このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

踵骨延長術後の中足根関節におけるX線写真上の変化を評価した。

足の約半分にX線撮影による変形性関節症の変化が見られました。

危険因子には、年齢の増加、奇形の重症度およびCC 亜脱臼が含まれた。
抽象
バックグラウンド
本研究では、小児の扁平骨外反変形のための踵骨延長術後の踵骨直方関節および距骨関節(TN)関節を含む中足底関節のX線写真上の変化を評価する。
方法
この試験には、プラノバルス変形のために踵骨延長術を受けた38人の患者(68フィート)が含まれた。CCまたはTN関節でのX線撮影による変形性関節症の変化は、1以上の修正Kellgren-Lawrenceグレードとして定義された。
結果
68フィートのうち、31フィート(45.6%)がCC関節でのX線撮影による変形性関節症の変化を示し、20フィート(29.4%)がTN関節での変化を示した。CC関節でのX線撮影による変形性関節症の変化のリスクは、手術時の年齢の増加と関連していた(OR = 1.2、p = 0.038)。TN関節でのX線撮影による変形性関節症の変化のリスクは、手術時の年齢の増加(OR = 2.2; p = 0.002)、術前AP距骨 – 1中足角(OR = 1.1; p = 0.044)、およびCC亜脱臼の程度(OR) = 2.1; p = 0.007)。
結論
外科医は、中足根関節炎を予防するために、外反静脈奇形の外科的矯正における危険因子を考慮する必要があります。
キーワード
踵骨延長外陰窩奇形中足根関節X線撮影による変形性関節症の変化
1
これらの作者はこの記事の執筆に等しく貢献しました。
全文を見る
©2018欧州足首協会。Elsevier Ltd.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1268773118304545

関連記事はこちら