このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
目的
股関節の疼痛またはレントゲン写真性変形性関節症(RHOA)の股関節間の非対称性が、疼痛および関節腔狭窄(JSN)の悪化と関連しているかどうかを判断する。
方法
我々は、変形性股関節症イニシアチブの参加者279人を疼痛股関節間のベースライン非対称性とRHOA内の非対称性483人で研究し、誰もベースライン後4年以上股関節置換術を受けなかった。骨盤X線写真から評価されたRHOA は、存在しない/存在しないとして、過去1年間のほとんどの月の日に、なし、可能性または明確および腰痛として分類された。膝痛(WOMAC尺度)およびJSN(固定屈曲X線写真)は、なし、軽度および中等度 – 重度に分類された。ベースライン膝痛と多項式回帰を使用したJSN、および一般化線形およびロジスティック推定式を使用した4〜5年にわたる膝痛とJSNの変化について、対側および同側の膝をより影響を受けた腰と比較した。
結果
痛みを伴う股関節と反対側の膝はベースライン時の痛みは少なかった(「中等度 – 重度」対「なし」、相対リスク比[RRR]:0.39、95%CI = 0.27–0.57)。 「なし」、RRR:1.62、95%CI = 1.09-2.38)および経過観察中の疼痛のより深刻な悪化(P = 0.001)。より悪いRHOAを伴う股関節と反対側の膝は、より大きなベースラインのJSN(P = 0.10)およびJSN進行(P = 0.17)については有意ではない傾向を示した。
結論
これらの所見は、股関節痛とRHOAの初期の非対称性が、より罹患した股関節とは反対側のひどい痛みと構造的転帰に関連しているという仮説に対する限定的な支持を提供する。
前の記事次の記事
キーワード
変形性股関節症変形性膝関節症関節痛構造的な結果
前書き
変形性関節症(OA)は一般的で衰弱させる病気であり、股関節や膝関節の置換術の最も一般的な理由です1。腰や膝OAはしばしば一緒に発生しますが 2、 3は、いくつかの研究では、1つの下肢の関節の疾患は、他の下肢関節のOAをどのように影響するかを検討してきた 3、 4。下肢生体力学的異常は、股関節と膝関節の両方におけるOAの危険因子である 5、 6、 7、 8。どちらかの関節のOAまたは疼痛が、他の下肢関節の症状と構造変化の両方のリスクに影響を与えるような方法で股関節 – 足首の動的連鎖を変化させる可能性があります。9、10、11、12、13、14、15、16、17
高度股関節OAのための人工股関節全置換術(THR)を受けている個体は、後続のリスク増加有する人工膝関節置換置換股関節に反対膝に(TKR)18の両方反対膝に機械的負荷を増加させる、非対称運動適応に起因します、前と一方的THR後13、19 。我々は最近、一般的な片側性THRが、より重症度が高く、置換された股関節とは反対側の膝のMRIで評価された構造的損傷の進行の増加と関連することを報告した20。したがって、関節置換術を必要とする片側の進行性股関節OA反対側の肢における貧弱な膝のOA構造的および臨床的転帰の危険性の増大と関連しており、これは潜在的に修正可能な生体力学的原因を有する可能性がある。我々の知る限りでは、THRよりもかなり前にOAが進行していないネイティブの股関節間の症状および構造的損傷の非対称性が、同側の股関節とは反対側の膝関節の疼痛および構造的損傷のリスクが高いかどうか膝。そのような研究は、非対称的に現れる股関節OAの発症の初期段階にある人における予防的介入の必要性を決定するのに役立ち得る。
この研究は変形性関節症イニシアチブ(OAI)からのデータを評価して、股関節疼痛またはRHOAの非対称性を有する比較的初期段階の疾患の個人がベースラインおよびより影響を受けた股関節とは反対側の膝の縦方向に悪化したかどうかを判断する同側膝と比較して。
方法
科目
対象は、毎年の診療所訪問およびインタビューを伴う、股関節および膝関節のOAに関する自然史、危険因子およびバイオマーカーの多施設縦断的研究であるOAIの参加者であった(http://www.oai.ucsf.edu/ )。研究は参加している4つの臨床センターの施設内審査委員会によって承認され、全参加者は書面によるインフォームドコンセントを与えた。ペア肢デザインを使用して、ベースラインで程度の異なるレントゲン写真のOAを持っていた2つのネイティブの股関節を持つ被験者とベースラインから片側頻回の股関節痛を持つ被験者を24ヵ月まで研究しました。関節置換術のかなり前に、より進行していない股関節疾患に焦点を合わせるために何らかの理由でTHRを発症した患者をベースラインから48ヶ月まで除外した。我々はまた、ベースライン(K-Lグレード4 OAまたはJSNグレード3)ですでに進行中のX線撮影膝OA、またはベースラインでTKRまたはどちらかの膝で12ヵ月経過している人も除外した。被写体選択のフローチャートを図1に示す。
高解像度画像をダウンロード(640KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。主題選択のフローチャート 股関節の痛みは、「過去12ヶ月間の半日以上の股関節の痛み」と定義されていることに注意してください。K – Lグレード= Kellgren Lawrenceグレード。
レントゲン写真術ヒップOA評価
股関節および膝のX線写真は、www.oai.ucsf.eduで入手可能な標準化された取得および品質保証プロトコルを使用してOAIの一部として取得されました。参加者は、ベースライン時およびポジショニングフレームを使用して足を20°の内部回転で配置した40インチのフィルムから焦点までの距離で48ヶ月間の体重負荷骨盤X線写真を撮影した。 2人の筋骨格放射線科医(TML、PMJ)とリウマチ専門医(NEL)によって、OARSIアトラスと 21 年生を使用して、OAの個々のX線写真上の特徴(IRF)についてX線写真を評価した。読む前、ベースライン、そして利用可能であれば、4761人の参加者の48ヶ月のレントゲン写真が1人の読者によって股関節骨棘の存在についてスクリーニングされたまたはJSN。どちらの発見もない人々は、「ネガティブスクリーン」として分類され、そして第二の読者によって見られた。セカンドリーダーによって陰性と確認された場合には、それ以上の評価は行われなかった。股関節OA所見について陽性とスクリーニングされた1441人(30%)の参加者のX線写真は、2人の読者によって独立してIRFについて採点された。超外側または上位のJSN、大腿骨または寛骨臼骨棘、嚢胞、硬化症または大腿骨頭 奇形の存在に関する読者間の不一致は、3人の読者のうちの少なくとも2人の一致によって判断された。
グレード2以上の大腿骨および寛骨臼骨棘および超外側および超内側JSNが明確であると見なされた。(1)修正クロフトグレードが2以上(明確な骨棘、明確なJSN、硬化症、嚢胞または奇形の2つ以上の存在)である場合、股関節は「明確なRHOA」と分類された。(2)グレード1以上の大腿骨またはグレード2以上の寛骨臼骨棘と明確なJSNがあった。(3)他の特徴にかかわらず、グレード2以上の大腿骨骨棘があった。またはd) 他の特徴にかかわらず、超外側JSN ≧ 2または超内側JSN ≧3 があったとき。他の個々の、または不確定なIRFが存在する場合(例、グレード1の骨棘またはグレード1のJSN)、それ以外の場合は「正常」と見なされる場合、股関節は「可能性のあるRHOA」として分類されました。22、23
RHOA非対称性は、ベースライン時の各股関節において異なるグレードのRHOA(「明確」、「可能」または「正常」)を有すると定義された。
RHOAについて陰性とスクリーニングされた無作為に選択された140人の股関節のX線写真を、研究プロトコルを用いてIRFについて盲目的に読んだ。明確なRHOAが存在しないことに対するスクリーニングの特異性は99.2%であり、そして明確なRHOAについての推定感度は93%であった。無作為に抽出された197人の参加者のX線写真は、IRFを繰り返し読むために盲目的に読者にフィードバックされた。テスト – 再テストの信頼性は、内側および外側のJSN(加重カッパ:0.74-0.77)、上と下の大腿骨骨棘(0.74–0.79)、寛骨臼骨棘(0.51–0.64)、嚢胞、硬化または変形(0.53–0.55)に対して一般的に良好でした。 、3レベルの要約分類(0.72)および明確なOA対明確ではない(カッパ:0.73)。
腰痛とTHR評価
腰痛は、毎年の診療所訪問で評価され、ベースラインから60ヶ月までのアンケートに郵送された。参加者は、OA関連の股関節痛のいつもの場所示す図で見る24、25、彼らは過去年の間に「月のほとんどの日に腰に痛みや凝り、痛み」を持っていたかどうかを尋ねた26。「はい」と答えた人は頻繁に股関節の痛みがあると考えられ、痛みが発生した箇所を図で示すように頼みました:鼠径部、脚の前部(前部)、脚部の外側(外側)、腰痛または臀部。腰部/臀部のみにあるどちらかの股関節部の疼痛を有する被験者は、股関節部の構造から発生していると誤分類される可能性があるため、除外しました。27、28
股関節痛の非対称性は、ベースライン時に片側性の頻繁な股関節痛が持続することと定義された。OA疼痛は経時的に変動するので、持続性疼痛非対称性は、片方の股関節がベースラインから24ヶ月までの3つの時点のうち少なくとも2つの時点で頻繁な疼痛を有することを必要とした。痛みを伴う面が訪問の間で交代した参加者は除外された。
THRは毎年自己申告され、医療記録と検査用レントゲン写真から確認された。
膝JSNと膝の症状
固定された屈曲膝の X線写真は、ベースラインと毎年フォローアップの訪問で得られ、前述のように、良好な信頼性を持つ年4ベースラインからJSNの進行のために読まれた29、30。JSN進行の試験-再試験信頼性が優れた(内側JSN進行に良好であった、κ = 0.0.72(0.63から0.82);横JSN進行、κ = 0.83(0.70から0.96)膝痛は、ベースラインで評価し、毎年使用しましたWOMAC膝痛サブスケール31
統計分析
反対側の膝は、片側性の頻繁な疼痛を伴う股関節の反対側として、そしてより高いグレードのRHOAを伴う股関節の反対側として別々に定義された。横断分析のために、ベースラインのWOMAC膝痛およびJSNを3段階の重症度に分類した。ベースラインのWOMAC疼痛スコアが0の膝の大部分が原因で、膝疼痛スコアは全体の分布に基づいて分類され、0は「なし」とし、残りの膝は「軽度」と「中等度 – 重度」のカテゴリーに分類した。残りの膝の50パーセンタイルスコア。1〜3の膝痛スコアは軽度、4以上のスコアは中〜重度と分類されました。ベースラインのJSNグループはグレード0、1、2と定義されました。クラスター化多項式回帰モデルを使用して、対側膝関節と同側膝関節(予測子)の膝の痛みとJSN(結果)を比較しました。
縦断的分析のために、我々は、連続変数としてのWOMAC疼痛スコアの変化と二分変数としてのJSNの変化について膝を比較した(はい/いいえ)。ベースラインと比較して48ヶ月までの任意の時点で、内側区画または外側区画のいずれかでスコアが増加した場合(グレード変更内を含む)29、 JSNを進行中として分類した。24か月後に膝が置換された場合、JSNは進行中と分類されましたが、それ以降は痛みのスコアは欠落しているものとして扱われました。ベースラインから膝までの60ヶ月までの年間疼痛データを比較するために、一般化線形モデルを使用した。JSNの進行を分析するために、ロジスティック回帰を使用しました一般化推定方程式を使って。四肢間のRHOAグレードのコントラストの程度(正常/可能、可能/確定、正常/確定)が膝関節転帰と関連しているかどうかを評価するために、クラスター化多項ロジスティック回帰を使用しました。
膝の間の比較は被験者内であるため、すべての統計モデルは個人内の対をなす相関した肢を説明し、被験者レベルの共変量は含みません。片側性股関節痛がサンプルを定義したとき、我々はベースラインのRHOA状態(正常/可能性/明確)および四肢特異的共変量として12ヶ月の膝関節K-Lグレードを含めた。RHOAの非対称性がサンプルを定義したとき、我々はベースラインの股関節痛(はい/いいえ)とベースラインの膝関節のK-Lグレードを四肢特異的共変量として含めました。ベースライン膝JSN転帰については、これらの変数間の共線性のため、ベースライン膝K – Lグレードを調整しませんでした。
横断的および縦断的感度分析において、我々は、ベースライン股関節JSNグレード3( 疼痛非対称性についてn = 8および RHOA非対称性についてn = 6)によって示されるように、ベースラインで進行RHOAを有する少数の被験者を除外した。別に、OAの重症度の膝の間で極端にベースラインの非対称性がある被験者を除外しました(片側の膝のK – Lグレード0〜1、他の膝のグレード3、 痛みn = 23およびn RHOA非対称性の場合、= 35)。最後に、2つの追加の感度分析を行いました。最初に、我々は、一方の正常な股関節を有するものおよび可能性のあるRHOAを有するものを除いて、一方の股関節で明確なOAを有するものおよび正常または他の可能性があるものに限定して我々の主な分析を繰り返した。次に、股関節間の疼痛のより極端なコントラストが同側膝と対側膝の間の転帰においてより大きな差を示すかどうかをテストするために、被験者を除外 した片側腰痛サンプル(n = 55)について分析を繰り返した。最初の3回の訪問のうち2回以上で対側の股関節の痛み。我々の結果と結論はこれらの分析において実質的に変わらなかった。
結果
対象の特性
片側性股関節痛の 279人と非対称RHOAの483人がいた。非対称RHOAを有する者は、以下の組み合わせを有した:正常/可能性(n = 262); 可能/確定(n = 147); 正常/確定(n = 74)。片側股関節疼痛サンプルでは、​​ベースラインRHOA状態は対側および同側四肢の間で異ならなかった、そしてRHOA非対称性を有するそれらの間でベースラインでの股関節痛の有病率は四肢間で同様であった(表I)。RHOAと腰痛の両方で非対称性を示したのは42人のみでした。これら25人のうち25人は、それほどひどくないRHOAを伴う股関節の痛みを伴う17と比較して、より悪いRHOAを有する股関節の痛みを有した(オッズ比:1.47;(95%CI:0.76,2.90))。
表I。片側股関節疼痛を有する参加者および非対称レントゲン写真術股関節OA(RHOA)を有する参加者の被験者特性および腰と膝の特性
ベースライン※件名 片側股関節痛(n = 279) 非対称RHOA(n = 483)
年齢、中央値(IQR)† 61(54〜70歳) 63(54〜70)
BMI、平均(IQR)kg / m 2 27.7(24.3 – 31.1) 27.7(24.6 – 30.8)
女性、n(%) 195(69.9) 232(48.0)
ベースライン※ ヒップアンドニー特性 腰痛を伴う四肢 反対側の手足‡ RHOAが悪化した四肢 対側四肢§
レントゲン写真術の股関節OA、n(%)
普通 198(77.7) 194(76.1) 0(0.0) 336(69.6)
可能 35(13.7) 38(14.9) 262(54.2) 147(30.4)
明確な 22(8.63) 23(9.0) 221(45.8) 0(0)
月のほとんどの日の股関節痛、n(%) 279(100.0) 0(0.0) 88(18.3) 79(16.4)
膝の痛み(WOMAC 0–20)、中央値(IQR) 1(0〜4) 2(0〜5) 1(0〜4) 1(0〜4)
膝のK – Lグレード、n(%)
0 129(46.2) 126(45.2) 185(38.3) 178(36.9)
1 41(14.7) 51(18.3) 92(19.1) 93(19.3)
2 63(22.6) 62人(22.2人) 141人(29.2人) 133(27.5)
3 46人(16.5人) 40(14.3) 65(13.5) 79(16.4)
膝JSN(内側と外側の最大)
0 167(59.9) 178人(63.8%) 276(57.1%) 265(54.8%)
1 70人(25.1%) 66人(23.7%) 142人(29.4%) 139人(28.8%)
2 42人(15.1% 35人(12.5%) 65人(13.5%) 79人(16.4%)

片側股関節痛サンプルのベースライン特性は、痛みの非対称性がベースラインから24ヶ月までの3回の来診にわたって定義されたため、12ヶ月の接触によるものである。

IQR – 四分位範囲。BMI =肥満度指数。JSN =ジョイントスペースの狭小化

個人の反対側の膝と股関節は股関節の痛みがある側と反対です。
§
個人の反対側の膝と股関節は、RHOAが悪化している側と反対側です。
対側膝と同側膝の間のベースライン断面比較
片側ベースライン股関節痛
片側股関節痛は、同側膝と比較して反対側の有意に少ない中程度 – 重症ベースライン膝痛と関連していた(表II)。反対側の膝の中程度から重度の痛みの調整相対リスク比(RRR)32は0.39(95%CI:0.27、0.57)でした。対照的に、反対側の膝は同側の膝よりも中等度(グレード2)対ベースラインのJSNのリスクが高く、調整RRRは1.62(1.09、2.38 )でした(表II)。
表II。反対側対同側膝関節における片側股関節痛とベースライン膝痛および関節腔狭窄(JSN)の横断的関連
結果 反対側対同側膝の転帰に対するRRR *(95%CI)[ P値] †
WOMACの膝の痛み 未調整 RHOAと膝のK – Lグレードを調整
軽度対痛みなし 0.70 0.69
(0.49、1.02) (0.46、1.02)
[0.068] [0.064]
重度対痛みなし 0.40 0.39
(0.28、0.56) (0.27、0.57)
[<0.0001] [<0.0001] ニーJSN 未調整 RHOA用に調整 軽度の(1)対なしのJSN(0) 1.13 1.15 (0.85、1.50) (0.85、1.55) [0.398] [0.340] 中程度の52対JSNなし(0) 1.27 1.62 (0.90、1.80) (1.09、2.38) [0.163] [0.015] ∗ 相対リスク比32および95%信頼区間(CI)をクラスター化多項回帰モデルから推定した。 † 個人の対側および同側四肢は、股関節痛を伴う四肢との関連で特定される。 非対称ベースラインRHOA 非対称ベースラインRHOAとベースラインWOMAC膝痛カテゴリーとの間に有意な関連はなかった(表III)。 反対側の膝では軽度対無痛で有意でない傾向(P = 0.07)がありましたが、中等度から重度の疼痛対無痛で同様の傾向は観察されませんでした。反対側の膝と同側の膝の間のベースラインのJSN重症度にも有意差はありませんでした(表III)が、反対側の膝 では中等度(グレード2)のリスクの増加に対する有意でない傾向(P = 0.10)がありました。全体的に見て、股関節間のRHOA非対称性の程度(正常vs可能、可能vs明確、正常vs明確)は、痛みの重症度の差と関連していなかった( 膝の間のP = 0.27またはJSN重症度(P= 0.23)(データ示さず)。 表III。反対側対同側膝における非対称X線撮影股関節OA(RHOA)とベースライン膝痛および膝関節腔狭窄(JSN)との横断的関連 結果 反対側対同側膝の転帰に対するRRR *(95%CI)[ P値] † WOMACの膝の痛み 未調整 腰痛と膝関節のK-Lグレードを調整 軽度対痛みなし 1.28 1.28 (0.98、1.67) (0.98、1.67) [0.06] [0.07] 重度対痛みなし 1.12 1.15 (0.90、1.40) (0.89、1.48) [0.28] [0.26] ニーJSN 未調整 腰痛に調整 軽度の(1)対なしのJSN(0) 1.02 1.03 (0.82、1.26) (0.82、1.27) [0.86] [0.82] 中程度の52対JSNなし(0) 1.27 1.27 (0.95、1.68) (0.95、1.68) [0.11] [0.10] ∗ 相対リスク比32および95%信頼区間(CI)をクラスター化多項回帰モデルから推定した。 † 個人の対側および同側の膝は、より重度のRHOAを伴う四肢に関して特定されます。 対側および同側膝の縦断的比較 片側ベースライン股関節痛 片側性股関節痛の患者のうち、追跡調査中のWOMACの膝痛の悪化は 、反対側の膝において有意に大きかった(P = 0.001)(図2)。WOMACの疼痛スコアは、ベースライン時の同側膝で有意に高かった。WOMAC疼痛の調整後の変化率は、反対側の膝で0.148 /年の増加、そして同側の膝で0.032 /年の減少でした。それにもかかわらず、60ヶ月の経過観察の後、同側膝の痛みのスコアはより高いままであった(調整後退係数0.650、P = 0.008)。対側膝と同側膝の間のJSN進行に有意差はなく、調整ORは1.24(95%CI:0.77-1.99、P = 0.36)でした(表IV)。 高解像度画像をダウンロード(340KB)フルサイズの画像をダウンロード 図2。A.片側性股関節痛およびB.非対称性RHOAを有する対象におけるWOMAC膝痛スコアの経時的変化。グラフは未調整の結果を示しています。A.片側股関節痛:対側膝におけるWOMAC疼痛(未調整)の変化率は0.137 /年であり、同側膝では-0.049 /年であった。膝の間の年間変化率の調整された差は0.18(0.07、0.28 )でした( P = 0.001)。ベースライン時、WOMACの膝の痛みのスコアは、反対側の膝と比較して同側の膝で有意に大きかった(調整後退係数= 1.59; P = <0.0001)。B.一致しないRHOA:対側膝におけるWOMAC疼痛スコア(未調整)の変化率は、同側膝において0.006 /年であり、0.028 /年であった。膝間の変化率の調整された差は、−0.02(−0.07、0.03)であった(P =0.474)。ベースライン時、WOMACの膝の痛みのスコアは、対側の膝と比較して同側の膝では異ならなかった(調整後退係数= -0.036; P = 0.738)。 表IV。対側膝関節対同側膝関節における片側股関節疼痛および一致しないレントゲン写真術股関節OA(RHOA)と膝関節腔狭窄(JSN)進行との関連 結果 反対側対同側膝の転帰に対するオッズ比*(95%CI)[ P値] † 片側股関節痛 膝JSNの進行‡ 未調整 RHOAと膝のK – Lグレードを調整 1.23 1.23 (0.93、1.63) (0.92、1.64) [0.140] [0.167] RHOAとは一致しません 膝JSNプログレッション‡ 未調整 腰の痛みと膝のK – Lグレードを調整 0.97 1.24 (0.63、0.149) (0.77、1.99) [0.889] [0.361] ∗ ロジスティック回帰モデルから推定されたオッズ比と95%信頼区間(CI)。 † 個人の対側および同側四肢は、より重度のRHOAまたは股関節痛の存在を伴う四肢との関連で同定される。 ‡ ベースラインから48ヶ月までの内側または外側のJSNスコアの増加(学年内の増加を含む)。 非対称ベースラインRHOA RHOAの非対称性は、6年までの間、WOMACの膝の痛みの変化率の膝間の差と関連していなかった[ 図2 ]。また、より重症の股関節と反対側の膝では、JSN進行調整後のオッズ比 1.23 という有意に高いリスクもなかった(95%CI:0.92-1.64; P = 0.17)。全体として、RHOA不一致の程度(正常対可能、可能対明確、正常対明確)は、膝間の疼痛の変化(P = 0.83)および膝間のJSNの進行(P = 0.23)とは関連していなかった(データ示さず)。 ) 討論 我々の結果は、股関節疼痛またはRHOAの比較的早期かつTHRよりかなり前の四肢間の非対称性が、同側膝と比較してより罹患した股関節のより悪い疼痛および構造的転帰と関連するという仮説に対する限定的な支持を提供する。片側性股関節痛「1ヶ月のほとんどの日に」はベースライン対側膝痛の有意な減少と関連していた同側膝の痛みが大きい場合、または逆に述べた場合。対照的に、痛みを伴う股関節と反対側の膝はより重度のベースラインJSNおよび経過観察中の疼痛のより深刻な悪化を示したが、JSNの有意なより大きな進行は示さなかった。悪化したRHOAを伴う股関節と反対側の膝は、より大きいベースラインJSNおよびJSN進行に関して有意ではない傾向を示したが、非対称RHOAとベースライン膝痛または疼痛変化との関連はなかった。 1つの下肢関節におけるOAを有する個体は、反対の(反対)、下肢(例えば、膝、膝及び股関節ヒップ)におけるジョイント(「同族」)と同じにOAの危険性の増加を有する3、33 。そこに至る末期OAのリスクの増加もある関節置換置換股関節(または膝)と対ヒップ(または膝)は34、35。Shakoor 等。18年これらの所見を拡張して、置換された関節と反対側の下肢の「同系でない」関節が置換される危険性が高まった(例:置換された股関節と反対側の膝関節)。関節置換のこれらのクロス四肢パターンと一致して、我々は最近、フォローアップの4年間に流行している一方的なTHRが大きいが、痛みとによって評価構造的損傷の進行の悪化と関連していたことを報告したMRI置き換え腰への反対側の膝に。20 これらのパターンは関与多関節する素因と一般OA表現型の存在を反映可能性があり5、36 。しかしながら、彼らはまた、下肢関節の間のOAの「広がり」の潜在的に修正可能な原因が、非対称的な負荷をもたらすように運動戦略を変える1つの関節のOA患者による症状および神経筋調節適応に関連するという可能性を提起するそして他の下肢関節の損傷の危険性の増加13、17、19、37。関節置換術を引き起こす片側重度の股関節OA患者では、手術前後の両方で、罹患していないまたは罹患していない肢の負荷が増加する37、38、39、40、41、42 、著しく高いピーク外部膝含む転モーメントと反対側の膝のピーク内側区画負荷13、19。下肢関節負荷の変化は、末期疾患の発症前の症候性股関節OAでも観察されています。15、39の一方的な症候性の股関節OAを軽度から中等度、具体的に短期的に関節置換を受けることを待っていないとのクリニックの患者は歩行時の側肢での負荷を増加している14そして、の間に姿勢の変化に座る・ツー・スタンド16を、これらの生体力学的変化は、膝の痛みや構造的な成果の非対称性に関連しているかどうかは不明です。 我々の知る限りでは、これは、股関節疾患の経過の比較的早い時期に、個体の股関節間の症状の非対称性または構造的損傷の問題であるかどうかの問題に直接取り組む最初の研究である。(この研究に含まれる股関節は、ベースライン評価後4年以上THRを受けず、98%が8年に置き換えられていなかった)は、罹患率および症状の進行の非対称性および膝の構造的損傷と関連している。対側および同側の膝関節転帰における矛盾およびわずかな差異の我々の知見は、非対称性終末期股関節OAの以前の研究で見られた膝関節転帰の交差肢パターンを部分的に確認するだけである。1つの可能性のある説明は、股関節間の非対称性の程度が病気の過程の初期には生体力学的結果をもたらすのに十分ではないということです。非対称性膝関節症は、非対称性股関節疾患の発症の比較的早い時期に発生する可能性がありますが、臨床的および構造的な膝関節転帰に対する直接的な影響は軽度である可能性もあります。43。また、反対側の膝の転帰不良のリスクを減らすことができる下肢負荷の非対称性の修正可能な原因に対処するための機会窓が存在する可能性があることも示唆しています。 重要なことに、本発明者らは、片側股関節痛が有意に大きいベースラインの同側膝痛と関連していることを見出した。我々の仮説とは反対に、これは片側性股関節痛と片側性膝痛の両方を持つ人が反対側の肢と同じ肢で股関節と膝の痛みを持つ可能性が3倍以上である集団研究と一致しています2。Shakoor 等による研究において。14片側臨床症候性股関節OAも大きな同側膝痛と関連していた。同四肢の股関節と膝の痛みの共起が原因であり得る痛膝に腰から44、45、46 、不十分ローカライズ腸脛骨バンド症候群47などの非関節構造による足の痛み、または局所的な疼痛感受性の上昇48。1つの下肢の関節の痛みに神経筋適応は同じ四肢の他の下肢関節の疼痛をもたらす関節のバイオメカニクスに悪影響を及ぼす持つことも可能である 15、 37、 39。一方、痛みを伴う股関節とは反対側の膝では、4〜5年で痛みが著しく悪化することがわかりました。興味深いことに、反対側の膝もまた反対側の膝においてベースラインのJSNの上昇を示した。ベースラインの悪化したJSNが必ずしも経時的な症状の増加の原因となるわけではないかもしれませんが、X線撮影の膝のOAのベースラインの重症度が臨床的進行を予測するという良い証拠があります49。したがって、いくつかの要因が同じ肢で最初に発生する股関節と膝の痛みを引き起こす可能性がありますが、これは非対称の反対側の負荷を拡大し、反対側の肢の最悪の長期結果の要因になる可能性があります。18、34、50 片側性股関節痛は、非対称RHOAよりも膝関節転帰との関連性が多少強かった。これは痛みは、構造的損傷よりも可能性が高いことを考えると驚くべきことではない自体下肢の生体力学を変える動き適応をトリガするために、実際の痛みと股関節OAの構造変化が不十分相関している51を伴う複数の余分に一部、 -articularは股関節痛原因となる44、45、46、47。したがって、股関節痛のすべての原因を効果的に治療することが膝の転帰に有益な効果をもたらす可能性があることは、さらに検討する価値があります。 私たちの研究には、年齢、性別、肥満、身体活動などの個人レベルの特徴によって混乱を招く可能性を排除する、人内での肢間比較など、いくつかの強みがあります53。多変量モデルの共変量は、膝関節間の比較を混乱させる可能性がある四肢特異的因子に限定され、これらの調整は関心のある関連性に与える影響は最小限でした。ベースライン評価後4年以上経過しても人工股関節置換術を受けなかった人のみを研究することにより、末期臨床疾患前の股関節痛とRHOAに焦点を当て、特に股関節OAの経過の比較的早い時期に個人を対象とした。さらに、股関節の重症ベースラインJSNを有する被験者を除外した感度分析は、我々の結果を変えなかった。ので、関節の痛み典型的には、股関節痛に持続的な不一致がある被験者を特定するために、少なくとも2/3年連続で片側性の頻繁な痛みを必要とするために、経時的に変動する。 我々の研究のいくつかの制限は考慮に値する。股関節疾患の初期段階および構造的変化と股関節症状の間の穏やかな相関に焦点を合わせて、この研究では片側の股関節に片側性症候性股関節OAを定義した。一方、分析に含めるには小さすぎる数値です。したがって、我々の研究は、中等度(すなわち、一方的な症候性臨床ヒップOA)の非対称性に焦点を当てている以前のものとは異なっ14(人工股関節置換前と後すなわち、一方的な末期のOA)または進行疾患の段階20、34、35。我々の被験者の多くは、ほんのわずかな程度のRHOA非対称性しか持たず(すなわち、正常な股関節と可能なRHOAを伴う股関節)、そしてRHOAの股関節間のより大きな程度の不一致を伴う参加者の数は限られていた。しかし、対側性と同側性の膝関節転帰に対する異なる程度のRHOA非対称性の影響を調べた分析も実施し、関連性はRHOAの不一致の程度によって有意に異ならないことを見出した。さらに、感度分析最も微妙なRHOA非対称性を持つ被験者を除外しても我々の結果は変わりませんでした。ベースライン時の股関節痛の重症度に関するデータはなかったため、股関節痛の非対称性を定義する際に重症度の違いを使用することはできませんでした。痛みの重症度に関して定義された極端な非対称性では結果が異なる場合があります。 我々は、既存の非対称的な膝のOAが股関節の非対称性の発生に先行して影響を与えたという可能性を排除することはできない。しかしながら、この可能性を減らすために、我々はベースラインで末期膝関節症のOAを有する被験者を除外した(12ヶ月までにK – L = 4、JSN = 3、TKR)。感度分析では、膝のOAの重症度において膝の間に極端な格差がある(片方の膝が0〜1、もう片方が3)ベースラインKLグレードをすでに持っている人も除外しました。片側股関節OAを発症し、ベースライン時に両側正常膝関節を有する人にはさらなる研究が必要である。 結論として、我々の結果は、股関節疾患の発症の比較的初期の時点での股関節痛またはRHOAの四肢間の非対称性が、より罹患した股関節とは反対側のひどい疼痛または構造的転帰と関連するという仮説に対する限定的な支持を提供する。関節置換につながる片側末期股関節OAの以前の研究で見られた悪い対側膝OAの結果は、股関節疾患の発症の早い段階で起こる関節負荷非対称性にその起源があるかもしれませんが、長期にわたって展開し、後期に加速する可能性がありますヒップOA。これは、悪い膝関節転帰が起こる前に生体力学的異常を改善するための潜在的な機会窓を示唆している。 著者の貢献 以下のように、すべての作者がICMJEの作家の定義を満たしています。 (1)概念および設計、データの取得、またはデータの分析および解釈への実質的な貢献:GB Joseph、JF Hilton、PM Jungmann、JA Lynch、NE Lane、F. Liu、CE McCulloch、I. Tolsktyk 、TM Link、M.Nevitt。 (2)記事の起草または重要な知的内容のためのそれの改訂:GBジョセフ、JFヒルトン、PMユングマン、JAリンチ、NEレーン、F.リウ、CEマカロック、I.トルスキット、TMリンク、M.ネビット。 (3)公開されるバージョンの最終承認:GB Joseph、JF Hilton、PM Jungmann、JA Lynch、NE Lane、F. Liu、CE McCulloch、I. Tolsktyk、TM Link、M. Nevitt。 その他の貢献 私たちは、ロレンツォナルド、MD、省感謝したいと思い放射線と医学のスクリーニング評価に参加するためにUCSFでは、骨盤の前IRFのための読書に放射線ヒップOAの証拠のためのX線写真。 利益相反 自分の仕事や結論に影響を与える可能性がある他の人や組織との金銭的または個人的な関係を宣言している著者はいません。 資金源の役割 OAIは、官民パートナーシップ 5件の契約(で構成N01-AR-2から2258 ; N01-AR-2から2259 ; N01-AR-2から2260 ; N01-AR-2から2261 ; N01-AR-2 -2262)によって資金を供給国立衛生研究所、保健社会福祉省の支店、およびOAI調査研究者が行いました。民間の資金調達パートナーには、Merck Research Laboratoriesが含まれます。Novartis Pharmaceuticals Corporation、GlaxoSmithKline。およびファイザー社OAIのための民間部門の資金は、国立衛生研究所財団によって管理されています。この原稿は、OAI公共利用データセットを使用して作成されたものであり、OAI研究者、NIH、または民間資金調達パートナーの意見や見解を必ずしも反映するものではありません。このプロジェクトはまた、契約番号HHSN268201000019Cの下、NIH の関節炎および筋骨格系および皮膚病研究所の国立基金から全体的または部分的に資金提供されました。 参考文献 1 S. Kim 米国における外科手術負荷の変化と股関節および膝関節置換術の経済的負担:1997年 – 2004年 Arthritis Rheum 、59 (2008 )、pp。481 – 488 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2 J. ドーソン、L. Linsell 、K. ゾンダーヴァン、P. ローズ、T. ランドール、A. カー、ら。 高齢者における腰と膝の痛みの疫学と全体的な健康状態への影響 リウマチ(オックスフォード)、43 (2004 )、PP。497 – 504 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 3 EC セイヤー、JM ヨルダン、J. Cibere 、L. マーフィー、TA シュワルツ、CG Helmick 、ら。 膝または股関節のX線撮影性変形性関節症と他の膝または股関節との関連性の定量化:Johnston County変形性関節症プロジェクト J Rheumatol 、37 (2010 )、頁1260 – 1265 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 4 VB Kraus 、TW Worrell 、JB Renner 、RE Coleman 、CF Pieper 膝変形性関節症と不整脈に関連する対側性足首異常の高い罹患率 変形性関節症軟骨、21 (2013 )、1693 – 1699ページ 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 5 DT Felson 、RC Lawrence 、PA Dieppe 、R. Hirsch 、CG Helmick 、JM Jordan 、他。 変形性関節症:新しい洞察 パート1:病気とその危険因子 Ann Intern Med 、133 (2000 )、pp。635 – 646 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 6 TP Andriacchi 、S. クー、SF スキャンラン 歩行力学は、膝の健康な軟骨の形態および変形性関節症に影響を与えます J骨JTのSurgアム、91 (補遺1 )(2009 )、頁95 – 101 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 7 L. シャルマ、JS Chmielの、O. Almagor 、D. Felson 、A. Guermazi 、F. レーマー、ら。 MRIによる膝軟骨損傷の初期発生における内反および外反アライメントの役割:MOST研究 Ann Rheum Dis 、72 (2013 )、pp。235 – 240 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 8 GE トーマス、AJ パーマー、RN バトラ、A。 キラン、D。 ハート、T。 スペクター、他。 股関節の無症候性変形は、女性におけるX線撮影性変形性関節症および関節置換術の重要な予測因子である。20年間の縦断的コホート研究 変形性関節症軟骨、22 (2014 )、pp。1504 – 1510 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 9 M. Khashan 、A. Morの、Y. ビール、E. ラース、DR Morgensteren 、R. デビ、ら。 変形性股関節症患者における歩行計量プロファイルと性差 ケースコントロールスタディ Hip Int 、24 (2014 )、pp。270 – 276 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 10年 IA Baert 、I. Jonkers 、F. Staes 、FP Luyten 、S. Truijen 、SM Verschueren 歩行特性と初期および確立変形性膝関節症の女性における下肢筋力 CLIN Biomech(ブリストル、エイボン)、28 (2013 )、頁。40 – 47 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 11 M. 久保田、S. 島田、S. 小林、S. 佐々木、I. 北出、M. 松村、ら。 歩行速度の影響を排除した両側性股関節症患者の定量的歩行分析 J Orthop Sci 、12 (2007 )、pp。451 – 457 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 12年 A. Boissonneault 、JA リンチ、BL ワイズ、NA シーガル、KD グロス、DW マレー、他。 股関節および骨盤の形状と脛骨大腿骨関節炎との関連性:多施設変形性関節症研究(MOST) 変形性関節症軟骨、22 (2014 )、pp。1129 – 1135 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 13年 N. Shakoor 、DE フルビッツ、JA ブロック、S. ショット氏、JP ケース 高度片側股関節の変形性関節症における非対称膝ローディング Arthritis Rheum 、48 (2003 )、pp。1556 – 1561 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 14年 N. Shakoor 、A. ドゥア、LE ソープ、RA Mikolaitis 、MA Wimmerの、KC Foucher 、ら。 片側性股関節症患者の無症候性膝関節における非対称負荷と骨塩密度 Arthritis Rheum 、63 (2011 )、pp。3853 – 3858 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 15年 I. Eitzen 、L. フェルナンデス、L. Nordsletten 、MA Risberg 健常対照と比較して、症状を軽度から中等度と股関節の変形性関節症患者の矢状面歩行特性:横断的研究 BMC Musculoskelet Disord 、13 (2012 )、p。258 Google Scholar 16 I. Eitzen 、L. フェルナンデス、L. Nordsletten 、L. スナイダー-Mackler 、MA Risberg 体重を支える非対称座る・ツー・スタンド軽度から中等度の変形性股関節症の患者の中に 歩行姿勢、39 (2014 )、頁683 – 688 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 17年 F. ポッツィ、L. スナイダー- Mackler 、J. 銭 ジュニア 生体力学的非対称性の関係ステップアップ中および人工膝関節全置換術後のタスクと階段登り上 CLIN Biomech(ブリストル、エイボン)、30 (2015 )、頁。78 – 85 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 18年 N. Shakoor 、JA ブロック、S. ショット氏、JP ケース 下肢の末期変形性関節症の非ランダム進化 Arthritis Rheum 、46 (2002 )、pp。3185 – 3189 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 19年 片側股関節性変形性関節症に対する人工股関節全置換術による KC Foucher 、MA Wimmer 対側股関節および膝歩行生体力学の変化はない 歩行姿勢、35 (2012 )、頁。61 – 65 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 20 PMNM Jungmann 、T. バウム、H. Liebl 、L. ナルド、F. 劉、MC レーン、ら。 対側性および同側性膝関節変性に対する片側全股関節置換術(THA)の関係:変形性関節症イニシアチブ(OAI)からの縦3T MRI研究 変形性関節症軟骨(2015 )、pp。1144 – 1153 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 21 変形性関節症における個々のX線撮影の特徴についての RD Altman 、GE ゴールド アトラス、改訂 変形性関節症軟骨、15 (補遺A )(2007 )、頁。A1 – A56 記事のダウンロードPDF Google Scholar 22 P. クロフト、C. クーパー、D. Coggon 疫学研究における変形性股関節症の症例定義 J Rheumatol 、21 (1994 )、PP。591 – 592 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 23 NK アーデン、NE レーン、N. Parimi 、KM Javaid 、LY ルイ、MC Hochbergの、ら。 女性における疫学的研究のための偶発的X線写真股関節変形性関節症の定義 Arthritis Rheum 、60 (2009 )、pp。1052 – 1059 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 24 F. ビレル、P. クロフト、C. クーパー、G. Hosie 、G. マクファーレン、A. Silman ヒップ地域での痛みの健康への影響を持つと変形性関節症のX線撮影証拠なし:プライマリケアへの新たなattendersの研究 Ann Rheum Dis 、59 (2000 )、pp。857 – 863 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 25年 F. ビレル、M. ラント、G. マクファーレン、A. Silman 腰部の痛みおよび変形性関節症のX線写真の変化との関連:人口ベースの研究からの結果 Rheumatology(Oxford)、44 (2005 )、pp。337 – 341 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 26 RC Lawrence 、CG Helmick 、FC Arnett 、RA Deyo 、DT Felson 、EH Giannini 米国における関節炎および特定の筋骨格系疾患の有病率の推定 Arthritis Rheum 、41 (1998 )、pp。778 – 799 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 27年 WN ロバーツ、RB ウィリアムズ 腰痛 プリムケア、15 (1988 )、頁783 – 793 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 28年 F. ビレル、M. ラント、GJ マクファーレン、AJ Silman 集団研究のための股関節痛の定義 アンダイオウディス、64 (2005 )、頁。95 – 98 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 29年 DT Felson 、MC Nevitt 、M. ヤン、M. クランシー、J. 丹生、JC Torner 、ら。 変形性膝関節症における新しいアプローチは高いX線撮影経過をもたらす J Rheumatol 、35 (2008 )、pp。2047 – 2054 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 30 D. Felson 、J. 丹生、B. 袋、P. Aliabadi 、C. マッカロー、MC Nevitt 慣性の状態として、変形性関節症の進行 Ann Rheum Dis 、72 (2013 )、pp。924 – 929 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 31 N. ベラミー、WW ブキャナン、CH ゴールドスミス、J。 キャンベル、LW Stitt 検証研究:股関節または膝の変形性関節症患者における抗リウマチ薬療法に対する臨床的に重要な患者関連転帰を測定するための健康状態機器 J Rheumatol 、15 (1988 )、pp。1833 – 1840 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 32 F. ハレル 回帰モデリング戦略 Springer 、ニューヨーク(2001 ) Google Scholar 33 TD スペクター、DJ ハート、DV ドイル 一般集団における片側性膝関節症の女性における変形性関節症の発生率と進行:肥満の影響 Ann Rheum Dis 、53 (1994 )、pp。565 – 568 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 34 H. Husted 、S. オーバーガード、JO ラウルセン、K. Hindso 、LN ハンセン、HM クヌーセン、ら。 変形性股関節症に対する両側関節形成術の必要性 0 – 14年間追跡した患者1,199人中1,477人の代替患者 Acta Orthop Scand 、67 (1996 )、pp。421 – 423 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 35 SA Sayeed 、YA Sayeed 、SA Barnes 、MW Pagnano 、RT Trousdale 初回の片側全膝関節置換術後のその後の関節形成術のリスク、10年間の研究 J Arthroplasty 、26 (2011 )、pp。842 – 846 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 36 TD スペクター、AJ MacGregor 変形性関節症の危険因子:遺伝学 変形性関節症軟骨、12 (補遺A )(2004 )、pp。S39 – S44 Google Scholar 37 A. メトカーフ、C. スチュワート、N. Postans 、D. バーロウ、A. ドッズ、C. ホルト、ら。 変形性膝関節症における主要関節の異常負荷と膝関節置換術に対する反応 歩行姿勢、37 (2013 )、頁。32 – 36 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 38 VL Talis 、AA Grishin 、IA Solopova 、TL Oskanyan 、VE Belenkyを、YP Ivanenko 非対称脚荷重座る・ツー・スタンド、ウォーキングや一方的な人工股関節全置換手術後の患者の静か立っ中 CLIN Biomech(ブリストル、エイボン)、23 (2008 )、PP。424 – 433 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 39 AJ メトカーフ、C. スチュワート、N. Postans 、AL ドッズ、CA ホルト、AP ロバーツ 下肢における他の関節の生体力学上の膝の変形性関節症の影響 骨JT J 、95 (B )(2013 )、PP。348 – 353 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 40 A. マルティネス-ラミレス、D. Weenk 、P. Lecumberri 、N. Verdonschot 、D. Pakvis 、PH Veltink 股関節全置換術の患者における歩行時非対称下肢負荷の術前歩行測定 J Neuroeng Reabil、10(2013)、p。41 CrossRef Google Scholar 41 A. マルティネス・ラミレス、D. Weenk 、P. Lecumberri 、N. Verdonschot 、D. Pakvis 、PH Veltink インストルメント靴を使用して非対称脚荷重の評価股関節全置換術の前と後 J Neuroeng Reabil、11(2014)、p。20 CrossRef Google Scholar 42 K. ターコット、S. アルマン、D. Fritschy 、P. Hoffmeyer 、D. スバ 高度な変形性膝関節症に座る・ツー・スタンド変化 歩行姿勢、36 (2012 )、頁。68 – 72 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 43 JA 銭 ジュニア、L. スナイダー-Mackler 術後早期の対策が一方的な人工膝関節全置換術後1および2年間の結果を予測:対側肢の強さの重要性 PHYS THER 、90 (2010 )、頁。43 – 54 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 44 AM カーン、E. マクローリン、K. Giannakas 、C. ハッチンソン、JG アンドリューの 変形性股関節症:痛みはありますか? アンRコルのSurg ENGL 、86 (2004 )、PP。119 – 121 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 45 J. 坂本、Y. 森本、S. 石井、J. 中野、Y. 真鍋、M. 沖田、ら。 股関節疾患患者における参照痛の調査と肉眼解剖学的研究 J Phys Ther Sci 、26 (2014 )、pp。203 – 208 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 46 JS ティプトン 栓塞子神経障害 Curr Rev Musculoskelet Med 、1 (2008 )、pp。234 – 237 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 47 LM Tibor 、JK 関谷 股関節周囲の疼痛の鑑別診断 Arthroscopy 、24 (2008 )、pp。1407 – 1421 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 48 YC リー、B. 呂、JM Bathon 、JA Haythornthwaite 、MT スミス、GG ページ、ら。 変形性関節症における疼痛感受性と疼痛反応性 Arthritis Care Res(Hoboken)、63 (2011 )、pp。320 – 327 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 49 Bastick 、J. Runhaar 、JN ベロ、SM Bierma-Zeinstra 膝の変形性関節症の臨床進行の予後因子:観察研究の系統的レビュー Arthritis Res Ther、17(2015)、p。152 Google Scholar 50 SA Sayeed 、RT Trousdale 、SA Barnes 、KR Kaufman 、MW Pagnano プライマリチャーン股関節全置換術後10年以内の関節形成術 Am J Orthop(Belle Mead NJ)、38 (2009 )、pp。E141 – E143 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 51 J. Bedson 、PR Croft 臨床とX線撮影の変形性膝関節症の間の不一致:系統的検索と文献の要約 BMC Musculoskelet Disord 、9 (2008 )、p。116 Google Scholar 52 KE Ensrud 、DE Thompson 、JA Cauley 、MC Nevitt 、DM Kado 、MC Hochberg など。 一般的な椎体奇形は、低骨量の高齢女性における死亡率と入院を予測する。骨折介入試験研究グループ JアムGeriatr SOC 、48 (2000 )、頁241 – 249 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 53 T. Neogi 、D. Felson 、J. 丹生、M. Nevitt 、CE ルイス、P. Aliabadi 、ら。 変形性膝関節症のX線像と疼痛との関連:2つのコホート研究の結果 BMJ 、21 (2009 )、頁339 – 345 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 著作権©2015変形性関節症研究協会インターナショナル。Elsevier Ltd.が発行します。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1063458415013503