このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
本研究の目的は、骨格クラスIII不正咬合患者における顎関節症(TMD)に対する顎矯正手術の効果を評価することでした。
研究デザイン
手術を受けた47人の患者は、研究診断基準/ TMDインデックスのAxis Iを用いて、手術の1週間前(T0)、手術の6ヶ月後(T1)、および1年後に連続して評価された。手術後(T2)。評価期間を比較するために二変量解析を行った(P  <0.05)。 結果 T0からT1までのサンプル採取患者におけるTMDの有病率は、30(63.8%)から22(46.8%)に減少した(P  = 0.021)。T2においてさえ、TMDの有病率は、診断された患者の21人(44.7%)において、T0におけるそれよりも低いままであった(P  = 0.049)。筋筋膜痛と頭痛の報告頻度はT0よりもT1とT2で低かった(P  <0.001)。関節痛と関節音の頻度の減少はT0からT1でのみ観察された(それぞれP  = 0.039とP  = 0.021)。最大開口数の平均値はT0からT1まで減少し(P  <0.001)、T2では再び増加した(P  <0.001)。 結論 顎矯正手術は、骨格クラスIII不正咬合患者によって報告された筋筋膜痛および頭痛の頻度の減少を促進した。 前の記事次の記事 関心のある宣言:なし。 ©2018 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2212440318308897