このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
顎関節症(TMD)患者と健常対照者における咀嚼筋の正規化筋電図特性を比較した。
長期持続性疼痛(6 ヶ月以上)を有する30人のTMD患者(男性15人、女性15人、平均年齢23 歳)、および性別および年齢が一致した20人の対照被験者を調べた。すべての患者は、TMDの研究診断基準(RDC / TMD)に従って関節原性TMDを有していた。咬筋および側頭筋の表面筋電図検査は、綿ロール上または咬頭間位置のいずれかで最大歯の噛み合わせ中に行われた。標準化されたEMG指数と中央値の頻度が得られ、ANOVAを用いて2つのグループと性別の間で比較された。
噛み合わせ中、TMD患者は、側頭筋におけるより大きな非対称性、咬筋に対してより大きな側頭筋活動、および対照対象よりも低い平均パワー頻度を有していた(p < 0.05、ANOVA)。両群において、側頭筋の平均度数は咬筋の平均度数よりも大きかった(p < 0.001)。性差はなく、性別 × グループ間の相互作用も見られませんでした。 結論として、長期持続性TMDを有する若年成人患者は、健康な対照と比較して、側頭筋前部筋の増加したより非対称の標準化された活動、および減少した平均パワー頻度を有する。 前の記事次の記事 キーワード 顎関節症筋電図非対称平均電力周波数 Gianluca Martino Tartagliaは、1991年にイタリアのミラノ大学歯学部でDDSの学位を取得し、博士号を取得しました。彼は現在、顎口腔装置の機能解剖学研究所の職員であり、ミラノで私立診療所で働いています。彼は、顎口腔系に関する50以上の国際研究論文の著者です。特に、彼は咀嚼筋と首の筋肉の表面筋電図の専門家です。 Gianluigi Lodettiはイタリアのブレシア大学の研究員です。彼は博士課程の2年目に出席しています。イタリアのミラノ大学で教授Chiarella Sforzaの監督の下で咀嚼系の人体解剖学のプログラム。彼はいくつかのイタリアおよび国際的な論文の著者です。 Guiovaldo Paivaは、1969年にブラジルのサンパウロ大学でDDSの学位を取得しました。彼は歯科補綴物およびTMJ無秩序および口腔顔面痛の専門家です。 CláudiaMaria deFelícioは、1983年にブラジルのCampinas Catholic Universityで言語および病理学と聴覚学の学士号を取得しました。サンパウロ大学で理学士号を取得。現在、彼女はブラジルのサンパウロ大学リベイランプレト医学部の教授であり、口腔顔面筋機能評価、顎関節症および口腔顔面筋機能療法に関する研究論文の著者でもあります。 Chiarella Sforzaは、ミラノ大学医学部および歯学部の人体解剖学の教授で、同大学の人間形態学および生物医学科学部長を務めています。彼女は顎口腔装置の機能的解剖学研究所を調整し、そして機能的解剖学のいくつかのトピックに関する200以上の国際的な研究論文の著者です。 1 これらの著者は、この調査に同様に貢献しました。 著作権©2011 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1050641111000344