このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

オピオイド拮抗薬を使用して、疼痛および共感に対するプラセボ鎮痛作用を遮断した。

疼痛に対する行動および事象関連電位(P2 ERP)の影響ならびに疼痛に対する共感。

P2 ERPの調節は、疼痛に対する共感を支えるオピオイド作動性プロセスを示しています。

これは、痛みへの共感が部分的には自己の痛みに根ざしているという説明を裏付けるものです。
抽象
蓄積された証拠は、疼痛に対する共感が疼痛の直接の経験と同様の神経プロセスを募集することを示唆している。イベント関連の潜在的なコンポーネントである疼痛関連のP2は、直接の痛みに関連する神経プロセスの信頼できる指標として提案されています。最近の証拠は、プラセボ鎮痛剤が、直接疼痛および疼痛に対する共感の両方についてこの成分を調節することを示している。さらに、精神薬理学的研究は、オピオイド拮抗薬の投与が自己報告に対するプラセボ鎮痛の効果をブロックすることを示した直接の痛みと痛みへの共感 まとめると、これらの知見は、オピオイド系が直接疼痛および疼痛に対する共感の間に同様の役割を果たすことを示唆している。しかしながら、そのような結論は、両方の経験の間の神経活動がオピオイド受容体の精神薬理学的遮断によって同様に影響されることを示す証拠を必要とする。ここでは、我々は最初にプラセボ鎮痛誘導手順を受けた参加者のグループで痛み関連のP2振幅と自己申告を測定しました。その後、彼らは以前に誘発された鎮痛薬を遮断することが知られているオピオイド受容体拮抗薬を受けました効果 自己報告により、プラセボ鎮痛の誘発後にオピオイド受容体を遮断すると、直接疼痛と疼痛に対する共感性の両方が高まり、以前の知見が再現されることが示された。重要なことに、P2振幅もまた両方の経験の間に増加した。したがって、本知見は、これが根底にあるオピオイド性神経化学的過程にも当てはまることを示唆することによって、疼痛に対する共感が直接疼痛に部分的に根ざしていることを提案するモデルを拡張する。
前の記事次の記事
キーワード
疼痛共感プラセボ鎮痛ナルトレキソン共有表現ERP
1
2017年2月27日に死亡した。
©2017 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0028393217301525