(BMI)、および膝損傷および変形性関節症転帰スコア(KOOS)の全スコアに対する含まれる患者と含まれない患者間の独立t 検定の TスコアおよびP値:症状、痛み、日常生活の活動(ADL)、スポーツやレクリエーション活動(SRA)、生活の質(QL)。含まれる患者と含まれない患者との間に有意差は見られなかった。
3.2 。クラスタリング分析
平均が良いシルエット(0.7)のTwoStepクラスタリング分析の後、低(n = 23)および高感作(n = 33)グループが自動的に生成され、平均して、すべての被験者がそれ自身のクラスターによく一致したことを示します。シルエットによって表されるものは1に等しい。両方の群における56人の患者の特徴を表2に記載する。低感作群と高感作群の間で、年齢、BMI、KLスコア、課題中の痛み、およびすべてのKOOSスコアについて有意な差は見られませんでした(表2)。低感作群と比較して高感作群の女性の割合が高かった(表2、ピアソンカイ二乗(15.7、1)、P <0.0001)。同様に、両側のKOA患者の割合は、低感作群と比較して高感作群で高かった(表2、人のカイ二乗(4.2、1)、P  = 0.04)。そのため、KOAの性別と位置(片側/両側)の両方を、膝疼痛閾値およびCoP変数の統計モデルで共変量として使用しました。高感作群の患者は175.7(SD 0.08)cmであり、それにより168.4(SD 0.08)cmであった低感作群よりも高かった(t-スコア(54):3.2; P :0.002)。したがって、CoP変数を評価する我々のANOVAでは、患者の身長が共変量として使用された(Berger et al。、1992)体重変化による群間の差は認められなかった[高感作性:93.7(SD 15.2)kg; 低増感87.8(SD 19.8)。t検定(54)= 1.2、P  = 0.2]。 表2。低(n = 22)および高(n = 34)感作群の両方の患者特性(n = 56)。 低感作KOA患者(22人) 高感作KOA患者(n = 34) P値 年齢[年、平均(SD)] 64.9(9.4) 64.2(9.9) 0.56 BMI [kg / m×m、平均値(SD)] 30.1(4.5) 31.1(7.1) 0.72 作業中の痛みの強さ(NRS、中央値[範囲]) 2 [0–5] 1.4 [0–5] 0.67 KOOS – 痛みのスコア[0〜100、平均(SD)] 59.3(13.1) 49.8±14.8 0.10 KOOS – 症状スコア[0〜100、平均(SD)] 59.9(14.9) 54.3(19.6) 0.99 KOOS – 生活活動スコア[0〜100、平均(SD)] 63.1(15.8) 55.9(19.2) 0.99 KOOS – スポーツとレクリエーション活動のスコア[0〜100、平均(SD)] 22.9(15.1) 24.8(18.5) 0.99 KOOS – 生活の質[0〜100、平均(SD)] 38.3(11.7) 38.2(15.3) 0.99 KLスコア(0〜4、中央値[範囲]) 3 [1-4] 3 [1-4] 0.61 性別(男女数) 20/2 11/23 <0.0001 a KOA(片側/両側) 17/5 17/17 0.04 a 変形性膝関節症(KOA)の患者は、それらに応じて(低および高増感)は、2つの群に分けた圧力疼痛閾値の両側から値を前脛骨筋TwoStepにクラスタリング分析を用い、カルピ橈骨筋。年齢、肥満度指数(BMI)、作業中の疼痛強度、膝損傷および変形性関節症結果スコア(KOOS)スコア、ケルグレンローレンス(KL)スコア、性別および片側性または両側性KOAを有する患者の数が両方の群について報告されている。低感作群における女性および両側性KOAの発生率は、高感作群と比較して有意に低い。 ある ピアソンのカイ2乗検定。 3.3 。痛みの圧力のしきい値 片側性KOA患者と両側性KOA患者との間にPPT部位に有意差はなかった(表3 :MANOVA:ウィルクスラムダ= 0.7、F(12、43)= 1、2、P  = 0.3)。さらなる分析のために、すべての部位についてすべての患者の両側で平均した。 表3。片側性(n = 34)および両側性(n = 22)の変形性膝関節症(KOA)患者に対するすべての圧痛閾値(PPT)ポイントの平均[信頼区間] 。 一方的 二国間 右 左 右 左 サイト1(kPa) 600 [503-697] 529 [459 598] 453 [332 573] 369 [283 456] サイト2(kPa) 769 [657 890] 792 [691 894] 543 [393 694] 638 [512 764] サイト3(kPa) 699 [588 810] 712 [616 807] 471 [333 608] 526 [407 644] サイト4(kPa) 777 [665 889] 704 [613 795] 526 [388 665] 566 [453 679] TA(kPa) 773 [652 895] 722 [611 832] 560 [409 712] 563 [425 700] CRL(kPa) 470 [399 514] 503 [425 581] 317 [299 406] 337 [240 435] すべての膝部位(1〜4)および両側の前脛骨筋(TA)筋肉と橈側橈側橈骨長腕筋(ECR)筋肉のPPT。片側性KAAと両側性KOA患者との間にPPT部位に差はなかった(MANOVA:Wilks lambda = 0.7、F(12、43)= 1,2、P  = 0.3)。 両群の両側前脛骨筋の平均(SD)PPT値は、(i)高感作右側:450(SD 122)kPa、(ii)高感作左側:442(SD 145)kPa、であった。 iii)低増感右側:1034(SD 320)kPa、(iv)低増感左側:972(SD 256)kPa。伸筋橈骨橈骨筋について、PPT値は次のとおりであった。(i)高感作右側:288(SD 101)kPa、(ii)高感作左側:306(SD 89)kPa、(iii)低感作右側:586(SD 222)kPaおよび(iv)低増感左側:627(SD 262)。 両群の両方について膝関節における平均のPPTは、で示される図1の間B.有意な相互作用サイト  ×  基は全て4つの部位でのPPTは、低感作群(と比較して高感作群では低かったことが示された図1 B 、ANOVA F(3、156)= 5.6、P  = 0.002、NK:P  <0.0001)。 3.4 。圧力の中心 4つすべての感覚条件の間の両方の群についての両方向のCoP標準偏差、範囲および速度を図2に示す。前後方向のCoP範囲は、目が閉じていて柔らかい表面状態では、低感作群の方が高感作群よりも大きかった(図2 D.群*表面*視覚相互作用のANOVA:F(1、 53)= 8.1、P  = 0.04、NK:P  = 0.03)。 図2 高解像度画像をダウンロード(398KB)フルサイズの画像をダウンロード 図2。4つの感覚条件の間の前後方向と内側 – 外側方向の両方についての平均±SD(n = 56)圧力中心標準偏差(AおよびB)、範囲(CおよびD)および速度(EおよびF):(i)開眼(OE)と「硬い」表面、(ii)閉眼(CE)と「硬い」表面、(iii)OEと「柔らかい」表面、および(iv)「柔らかい」表面のCEは両方とも低い – と高感度グループ。前後方向のCoP範囲は、目を閉じて柔らかい表面状態の間、高感作群と比較して低感作群でより増加した(D、“ *” NK:P  <0.05)。 4 。討論 これは、異なる程度の広範囲の感作を有するが類似の疼痛強度および構造的損傷を有するKOAを有する患者が異なる感覚条件においてどのように体位の揺れを適応させたかを調べる最初の研究である。最も敏感な感覚状態(不安定な表面で目を閉じている)の間、高感作群は低感作群よりも小さいCoP範囲(CopSD)を示した。 4.1 。KOA患者における体位変動と疼痛感受性 重度のKOA患者は、不安定な表面で目を閉じて状態の間、それほど重度ではないグループを超えて揺れました(Hirata et al。、2013 )。病気の重症度(高疼痛強度および膝関節における大きな軟骨変性)は、罹患膝からの知覚情報の質および量を制限することにより体位の安定性を損なう可能性がある(Hurley et al。、1997)。体位空間と体位の揺れが大きくなります。重度の患者は、感覚情報を再編成すること、すなわち患部(膝)から来る潜在的に不正確な情報の重要性を減らし、患部以外の領域の重要性を増すことができない可能性がある(Hirata et al。、2013)。)我々はこれらのメカニズムが慢性膝痛患者の体位安定性に重要な役割を果たすことを認めているが、実験中に両グループ(低感作および高感作)は同様の疼痛強度および構造損傷を示したため、我々の結果の説明には使用できない。 4.2 。KOA患者における体位変動に対する広範囲の感作の影響 低感作群と比較して高感作群では両側性KOAを患っている患者数が多かったにもかかわらず、分析されたすべての部位のPPT値に有意差はありませんでした。それは、高感作群におけるより広範囲の感作が、その群におけるより多くの二国間KOA患者と関係がないかもしれないことを示すように思われる。膝領域のPPTを分析した以前の研究と同様に、低感作群と比較して高感作群では有意に低い圧痛閾値が示された(Arendt-Nielsen et al。、2010)。)適用されたグループ化技術は、同様の疼痛強度およびKLスコアを有する2つの異なるグループをもたらし、それ故、KOA患者における姿勢制御に対する広範囲の感作の影響に関する独自の解釈を可能にする。この結果は、疼痛強度とKLスコアが異なるKOA患者グループの体位変動を評価した以前の研究を補完するものです(Hirata et al。、2013)。さらに、我々の以前の研究と同様に(平田ら、20132つの異なるグループは、環境が感覚的な問題(目を閉じて柔らかい表面)を引き起こしている状況でのみ区別することができます。しかしながら、我々の仮説とは反対に、その条件では、高感作群は低感作群と比較して姿勢の揺れが小さかった。以前の研究では、疲労および困難な環境条件下で、CoP振幅と速度が小さいほどバランスが崩れる可能性が高まっています(Ritzmann et al。、2016)。バランスを維持する際には、高齢者は転倒による怪我を避けるために姿勢制御を優先することが知られており、また環境に感覚的な問題がある場合は姿勢制御が強化されることに注意することが重要です(Liston et al。、2014)。 環境からの感覚情報の収集に対する広範囲の感作の影響は、報告された結果において重要な役割を果たしたかもしれない。KOA疼痛のラットモデルにおいて、高感作ラットは、正常対照ラットと比較して、Aβ線維由来の活動電位特性に有意な電気生理学的変化を示した(Wu and Henry、2010 )。興味深いことに、感作OAラットにおけるAβ線維の静止膜電位は、対照ラットと比較して脱分極が有意に少なく、これはこれらのラットにおいて活動電位を誘発するのに必要なニューロンの駆動が少ないことを示している(Wu and Henry、2010)。)実際、対照ラットと比較して、OAを患っているラットにおいてより多くの活動電位が誘発され、OAの存在下でのAβ線維のより大きな興奮性(WuおよびHenry、2012)および減少した機械的閾値(Kellyら、2012)を示す。さらに、そのような変化は、罹患膝および隣接領域に関連するAβ、CおよびAδ線維の神経枝に見られた(Wu and Henry、2010 )。そのような知見のヒト実験への翻訳は慎重に行われるべきであるが、本研究で見いだされた患者における感作された中心的なメカニズムの存在は筋肉長の小さな変化を迅速に同定することに潜在的に役立ち得ると主張するかもしれない。そして時間とともに体の位置が変わり、姿勢をより厳密に制御できるようになります。KOA患者は、最も罹患していない側と比較して、最も罹患している側の方が膝の動きに対する知覚閾値が低いことが報告されている( Weiler et al。、2000 )。そのようなこわばりはまた、痛みを伴う領域内の動きおよび負荷を減少させること、したがって痛みの感覚を最小限にすることにおいて有益であり得る(Hirataら、2010)。身体動揺と身体機能の間には明確な因果関係はありませんが、以前の研究では、小さくてゆっくりした身体動揺がKOA患者の悪い身体機能と硬直と相関することが示されました(Petrella et al。、2017)。 足首関節は、静かに立っている間に前後方向の身体の揺れを制御することが実証されている(Winter et al。、1996)。高感作群は前後方向の体の揺れを有意に減少させ、低感作群と比較して足首関節の剛性が高いことが示唆された。 この研究の限界は、姿勢制御試験についての、破損した/不完全なデータ(17%)またはノーショー(20%)のために含まれない被験者の数である。そのようなシナリオが我々の結果を偏らせた可能性があるかどうかを理解するために、含まれる対象と含まれない対象との間に有意差が見つかったかどうかをさらに調査した。年齢、KLスコア、KOOSスコア、およびBMIは2つのグループ間で差がなかったため、除外された患者が提示された結果に偏りがあるという明確な示唆はありませんが、分析の力は低下しています。この研究では、身体重心位置は測定されていないため、空間内の身体位置をより正確に推定できます。それ故、我々の研究は、CoP変位を静かな立位の間の体の揺れの大きさと関連付けることに限定した。この研究では転倒の恐れは評価されておらず、それは環境によってもたらされる次善の感覚情報への反応として姿勢の硬直性を高める可能性がある。最後に、この研究で使用されている50 Hzのサンプリングレートは、信頼性の高いCoPデータ取得に推奨される最小値です。より高いレートでのサンプリングはCoPデータの時間的定義を強化したであろう、そしてそれはこの研究におけるCoP速度の値に影響するかもしれない。 5 。結論 疼痛強度および疾患進行が類似しているKOA患者は、拡大感作の程度に応じて、姿勢の揺れを異なって適応させます。より広範囲の疼痛感作を有する患者は、より低いレベルの疼痛感作を有する患者と比較して体位のこわばりを増加させた。感作性の高い患者に見られる姿勢のこわばりの増加は、矢状面内および感覚情報が最適以下である状態の間にのみ発生した。 。 謝辞 作者は感謝したいと思い整形外科医 2件のRCTや部門のための患者の動員に関与整形外科、オールボー大学病院から、その他の医療関係者作業療法や理学療法せるため、オールボー大学病院、デンマーク結果の評価に彼らの施設を使用するために私たちは。この研究からのデータが集められたRCTは、デンマークリウマチ協会とデンマーク理学療法士協会によって部分的に資金提供されていました研究基金 TGNはデンマーク国立研究財団(DNRF 121)によってサポートされているCNAPの一部です。資金提供者は、資金を提供すること以外には、この研究においていかなる役割も持っていません。 参考文献 Arendt-Nielsen et al。、2010 痛みを伴う膝関節症の患者における L. アーレント – ニールセン、H. ニー、MB ローレンス、BS ローレンス、P。 マドレーヌ、オハイオ州 シモンセン、T. グレイブン – ニールセン 感作 Pain 、149 (2010 )、pp。573 – 581 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Berger et al。、1992 W. ベルガー、M. Trippel 、M. Discher 、V. ディーツ 姿勢の安定化に被験者の高さの影響 Acta Otolaryngol。、112 (1992 )、頁22 – 30 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Chesterton et al。、2007 LS チェスタートン、J. シム、CC ライト、NE フォスター 複数の評価者を使用して健康なヒトの圧力疼痛閾値を測定する際のalgometryのInterrater信頼性、 クリン J.痛み、23 (2007 )、PP。760 – 766 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード デイビス、1988 変形性関節症の MA デイビス 疫学 クリン 老人 メド。、4 (1988 )、頁241 – 255 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Era et al。、2006 P. 時代、P. Sainio 、S. コスキネン、P. Haavisto 、M. Vaara 、A. Aromaa 超える30歳7979人の被験者のランダムサンプルにおける姿勢バランスと 老年学、52 (2006 )、頁204 – 213 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Felson et al。、1987 DT Felson 、A. Naimark 、J. アンダーソン、L. Kazis 、W. カステリ、RF Meenan 高齢者の膝の変形性関節症の有病率。フレーミングハム変形性関節症研究 関節炎Rheum。、30 (1987 )、PP。914 – 918 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Felson et al。、2009 DT Felson 、KD Gross 、MC Nevitt 、M. Yang 、NE Lane 、JC Torner 、CE Lewis 、MV Hurley 変形性膝関節症における疼痛および構造的損傷の発症および進行に対する関節位置感覚障害の影響 関節炎Rheum。、61 (2009 )、頁1070 – 1076 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 1998年、Fraley C. Fraley モデルベースのガウス階層的クラスタリングのためのアルゴリズム SIAM J.Sci。計算します。、20 (1998 )、PP。270 – 281 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Fraley and Raftery、1998 C. Fraley 、AE Raftery クラスタはいくつありますか。どのクラスタリング方法?モデルベースのクラスター分析による回答 計算します。J. 、41 (1998 )、PP。578 – 588 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Graven-NielsenとArendt-Nielsen、2002年 T. 刻ん・ニールセン、L. アレント・ニールセン ペリフェラルおよび筋骨格系疼痛障害における中枢感作:実験的アプローチ Curr。リウマトール。。議員、4 (2002 )、PP。313 – 321 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Ha et al。、2014 H. ハ、K. チョ、W. リー 脳卒中後患者における体位動揺測定のためのグッドバランスシステム((R))の信頼性 J.Phys。その サイ。、26 (2014 )、PP。121 – 124 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 平田ほか、2010 RP 平田、L。 アーレント – ニールセン、T。 グレイブン – ニールセン 実験的なふくらはぎの筋肉痛は静かな姿勢と摂動の間の姿勢安定性を減弱させる クリン バイオメック (ブリストル、エイボン)、25 (2010 )、PP。931 – 937 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 平田ほか、2013 RP 平田、TS ヨルゲンセン、S. Rosager 、L. アーレント・ニールセン、H. Bliddal 、M. ヘンリクセン、T. 刻ん・ニールセン 、重度の変形性膝関節症の患者の静かなスタンディング増加重心動揺中に変更され、視覚と足固有受容フィードバック PLoS One 、8 (2013 ) Google Scholar Hooten et al。、2013 MW Hooten 、CJ ローゼンバーグ、JS エルドリッジは、Q. Wenchun 膝伸展力は、線維筋痛症の成人における圧力疼痛閾値に関連付けられています PLoS One 、8 (2013 ) Google Scholar Hurley et al。、1997 MV ハーレー、DL スコット、J. リース、DJ ニューハム 感覚の変更及び変形性膝関節症患者における機能的性能 アン。Rheum Dis。、56 (1997 )、PP。641 – 648 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 今村ほか、2008 M. 今村、ST 今村、HH Kaziyama 、RA Targino 、WT 興、LP ・デ・ソウザ、MM Cutait 、F. Fregni 、GL Camanho 痛み、身体障害、および変形性膝関節症の患者の生活の質の神経系の痛覚過敏の影響:制御分析 関節炎Rheum。、59 (2008 )、頁。1424 – 1431 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Kelly et al。、2012 S. ケリー、JP ダナム、F. マレー、S. 読み取り、LF ドナルドソン、SN ローソン におけるMIA誘発性変形性関節症の間の膝関節に関連する機械受容一次求心性ニューロンのファイバーでC線維の自発発火および増加機械的感受性ネズミ オステオアーサー カルティル。、20 (2012 )、PP。305 – 313 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Kosekら、1993 E. Kosek 、J. Ekholm 、R. Nordemar 異なる組織および体内領域における圧力の疼痛閾値の比較。健康な志願者における圧力アルゴリズムの長期信頼性 スキャンします。J.メド。、25 (1993 )、PP。117 – 124 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Liston et al。、2014 MB リストン、JH バーグマン、N. キーティング、DA グリーン、M. Pavlou 姿勢優先順位を差動に変更され、健康な視聴覚符号化空間マルチタスク時の若年成人と比較して古いです 歩行姿勢、39 (2014 )、198 – 204 頁 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Masui et al。、2006 T. 増井、Y. 長谷川、J. 山口、T. 加納、N. 石黒、S. 鈴木 変形性膝関節症と農村地域在住高齢者における増加姿勢動揺 J.オルソップ。サイ。、11 (2006 )、頁353 – 358 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Messier et al。、2002 SP Messier 、JL Glasser 、WH Ettinger Jr. 、TE Craven 、ME Miller 慢性膝痛を有する高齢者における強度およびバランスの低下:30ヵ月にわたる長期観察研究 関節炎Rheum。、47 (2002 )、PP。141 – 148 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Oie et al。、2002 KS 尾家、T. Kiemel 、JJ Jeka 多感覚融合:人間の姿勢を制御するためのビジョンとタッチの同時再重み付け 脳の解像度。コグ 脳の解像度。、14 (2002 )、頁164 – 176 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar O’Neill et al。、2014 S. オニール、C. Manniche 、T. 刻ん・ニールセン、L. アレント・ニールセン 腰痛における疼痛感受性の複合スコアと臨床パラメーターとの関連 クリン J.Pain 、30 (10 )(2014 )、pp。831 – 838 (10月) Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Petersen et al。、2016 KK ピーターセン、AS Siebuhr 、T. 刻ん・ニールセン、O. シモンセン、M. Boesen 、H. Gudbergsen 、M. Karsdal 、AC ベイ・ジェンセン、L. アレント・ニールセン 度の異なる変形性膝関節症患者の感作および血清学的バイオマーカー滑膜炎 クリン J.Pain 、32 (2016 )、pp。841 – 848 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Petrella et al。、2017 M. Petrella 、K. Gramani・セイ、PR Serrao 、GC Lessi 、JA Barela 、RP カルバリョ、SM Mattiello 初期の変形性膝関節症の男性にミニスクワット姿勢時の姿勢制御の測定 ハム。Mov。サイ。、52 (2017 )、PP。108 – 116 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Ritzmann et al。、2016 R. Ritzmann 、K. Freyler 、A. Werkhausen 、A. Gollhofer 疲れバランスタスク摂動一方的な立場での研究の間のバランス戦略と神経筋制御の変更 前面。ハム。神経症。、10 (2016 ) Google Scholar Roos et al。、1998 EM ルース、HP ルース、LS Lohmander 、C. Ekdahl 、BD Beynnon 膝の怪我や変形性関節症の転帰スコア(KOOS) -自己管理アウトカム指標の開発 J.オルソップ。スポーツフィジカル その 、28 (1998 )、頁。88 – 96 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Schabrun et al。、2016 SM Schabrun 、SW クリステンセン、N. Mrachacz-Kersting 、T. 刻ん・ニールセン 持続筋肉痛への移行の運動皮質の再編成および機能障害 セレブ 皮質、26 (2016 )、頁。1878年- 1890年 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Scoppa et al。、2013 F. Scoppa 、R. キャプラ、M. Gallamini 、R. Shiffer 臨床重心動揺の標準化:基本的な定義取得間隔、サンプリング周波数 歩行姿勢、37 (2013 )、pp。290 – 292 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Skou et al。、2012 ST Skou 、EM ルース、MB ラウルセン、MS Rathleff 、L. アレント・ニールセン、O. シモンセン、S. ラスムッセン 膝関節全置換の対象としない患者に対する変形性膝関節症のマルチモーダル、系統的非外科的治療の有効性:試験プロトコールランダム化比較試験の概要 BMJオープン、2 (2012 ) Google Scholar Skou et al。、2016 ST Skou 、S. ラスムッセン、MB ラウルセン、MS Rathleff 、L. アレント・ニールセン、O. シモンセン、EM ルース 膝関節全置換の対象ではない患者のための非外科的治療の12週間後の2年間の有効性-プレ無作為化対照試験からの定義済み分析 オステオアーサー カルティル。、24(2016)、p。S183 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Weiler et al。、2000 HT ワイラー、G. パップ、F. Awiszus 骨関節炎膝における感覚処理における関節求心性の役割 Rheumatology 、39 (2000 )、850 – 856 頁 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Winter et al。、1996 DA ウィンター、F。 プリンス、JS フランク、C。 パウエル、KF Zabjek A / PとM / Lのバランスに関する統一理論 J.Neurophysiol。、75 (1996 )、頁。2334 – 2343 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 呉とヘンリー、2010 Q. ウー、JL、 ヘンリー 、変形性関節症疼痛のラットモデルにおけるAβ非侵害受容性一次感覚ニューロンの変化 Mol。Pain、6(2010)、p。37 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 2012年Wu and Henry Q. Wu 、JL Henry 変形性関節症モデルにおける筋肉求心性ニューロンの機能的変化:固有受容能力障害に対する影響 PLoS One 、7 (2012 )、記事e36854 CrossRef Google Scholar ©2018 Elsevier Ltd..All rights reserved。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0268003318304297

関連記事はこちら