このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
目的
手の変形性関節症(OA)を有する患者における磁気共鳴(MR)イメージングで評価されるように、骨髄病変(BML)と(腱)滑膜炎との間の関連性を決定すること。
方法
リウマチ専門医によって診断され、HOSTAS(二次医療における手関節矯正術)コホートに含まれていた105人の連続した一次ハンドOA患者(83%女性、平均年齢59歳)において、右遠位および近位指節間関節の造影MR画像診断が得られた。92人の患者において、触診時の関節部位特異的疼痛が磁気共鳴画像法(MRI)検査の3週間以内に評価された。
MRの機能は、オスロの手のOAスコア以下の(0-3)に採点した:BMLs、滑膜炎、嚢胞、屈筋腱鞘炎(FTS)。さらに、伸筋腱炎(ETI)(0〜3)が記録されました。推定交絡因子について調整された、関節痛を伴うMR特徴についての一般化推定式を使用して、オッズ比(OR、95%信頼区間(CI))を計算した。相互作用を調査するために層別分析を行った。
結果
BML、滑膜炎、嚢胞、FTSおよびETIはそれぞれ、患者の56%、90%、22%、16%および30%で示された。BML(グレード2/3対0:3.5(1.6〜7.7))および滑膜炎(3対0:OR 3.6(95%CI 1.9〜6.6))は関節痛と関連していたが、FTSおよびETIはそうではなかった。層別解析は、滑膜炎がBMLの非存在下では疼痛と関連していたのに対し、BMLは滑膜炎の非存在下では疼痛と関連していないことを示した。BMLと滑膜炎グレード2または3との間に相互作用が見られた。
結論
一方、OA患者では重度の滑膜炎が関節痛と関連しており、BMLが併発すると悪化し、滑膜炎が治療の主な標的として示唆されている。
前の記事次の記事
キーワード
変形性関節症MRイメージング疼痛ハンド滑膜炎骨髄病変
前書き
手の変形性関節症(OA)は高い臨床的負担をもたらす可能性があります。特に手の痛みは生活の質の低下につながる可能性があります1 。手のOAにおける根本的な痛みのメカニズムの知識は手の痛みの最適な治療を可能にします。手のOA患者における多くの超音波検査研究は、滑膜の炎症が手のOAに存在し、手の痛みの存在において役割を果たすことを証明した。腱鞘炎の屈筋腱はまた、手のOA中に存在し、手の痛みに関連付けられている2、 3 、しかし、伸筋の関与腱は不明です。
磁気共鳴(MR)研究は、変形性関節症関節の軟骨下骨において、高信号強度の不明確な領域が脂肪抑制T2加重または短タウ反転回復(STIR)シーケンス、いわゆる骨髄病変(stray maulom resision)において可視化され得ることを示した。 BML) 4。組織学的にBMLは、主に線維症、壊死および骨梁骨異常の領域を表します 5。膝のOAでは、これらのBMLは広く研究されており、膝の痛みに関与しています 6。手持ちOAのBMLはめったに研究されていません。後期手のOA患者の二つの研究でBMLsの存在が実証されている2、3。Haugenet al。両方の断面および長手方向、BMLs及び手の痛みとの間の関連を示した2、3、7。
手のOAの初期段階にある患者のBMLのデータは入手できないので、リウマチ外来診療所に現れている患者におけるそれらの有病率を決定するための研究を設定しました。BMLが変形性関節症性手関節の滑膜炎とどのように関連しているのかは不明であり、したがって滑膜炎またはBMLが手の痛みに重要であるかどうかはわからない。それ故、我々は、どの標的が疼痛を軽減するために最も有望であるかを決定することができるように、疼痛に関してそれらの共発生及び相互作用を調査した。造影滑膜炎は造影MRイメージングの必要性のために困難であり、これはMRイメージングプロトコルにコスト、複雑さおよび危険性を追加するので、これもまた重要である。また、伸筋腱の炎症が手のOAに関与しているかどうかを調べました。
方法
研究デザイン
横断的データは、継続的なコホートであるHOSTAS(二次医療における手OSTeoArthritis)研究の使用された。このコホートは、ハンドOAの転帰の決定要因を調査するために、2009年からハンドOAの連続的に診断された患者を登録した。手の不満についてライデン大学メディカルセンター(LUMC)の外来診療所でリウマチ専門医に相談したところ、患者が含まれ、これらの手の不満はプライマリーハンドOAと診断されました。
除外基準には、既存の症状、続発性OA、および日常的な磁気共鳴画像法(MRI)禁忌を説明する可能性のあるその他の病的状態が含まれます。
本分析のために、造影MRI(CE-MRI)を受けた患者のみを含めた。
書面によるインフォームドコンセントが全参加者から得られた。この研究はLUMCの医療倫理委員会によって承認された。
人口統計および臨床的特徴
標準化された質問表を用いて人口統計および臨床的特徴を収集した。参加者は訓練を受けた研究看護師による標準化された手の身体検査を受けた。すべての遠位指節間(DIP)、近位指節間(PIP)関節、中手骨指節骨(MCP)関節、最初の指節間(IP)関節および最初の手根指骨間(CMC)関節を触診時の部位特異的疼痛について評価した(0〜30、加法スケール)8。
自己申告による痛み
右側の疼痛強度は、疼痛視覚的アナログ尺度(VAS)によって測定した。さらに、ミシガン州ハンドアウトカムアンケート(MHQ)疼痛サブスケールに記入した(5点リッカート尺度および0〜100への正規化、より高いスコア=より大きな疼痛)9。また、そのリッカート形式のオーストラリアのカナダハンドOAインデックス(AUSCAN)の痛みのサブスケールを取得した10。MHQとAUSCANの両方が同時に両手の手の痛みを評価します。
メンタルヘルス
36項目の短形式健康調査(SF-36)の下位尺度を測定して、精神的健康要素のスコアを計算した。このコンポーネントスコアはオランダの人口からの規範に基づいてデータを用いて標準化した11、12。
MRイメージング
2011年3月から2012年10月まで、ONI-MSK-Extreme 1.5 Tesla(T)四肢MRイメージングスキャナー(GE、Wisconsin、USA)を用いて、HOSTASに含まれる患者のベースライン検査の一部としてMRイメージングを実施した。専用の100 mmコイル 臨床的特徴または優位性に かかわらず、各患者の右側のPIPおよびDIP関節(n= 8)を調べた。
以下のシーケンスを使用した:冠状T1強調(T1 − w)高速スピンエコー(FSE)画像(反復時間(TR)/エコー時間(TE)575 / 11ミリ秒(ms)、獲得マトリックス(AM)388×288) 、エコートレイン長(ETL)2、最小TE)、軸方向T1-w FSE画像(TR / TE 500 / 10.2 ms、AM 340×288、ETL 2、最小TE)、周波数選択性脂肪を伴う冠状T2-w FSE画像造影剤注入前の彩度(FSFS)(TR / TE 3000 / 61.8ミリ秒、AM 300×224、ETL 7)およびFSFSによる軸方向T2-w FSE画像(TR / TE 3000/57ミリ秒、AM 336×192、ETL 7) 、FSFS(TR / TE 600 / 10.4 ms、AM 364×224、ETL 2、最小TE)のコロナT1-w FSE画像およびFSFS(TR / TE 650 / 7.7 ms、AM 320)のアキシャルT1-w FSE画像ガドリニウムキレート(Gd)(ガドテリン酸、Guerbet、標準用量0.1mmol / kg)の静脈内注射後の×192、ETL 2、最小TE)。
コロナル画像は、2mmのスライス厚さおよび0.2mmのスライスギャップを有する120mmおよび18スライスの視野を有した。アキシャル画像は、100mmの視野と3mmのスライス厚および0.3mmのスライスギャップを有する24スライスを有していた。総取得時間は30分であった。
MRイメージングスコアリングは、オスロハンドOA MRイメージングスコアリングシステム13の修正版を使用して、1人の専用のよく訓練されたリーダー(RL)(20年以上の経験を有する放射線科医MRによって監督された)によって行われた(図1)。人口統計学的データおよび臨床データについては盲検的に採点した。
図1
高解像度画像をダウンロード(670KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。同じ患者のFSFSポストガドリニウム増強による軸方向(A)T1強調FSE画像、FSFS MR画像化による軸方向(C)および冠状(B)T2強調FSE画像:滑膜炎(A1)およびBML(B1、C1)痛みを伴う第二DIP関節に存在していた。BML(B2、C2)および滑膜炎なし(A2)の非疼痛性第三PIP関節。痛みを伴う第4 DIP関節にBML(B3、C3)が存在しない滑膜炎(A3)。
滑膜炎は、T1 − w画像上で正常な滑膜の幅(> 1mm)13よりも大きい厚さのGd後増強を示し、少なくとも2つの連続したスライス上で見られる滑膜内の領域として定義された。スコア付けは、増強された滑膜組織の最大潜在容量の3分の1を使用して行った(0 =正常、1 =軽度、2 =中程度、および3 =重度)。
屈筋腱鞘炎(FTS)の領域として定義された屈筋腱の正常な幅より大きい厚さの後のGd増強を示したシース腱鞘で上で可視T1-W画像上(オスロアトラスに示されるように)、少なくとも2つの連続したスライスと円周であることによって全体の腱鞘を含む。採点は以下のようにして行った:0 =正常、1 = <0.5腱の厚さ、2 =≧0.5および<1腱の厚さ、3 =≧1腱の厚さ。
伸筋腱炎(ETI)は、腱の通常の幅よりも大きい厚さの増大を示し、少なくとも2つの連続したスライス上で、そして伸筋の反対側が増強されたときに見える、伸筋腱の領域として定義された。屈筋腱と同じ採点法に従って採点を行った:0 =正常、1 = <0.5腱の厚さ、2 =≧0.5および<1腱の厚さ、3 =≧1腱の厚さ。
遠位端と近位関節部位におけるBMLsは内病変として定義された骨梁 T2に増加した水分含量と不明確マージンと一致する信号特性を有します。BMLを有する骨の割合について、関節の遠位部と近位部を別々に採点した:0 = BMLなし、1 = 1〜33%のBMLを有する骨、2 = 34〜66%のBMLを有する骨、3 = 67〜骨の100%がBMLです。最高のスコアは、関節全体のBMLスコアとしました。
遠位および近位関節部位の嚢胞(0〜1;存在しないまたは存在する)は、2つの平面で見える、典型的な信号特性(T1プレガドリニウムでの低信号強度およびT2での高信号強度)を有する鋭く境界のある骨病変として定義された皮質休憩なしで。
1人の著者(RL)は少なくとも3週間後に無作為に選択された11のMRスキャンをスコア付けし、そして滑膜炎、FTS、BMLおよび嚢胞に対する読者内信頼性は高かった(クラス内相関係数(ICC)≧0.97)。 ETIのICCは中程度であった(ICC 0.76)。
レントゲン写真
手の従来の放射線写真(背側 – 掌側)を得た。DIPジョイント、PIPジョイント、最初のIPジョイント、MCPジョイント、最初のCMCジョイントは、いずれかの著者によって採点されました(WD)。構造的変形性関節症の損傷のスコアリングにはKellgren-Lawrence(KL)の評価尺度(0〜4、最大スコア120)を使用し、侵食にはVerbruggen-Veysの解剖学的位相スコアリングを使用した(NSJERは0-1-2-3と表示) -4、最大スコア120)。関節がフェーズE(侵食性)またはR(改造済み)になったとき、関節は侵食性と見なされました。ハンドレントゲン写真のスコアリングにおいて10年以上の経験を有するMKにより監督された専用のよく訓練されたスコアラー(WD)は、臨床データおよび人口統計データについては盲検化されていた。リーダー内再現性ICCによって示されるスコアの重症度を考慮して、ランダムに選択された X線写真のサンプル(n = 31)で評価され、高かった(KL 0.91およびVerbruggen – Veys 0.86のICC)。
統計
95%信頼区間(CI)のオッズ比(OR)を一般化推定方程式(GEE)を用いて計算し、年齢、性別、身体を調整しながら、DIPおよびPIP関節における触診時の部位特異的疼痛とMR画像特徴との関連性を調べた。マスインデックス(BMI)と患者への影響。さらに、年齢、性別、BMI、メンタルヘルス、およびKLスコアを調整して、合計MRイメージングスコアと自己申告による疼痛の間の関連についてロジスティック回帰を用いて95%CIのORを計算した。VAS疼痛、MHQ疼痛およびAUSCAN疼痛のカットオフは中央値であった。さらに、触診時の部位特異的疼痛におけるBMLおよび滑膜炎の影響を調べるために、層別解析を行った。
MR画像診断と身体検査の間に3週間以上経過した場合、データはこの分析から除外された。
結果
調査対象母集団
105人の患者(女性83%、平均年齢59.4歳、91%がハンドOAに関するアメリカリウマチ学会(ACR)の基準を満たしています)14。
MRイメージングは​​右手の840個の関節から得られた(表I)。右手の8個のDIPおよびPIP関節では、KLグレードが2以上の手関節の中央値は2(0–8)であり、びらん性OAの割合は23%でした。技術的な問題のために、3つの関節および4つの関節において、それぞれBMLまたは滑膜炎を記録することはできなかった。嚢胞のような他の特徴はすべての関節で評価することができます。
表I。リウマチの外来診療所で診断された105人の連続ハンドOA患者のベースライン特性
変数※ ハンドOA患者(n = 105)
年齢、年 59.4(40.4〜79.9)
女性の性別、n(%) 87(83)
BMI 26.9(17.6 – 40.7)
症状の期間、年 5.3(0.33-36.8)
ACR基準ハンドOA、n(%) 95(91)

放射線手OA †、Nの患者(%)
92(88)
8スキャン関節の評価

侵食手OA、N人の患者(%)の‡
24(23)

KL≥2のジョイント数
2(0〜8)

触診時の部位特異的な痛みを伴う関節の数
1(0〜8)
自己申告の症状
VASの痛み、右手、mm 36(0〜83)
VASの痛み、左手、mm 34(0〜83)
オーストラリアの痛み(0〜20) 10(0〜20)
MHQの痛み(0〜100) 45(0〜95)
8つのジョイント:PIP、DIPが右手にあります。

特に明記しない限り、中央値(範囲)。

KLスコアが2以上の関節が少なくとも1つ。

右側に少なくとも1つの侵食性IPジョイント。
92人の患者において、MR画像診断の3週間以内に身体検査を行い、MR画像診断機能と手の痛みとの関連を分析した。これら92人の患者からの患者および臨床的特徴は、105人の患者の全母集団と異ならなかった(データ示さず)。
BML、滑膜炎、腱炎および嚢胞の有病率
BMLは105人の患者の56%に、滑膜炎は90%に見られた。腱の異常はそれほど頻繁には見つかりませんでした:FTSは16%で、ETIは30%で見られました。嚢胞が患者の22%に見られた(表II)。BMLは、DIP 2、3およびPIP 2、DIP 2、3およびPIP 2〜5における滑膜炎、PIP 3におけるFTSおよびPIP 5におけるETIにおいて優先的に見られた(図2)。
表II。手のOAを有する105人の患者における右手のDIPおよびPIP関節におけるMR画像特徴の有病率
MRイメージング機能 ハンドOA患者(n = 105)
ジョイント
BML
患者、n(%) 59(56)
関節、中央値(範囲) 1(0〜6)
滑膜炎
患者、n(%) 94(90)
関節、中央値(範囲) 3(0〜8)
屈筋腱
腱鞘炎
患者、n(%) 17(16)
関節(範囲) 0(0〜4)
伸筋腱
腱炎
患者、n(%) 31(30)
関節、中央値(範囲) 0(0〜8)
シスト
患者、n(%) 23(22)
関節、中央値(範囲) 0(0〜3)
図2
高解像度画像をダウンロードする(255KB)フルサイズの画像をダウンロード
図2。リウマチ外来診療所で診断された手OAを有する105人の連続した患者における右手のすべてのPIPおよびDIP関節におけるMR画像診断の特徴の罹患率(患者の割合)。
右DIPおよびPIP関節における触診時のMR画像特徴と部位特異的疼痛との関連
92人の患者のうちの736個の関節が、MR画像特徴と疼痛との間の関連の調査に利用可能であった。年齢、性別、BMIおよび患者への影響を調整した後、BMLおよび滑膜炎は触診時の部位特異的関節の痛みと関連していた(表III)。
表III。手のOAを有する92人の患者における触診時の部位特異的疼痛について評価されたMR画像特徴と736個のDIPおよびPIP関節との関連
関節痛+/− 調整済みOR(95%CI)* 調整済みOR(95%CI)† 調整済みOR(95%CI)‡
ジョイント
BML
グレード0 96/518 1.0 1.0 1.0
グレード1 20/67 1.5(0.9〜2.5) 1.2(0.7〜2.2) 1.1(0.6〜2.0)
2年生から3年生 18/14 6.3(2.9 – 13.8) 3.5(1.6〜7.7) 3.1(1.4〜7.1)
滑膜炎
グレード0 59/357 1.0 1.0 1.0
グレード1 36/178 1.2(0.8〜1.8) 1.1(0.8〜1.7) 1.1(0.7〜1.6)
2級 18/40 2.6(1.4〜4.6) 1.9(1.01〜3.6) 1.8(0.96〜3.6)
グレード3 20/24 5.4(2.8〜10.4) 3.6(1.9〜6.6) 3.2(1.7〜6.3)
屈筋腱
腱鞘炎
グレード0 130/585 1.0
グレード1 3/14 0.7(0.2〜2.4)
伸筋腱
炎症
グレード0 121/568 1.0
グレード1 12/31 1.3(0.6〜3.0)
シスト
グレード0 130/584 1.0
グレード1 4/18 1.0(0.4〜2.6)
構造損傷
KL
<2 76/447 1.0 1.0 2以上 55/150 2.1(1.4〜3.0) 1.3(0.9〜2.0) NA =該当なし ∗ 年齢、性別、BMIおよび患者への影響について調整しました。 † 年齢、性別、BMI、患者への影響、滑膜炎、およびBMLを含む多変量モデル。 ‡ 年齢、性別、BMI、患者への影響、滑膜炎、BMLおよびKLスコアを伴う多変量モデル(<2 vs≥2)。 腱のFTS、ETIおよび嚢胞は関節の触診時の痛みと関連していなかった。 従来のX線写真では、KLグレードが2以上であることを特徴とする構造性変形性関節症の損傷も疼痛と関連していた(表III)。 多変量解析におけるBMLと滑膜炎を合わせた追加の解析では、BML(グレード2 + 3対0:OR 3.5(1.6〜7.7))と滑膜炎(グレード3対0:OR 3.6(95%CI 1.9〜6.6))の関連が示された。 。BMLまたは滑膜炎と疼痛との関連は、関節の構造的損傷を調整した後も残った。構造的損傷は、少なくとも2のKLスコアによって特徴付けられた。KLスコアが分析に追加されたとき、KLスコアは、BMLおよび滑膜炎についての調整後にもはや統計的に有意に関連していなかった(表III)。 触診時の部位特異的疼痛との関連におけるBMLと滑膜炎の間の相互作用 BMLと滑膜炎がしばしば併発した。この共起は触診時の部位特異的疼痛との関連におけるそれらの相対的な寄与を隠し得る。したがって、触診時の部位特異的疼痛におけるBMLおよび滑膜炎の単独の影響を調査し、BMLと滑膜炎との間の潜在的な相互作用を明らかにするために、層別分析を行った。7%(nは 手関節のは= 54)BMLs及び滑膜炎の両方の非存在下で触診時の痛みを伴うました。231の手関節では、滑膜炎が見られたがBMLは見られなかった。グレード3の滑膜炎がBMLなしで認められた場合(n = 20)、触診で7関節(35%)が痛みを伴う。滑膜炎が存在しない場合、BMLは小さくも中程度/重度の病変もほとんど存在しなかった(滑膜炎のない416関節のうち33関節にBMLグレード1があり、1関節のみにBMLグレード2/3があった)。滑膜炎がない場合、BMLは疼痛に影響を及ぼさなかった。BMLと中等度および重度の滑膜炎(グレード2または3)が併発する関節(n = 49)では、26人(53%)の関節が触診で痛みを感じました。MRイメージング特徴と異なる層における疼痛との間の関連性を表IVに示し、例を図1に示す。。中等度の滑膜炎を伴う関節(グレード2)では、BMLを伴わない関節と比較した場合、触診時に部位特異的疼痛のリスクが高まりました(1.2(0.4〜3.2)ではなく5.1(2.1〜12.2))。表IV)唯一のBMLまたは中等度の滑膜炎の触診時の部位特異的疼痛の基本リスクは1であるが(背景リスク= 1 + 0.2(滑膜炎リスク) – 0.2(BMLリスク))、滑膜炎グレード2とBMLの同時発生のリスクは5.1です。それゆえ、明確な相互作用を示すことができます。重度の滑膜炎を伴う関節(グレード3)では同等の相互作用が見られます:唯一のBMLまたは重度の滑膜炎の触診時の部位特異的疼痛の基本リスクは2.1です(バックグラウンドリスク= 1 + 1.3(滑膜炎リスク) – 0.2(BMLリスク))。 。一方、重度の滑膜炎とBMLの同時発生に対する触診時の部位特異的疼痛のリスクは6.9です。 表IV。手のOA患者92人の732関節における滑膜炎の状態およびBMLの有無による触診時の部位特異的疼痛のOR(95%CI)* 滑膜炎なし N = 416 滑膜炎 グレード1 N = 214 グレード2 N = 58 グレード3 N = 44 BMLがない 1(背景) N = 382 1.2(0.8 – 1.8) N = 178 1.2(0.4〜3.2) N = 33 2.3(0.96〜5.7) N = 20 存在するBML 0.8(0.2〜2.8) N = 34 1.3(0.6〜3.2) N = 36 5.1(2.1〜12.2) N = 25 6.9(2.7 – 17.7) N = 24 *年齢、性別、BMIを調整しました。 KLグレードの調整はこれらの相互作用を変えなかった(データは示さず)。 MR画像特徴と自己申告疼痛との関連 MR画像化特徴の合計スコアと右手の自己申告によるVAS疼痛、AUSCAN疼痛およびMHQ疼痛との間に関連性は見られなかった(データは示さず)。 討論 105人の手のOA患者からの840のIP関節において、BML、(腱)滑膜炎、腱炎および嚢胞が頻繁に見られました。BMLと滑膜炎の両方が触診時の部位特異的疼痛と関連していた。本研究で新規なのは、BML単独では疼痛と関連していなかったのに対し、重度の滑膜炎単独では関連がなく、BMLと滑膜炎との間に明確な相互作用が見られたことである。BMLを伴う関節の53%および中等度から重度の滑膜炎において、触診時に部位特異的な痛みが観察され、BMLまたは滑膜炎を伴わないIP関節と比較した場合、痛みのリスクが約7倍増加した。これは重要な発見であり、滑膜炎を将来の治療選択肢における主な可能な標的として同定している。 手のOAでの以前のMR画像研究は乏しいが、膝のOAは広範囲な研究のトピックであった。例えばBMLs及び滑膜炎などの機能は、多くの場合、そのような研究の痛みに関連付けられている6、15、16、17。2つの特徴の間の同様の相互作用が膝OAにも存在し、そして結果の矛盾を説明することがあり得る。残念なことに、我々が我々の研究で行ったように、2つの特徴とその可能な相互作用との間のさらなる区別は調査されていない。 FTSもETIも嚢胞も疼痛と関連していなかった。FTSは以前に調査され、年齢と性別3のみで補正された場合、痛みと関連していました。これらの結果を再現することはできませんでした。考えられる説明は、研究母集団の違いと研究方法の違いにあります。他の研究では、FTSとの関節の有病率(中央値= 1)と痛みを伴う関節の数(中央値= 4)はより高かった(患者数は平均68.8)3 。私たちの知る限りでは、これは手のOAにおけるETIの存在について報告する最初の研究です。腱鞘の解剖学的欠如および関節との密接な関係により、ETIと関節痛との間の直接的な関係が疑問である存在するだろう。このMRの特徴は、患者の3分の1に見られました。ETIと疼痛との間に関連性は見られなかったが、この特徴が手の可動性などの他の臨床的性質と関連している可能性がある。この機能をさらに調査するには、さらに研究が必要です。 私たちの研究にも限界があります。我々は、近年開発されたシステムである、ハンドOA MRイメージングスコアリングシステムの修正版を採用した。しかしながら、我々は1.5TのMRシステムを使用し、それは初期スコアを作成するために使用された1.0Tのシステムとは異なる画像を生成するであろう。OAの以前の研究に基づいて、我々はさらにMRイメージング機能とOAの臨床徴候との関連についての我々自身の理解を調査するためにETIのような追加の機能を組み込んだ。 屈筋腱と伸筋腱の深部と表層部の挿入部位はDIPとPIP関節では異なるため、これらの関節群を別々に分析することは有用である可能性があります。数が少ないため、これは私たちの研究では不可能でした。 MRIスコアリングの信頼性は、我々の研究で調査された特徴に対してほとんど良い結果をもたらしました。ETIのためのICCは他の特徴より低かったが、それでも別のMRI研究13の FTSのICCと比較したときより良い成績を収めた。ETIがおそらく定義するのがより難しい特徴であるのか、あるいは定義がさらなる適応を必要とするのかを調査するために将来の研究が必要になるでしょう。 調査対象人口は、比較的多くの女性(83%)で構成されています。手のOAは、男性よりも女性でより頻繁に発生します18。これは、我々の研究グループと手持ちのOAに関する以前のMR画像研究の両方において、女性の参加率が高いことを説明する可能性があり、研究集団の91%は女性で構成されていました3。 我々の結果は、レントゲン写真と超音波検査を超えるMRイメージングの利点を示しています。BMLや滑膜炎などの特徴は臨床評価とのより良い一致を提供する患者さんの 我々は、年齢、性別、BMI、KLグレードおよび患者への影響を補正した場合、BMLの存在および関節レベルでの滑膜炎が触診時の部位特異的疼痛と独立して関連していることを見出した。BMLおよび滑膜炎は、患者レベルでの自己申告による疼痛とは関連していません。これは、個々の患者への影響を補正できないことによって説明できます。疼痛は主観的なものであり、既知の変数と未知の変数のどれがすべて患者の効果に寄与するのかを発見するのは困難です。我々は、精神的健康がこの患者への影響を説明するかもしれないと仮定したが、そうではなかった。以前の研究では、この関節がIP関節よりも疼痛に寄与していることが示されているので、CMC関節の関与は、そのような変数のもう1つの可能性がある。残念ながら、情報が不足しているため、理論をさらに検証することはできませんでした。19。 投稿者の投稿 (1)研究の構想と設計、またはデータの取得、あるいはデータの分析と解釈、(2)重要な知的内容のために論文を起草する、またはそれを批判的に改訂する、(3) )提出するバージョンの最終承認 RLとMKは、開始から完成品まで、作業全体の完全性について責任を負います。 利益相反 宣言するものはありません。 資金源の役割 対応する著者は、オランダ関節炎協会(NR10-1-405)によって資金提供されています。資金源は研究のデザイン、収集、分析およびデータの解釈には何の役割もありませんでした。原稿の執筆中。そして原稿を出版のために提出するという決定において。 参考文献 1 M・ クロッペンブルク、WY Kwok 手骨関節炎 – 不均一な疾患 NAT改訂Rheumatol 、8 (2012 )、頁。22 – 31 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 2 R. Wittoek 、L. ヤンス、V. ブレヒト、P. キャロン、K. Verstraete 、G. Verbruggen 信頼性と軟部組織とinterphalangeal指の関節のびらん性変形性関節症における破壊的な変化の超音波検査の有効性を構築する:MRIとの比較 Ann Rheum Dis 、70 (2011 )、pp。278 – 283 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 3 IK Haugenの、P. Boyesen 、B. Slatkowsky-クリステンセン、S. Sesseng 、D.の ファンデHeijde 、TK Kvien MRI定義滑膜炎、骨髄病変および構造的特徴および手の変形性関節症の痛みと身体機能の測定値との間の関連付け Ann Rheum Dis 、71 (2012 )、899 – 904 頁 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 4 IK Haugen 、HB Hammer 手の変形性関節症の研究および臨床診療における現代のイメージング技術の役割 Curr Rheumatol Rep、16(2014)、p。399 Google Scholar 5 GF デル、SJ ファラハニ、JA Carrino 、A. Chhabra 骨髄病変:体系的な診断的アプローチ Indian J Radiol Imaging 、24 (2014 )、pp。279 – 287 Google Scholar 6 E. ユスフ、MC Kortekaas 、I. ワット、TW Huizinga 、M. Kloppenburg 実行(Do)膝の異常は、変形性膝関節症で膝の痛みを説明MRI上で可視化?系統的レビュー アンダイオウディス、70 (2011 )、頁。60 – 67 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 7 IK Haugenの、CB Slatkowsky 、P. Boyesen 、S. Sesseng 、D.の ファンデHeijde 、TK Kvien 滑膜炎および骨髄病変の増加は、ハンド変形性関節症における入射関節圧痛関連付けられています Ann Rheum Dis 、75 (2016 )、pp。702 – 708 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 8 J. Bijsterbosch 、MJ ワッセナー、CS ル、PE Slagboom 、FR Rosendaal 、TW Huizinga 、ら。 ドイル指数は、変形性関節症における貴重な追加の疼痛対策です。 変形性関節症軟骨、18 (2010 )、pp。1046 – 1050 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 9 KC Chung 、MS ピルズベリー、MR Walters 、RA ヘイワード ミシガン州の信頼性と妥当性テスト J Hand Surg Am 、23 (1998 )、pp。575 – 587 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 10年 N. ベラミー、J. キャンベル、B. Haraoui 、E. Gereczシモン、R. Buchbinder 、K. 趣味、ら。 AUSCAN変形性関節症ハンドインデックスの臨床特性:信頼性、妥当性および反応性の評価 変形性関節症軟骨、10 (2002 )、頁863 – 869 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 11 JE Ware Jr. 、CD Sherbourne MOS 36項目の短形式健康調査(SF-36)。I.概念的枠組みとアイテムの選択 Med Care 、30 (1992 )、pp。473 – 483 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 12年 NK アーロンソン、M. ミュラー、PD コーエン、ML Essink-ボット、M. Fekkes 、R. Sanderman 、ら。 地域および慢性疾患集団におけるSF-36健康調査のオランダ語版の翻訳、検証、および標準化 J Clin Epidemiol 、51 (1998 )、pp。1055 – 1068 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 13年 IK Haugenの、S. Lillegraven 、B. Slatkowsky-クリステンセン、EA Haavardsholm 、S. Sesseng 、TK Kvien 、ら。 手の変形性関節症とMRI:提案されたOslo手の変形性関節症のMRIスコアの開発と最初の検証ステップ アンダイオウディス、70 (2011 )、頁。1033 – 1038 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 14年 R. アルトマン、G. アラルコン、D. Appelrouth 、D. ブロッホ、D. Borenstein 、K. ブラント、ら。 手の変形性関節症の分類と報告に関するアメリカリウマチ学会の基準 Arthritis Rheum 、33 (1990 )、pp。1601 – 1610 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 15年 L. トーレス、DD ダンロップ、C. Peterfy 、A. Guermazi 、P. プラサド、KW ヘイズ、ら。 変形性膝関節症患者における特定の組織病変と疼痛重症度との関係 変形性関節症軟骨、14 (2006 )、pp。1033 – 1040 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 16 PR Kornaat 、M. Kloppenburg 、R. シャルマ、SA ボータ-Scheepersの、MP ルGraverand 、LN Coene 、ら。 骨髄性浮腫様病変は変形性関節症患者の大多数で体積が変化する。臨床像との関連 Eur Ra​​diol 、17 (2007 )、pp。3073 – 3078 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 17年 CL ヒル、DJ ハンター、J. 丹生、M. クランシー、A. Guermazi 、H. Genant 、ら。 磁気共鳴映像法で検出された滑膜炎と変形性膝関節症における疼痛および軟骨喪失との関係 Ann Rheum Dis 、66 (2007 )、pp。1599 – 1603 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 18年 VK スリカンス、JL フライヤー、G. テキ、TM Winzenberg 、D. ホズマー、G. ジョーンズ 性差の有病率、発生率と変形性関節症の重症度のメタアナリシス 変形性関節症軟骨、13 (2005 )、pp。769 – 781 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 19年 J. Bijsterbosch 、W. Visserの、HM クルーン、T. Stammの、I. Meulenbelt 、TW Huizinga 、ら。 症候性手関節症における親指基部の関与はより多くの疼痛および機能障害と関連する Ann Rheum Dis 、69 (2010 )、pp。585 – 587 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2017変形性関節症研究協会インターナショナル。エルゼビア株式会社発行 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1063458417308531

関連記事はこちら