このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
それが認識されないか未治療であるかもしれないので、終末期の痛みは大きな関心事であり続けています。看護師は苦しみを減らすという倫理的義務を負っていますが、終末期における適切で適切な疼痛管理に関しては障壁が残っています。米国疼痛管理看護・ホスピス・緩和看護師協会のこの共同意見書には、この脆弱な人々の疼痛管理を改善する看護師、処方医、および施設に対する勧告が含まれています。
前の記事次の記事
アメリカのための協会疼痛管理の看護(ASPMN)とホスピスや緩和ケア看護師協会(HPNA)は、看護師や他のことを位置保持する医療提供者は、効果的、効率的、かつ安全な痛みとを提唱しなければならない症状管理をすべての患者受入のために苦しんで軽減するために、エンド年齢、病気、薬物の乱用歴、または医療現場に関わらず、終末期医療。この見解声明は、深刻な病気にかかり、数日から数カ月の予後を持つ個人の特別なニーズに向けられています。積極的な治療を受けている人や長期生存者である人への直接のケアには他のガイドラインが利用可能である( Chou et al。、2009、Dowellら、2016、Paiceら、2016、Ripamontiら、2012、Swarmら、2013)。この意見書に示されている勧告に加えて、著者らは学際的緩和ケアチームとの早期ケア統合および適切な場合にはホスピスへの紹介を支持する(Ferrell et al。、2017)。
バックグラウンド
終末期に向けての痛みの有病率は容認できないほど高いままである。ホスピスに在籍している高齢者介護施設入居者に関する最近の研究では、疼痛の有病率は60%近くであった(Hunnicutt、Tjia、&Lapane、2017 )。40年にわたる52の研究のメタアナリシスは、進行がん患者の64%が痛みを持っていることを発見しました。レビューされた研究における全患者の3分の1は、その痛みを中等度または重度と評価した(van den Beuken-van Everdingen et al。、2007b )。根治的または緩和的化学療法がもはや実現不可能であった個人では、癌性疼痛の有病率は75%に増加した(van den Beuken-van Everdingen et al。、2007a )。で終末期の症状の有病率の系統的レビューでは、疼痛の全体的な有病率は52.4%と同定された(Kehl&Kowalkowski、2013 )。緩和ケア病棟(70%)、緩和ケア支援を受けている急性病院(8.7%)、または在宅(8.7%)のいずれかで切迫して死亡した18,975人の患者における症状の強度と罹患率の両方を記述する連続コホート研究症状のある患者の半数以上が苦痛な症状を経験していませんでしたが、22.2%が疼痛を問題があると識別し、4.2%が重度の疼痛を報告しました(Clark et al。、2016)。
患者、家族、そして医療提供者からの見解を含む良い死の定義を調べるために、公表された研究の文献レビューは、回答者の81%によって確認された良い死の本質的な核心は「無痛状態」 (Meier et al。、2016 )同様に、病院で死亡した患者とその家族によって特定された終末期ケアの最も重要な要素を決定する目的で、最近の系統的レビューが行われました。疼痛および他の症状の管理を含む専門家によるケアは、必要不可欠な終末期ケア領域の1つとして特定された(Virdun et al。、2015、Virdun et al。、2017)。
ほとんどの場合、進行した病気の患者に感じられる一連の症状と実存的苦痛は、最適な治療を通して予防または軽減することができます。しかし、遺族や遺族の友人へのインタビューを利用した研究では、これらの愛する人は、終末期(25.2%)に患者が未だ痛み管理を必要としていないと報告した(Teno、Freedman、Kasper Gozalo、&Mor、2015年)。この発見および他の多くの研究は、終末期の人々のための疼痛管理を改善するための継続的な必要性を強化している(Ziegler、Mulvey、Blenkinsopp、Petty、およびBennett、2016)。
終末期における効果的な疼痛および症状管理は、死亡を加速するのではなく、生活の質を高め、そして寿命を延ばす可能性がある(Sutradhar et al。、2014 )。5件の研究のレビューでは、治療の開始またはオピオイドまたは鎮静薬の投与量の増加が死亡の促進に関連しているという証拠はないことがわかった(Sykes&Thorns、2003 )。在宅ケアを受けた患者の後ろ向き研究では、オピオイドの使用、高用量のオピオイドまたは漸増用量でさえ生存期間を短縮しないことがわかった(Bengoechea、Gutierrez、Vrotsou、Onaindia、&Lopez、2010)これとは反対の証拠にもかかわらず、看護師は、症状の管理におけるオピオイドの使用が直面している倫理的ジレンマの1つであると認識し続けています(Cheon、Coyle、Wiegand、&Welsh、2015)。終末期の薬物使用に関する看護師の認識を探究するための研究で、彼らは彼らの主な恐れとして急死と呼吸を減少させる可能性を報告した(Howes、2015)。
看護師は、患者の痛みに対処するために臨床的に優れた治療を提供するという倫理的責任を負っています。臨床的に優れた疼痛管理は、臨床徴候、疼痛管理のための目標の相互認証、相互プロのコラボレーション、の意識考えてプロの基準痛みの異なる種類の評価と管理のために。」(ANAポジションステートメント痛みと苦しみを管理するために、倫理的責任 – 声明の草案)(アメリカ看護師協会、2017)
したがって、看護師は症状管理のために処方された根拠に基づいた有効量の薬を使用しなければならず、処方された薬が疼痛および他の苦痛な症状を管理していないとき看護師は患者に代わって支持しなければならない。さらに、看護師は、必要に応じて、心理学的アプローチ、理学療法、統合的療法、および介入技術を含む非薬理学的療法を提唱しなければなりません。
臨床的に優れたケアを提供するためには、看護師は疼痛の評価と治療に対する障壁を認識していなければなりません。痛みの未治療は、自分自身のために話すことができない個人、特に幼児や子供、および発達的または認知的に障害のある個人においてより一般的です(Herr、Coyne、McCaffery、Manworren、およびMerkel、2011 )。過少のリスクが他のグループは、高齢者の歴史を持つものが含まれる物質使用障害を、限られた社会的・経済的資源を持つもの、およびプロ自分の健康ケアのこと(異なる言語を話す人々グレコら、2014年、オリバーら、2012年、Paice and Von Roenn、2014年)。
介護に対する障壁
終末期における最適な疼痛管理に対する障害は様々な形で起こる(Kwon、2014、White et al。、2012)。これらの障壁の存在は、それほど効果的ではない疼痛管理と関連している(Gunnarsdottirら、2017年、Mayaharaら、2015年)。3つの主要なカテゴリに分けられますが、項目は1つのグループだけに限定されません。
患者さんとご家族

悪化の兆候として痛みを因果的に結びつける、患者や家族による否定

痛みの増加は病気の進行を告げるものであることを恐れて

患者さんや家族は、痛みは病気の本質的な部分であり、軽減することはできないと考えています

ストイシズム

認知的および感情的要因

中毒や虐待の恐れ
医療提供者

疼痛の不適切な評価(その存在を否定すること、および指示された場合に各患者の特別なニーズに合わせて設計された評価尺度を利用しないことを含む)

心理的、社会的、文化的、および精神的な側面を含む、痛みの世界的な性質の認識の欠如

危害を加えることへの恐れ、悪影響、および/またはオピオイドの有効性に対する耐性

流用の恐れ

中毒の恐れ

法的問題への恐怖

処方者の窮状 – 処方者が疼痛または緩和ケアの専門家に援助を求めないことを選択した場合

効果的な並行非薬理学的対策の除外
医療制度

制限のある処方、オピオイドへのアクセス制限、または適切な治療を妨げる費用の禁止

理学療法や作業療法、メンタルヘルスカウンセリングなど、多くの効果的な治療のための限定保険

疼痛および緩和ケアの専門家がいないこと

適切な疼痛教育への支援の欠如と困難な疼痛症例のためのリソース
定義
終末期ケア
終末期医療とは、死を取り巻く時期に行われる支援と医療を表す用語です。そのような注意は、呼吸が最終的に止まり心臓が鼓動するのを止める前の瞬間には起こらない。人生の終わりには、それぞれの物語は異なります。突然死が来るか、または人が長引くと、徐々に失敗します。高齢者はしばしば1つまたは複数の慢性疾患を抱えながら生活し、死亡しており、数日、数週間、場合によっては数ヶ月間もケアを必要としている( National Institute on Aging、2017)。
緩和ケア
緩和ケアとは、苦しみを予測し、予防し、治療することによって生活の質を最適化する、患者と家族を中心としたケアを意味します。病気の連続体全体にわたる緩和ケアは、身体的、知的、感情的、社会的、そして霊的な必要性に取り組み、患者の自律性、情報へのアクセス、そして選択を容易にすることを含む(2013年の質の高い緩和ケアの全国合意プロジェクト)。
倫理的配慮
看護師は痛みや苦しみを和らげる倫理的責任を負っています(American Nurses Association、2017年5月9日)。終末期に患者の世話をする看護師は、苦しみを和らげるための薬の提供は、受け入れられている倫理的および法的原則と矛盾しないことを認識するべきです。さらに、特に確立されたガイドラインを使用して提供されている場合、深刻な病気の患者へのオピオイド投与による死亡を早める危険性は最小限であるという認識がなければなりません。統治慣行が恩恵、非誠実、自治、正義の倫理観をもって終末期ケアを導き続ける。終末期の疼痛は多くの原因に由来する可能性があり、重篤な診断を受けている人は疼痛および他の症状をその目標に従ってそして職業上の実践基準の範囲内で軽減するに値する。恩恵(他人に恩恵を与える義務)は、痛みを管理し、思いやりのあるケアを提供することを看護師に要求します。非マレフィセンシー(危害を加えない義務)は、安心できない痛みが肉体的および心理的に有害であることを私たちに思い出させます。安全で効果的な疼痛治療を提供することも私たちの責任です。自治とは、患者および/または家族が自己決定する権利を有することを意味します。自治を支えるために、患者と家族は、十分な情報に基づいた決断を下し、彼らの疼痛管理に参加するために必要なすべての情報を与えられなければなりません。正義は、誰もが疼痛管理に対して平等かつ公正なアクセスを持つことを命じています。
看護師、処方者、および医療機関への提言
臨床ケア

終末期患者の疼痛管理の改善につながる、医療提供者のための証拠に基づく教育

すべての患者、特に、死にかけている間に非言語的である患者における、包括的かつ継続的な疼痛および症状管理の本質的な役割の認識

患者の希望と目標を支援するためのすべての医療専門家の説明責任

効果的で、効率的で、そして安全な疼痛管理計画と包括的な評価から得られる結果に重点を置きます。
教育

疼痛管理が医療の中心的価値であり人権であるという教育

すべての痛みが治療に値するという認識

終末期の疼痛管理に対する障壁、疼痛の有害な影響、および適切な疼痛管理の重要性の理解につながる公衆のための教育

オピオイド危機に対する国民の対応は、痛みや苦しみを和らげるという倫理的責任を否定するものではないという教育。
アクセシビリティ

各患者に最も効果的な薬理学的および非薬理学的治療へのアクセス可能性

必要に応じて、疼痛および症状緩和のための疼痛および緩和ケアの専門家へのアクセス可能性

適切な場合はホスピスサービスへのアクセス可能性

法的、立法上、規制上、および医療費の払い戻しの障害を軽減するための適切な方法

薬物乱用のリスクがある場合の中毒専門家との紹介および調整
研究

痛みと症状の管理に関する継続的な研究。
概要
特に人生の終わりに、痛みを和らげることよりも、私たちが患者のためにすることは生活の質にとってもっと基本的なことではありません。看護師として、私たちは人道的かつ尊厳のあるケアを継続的に提唱し、例外なく倫理的、効果的な疼痛および症状管理を促進しなければなりません。
参考文献
アメリカ看護師協会、2017
アメリカ看護師協会。(2017年5月9日)痛みと苦しみを管理するための倫理的責任。http://nursingworld.org/HomepageCategory/NursingInsider/Archive-1/2017-NI/June17-NI/CallforPublicComment-EthicalResponsibilityManagePainSuffering.htmlから取得しました。2017年11月25日アクセス
Google Scholar
Bengoechea et al。、2010
I. Bengoechea 、SG Gutierrez 、K. Vrotsou 、MJ Onaindia 、JM Lopez
オピオイドの使用終末期の家庭内病院での生存
Journal of Palliative Medicine 、13 (9 )(2010 )、pp。1079 – 1083
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Cheon et al。、2015
J. チョン、N. Coyleの、DL ウィーガンド、S. ウェールズ
ホスピスと緩和看護師が経験する倫理的な問題
ホスピスと緩和看護のジャーナル、17 (1 )(2015 )、頁。7 – 13
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Chou et al。、2009
R. チョウ、GJ Fanciullo 、PG ファイン、JA アドラー、JC バランタイン、P. デイヴィス、MI ドノバン、DA Fishbain 、KM フォーリー、J. Fudin 、AM ギルソン、A. ケラー、A. Mauskop 、PG オコナー、SD Passik 、GW Pasternak 、RK Portenoy、BA リッチ、RG ロバーツ、KH トッド、C. Miaskowski
慢性非癌性疼痛における慢性オピオイド療法の使用のための臨床ガイドライン
Journal of Pain 、10 (2 )(2009 )、pp。113 – 130
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
Clark et al。、2016
K. クラーク、A。 コノリー、S。 クラファム、K。 クインシー、K。 イーガー、DC Currow
死亡時の身体的症状が診断された。診断とケアの場所による患者
Journal of Palliative Medicine 、19 (12 )(2016 )、pp。1288 – 1295
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Dowell et al。、2016
D. Dowell 、TM Haegerich 、R. Chou
慢性疼痛に対するオピオイド処方に関するCDCガイドライン – 米国、2016年
MMWR勧告とレポート、65 (1 )(2016 )、頁1 – 49
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Ferrell et al。、2017
BR フェレル、JS Temel 、S. テミン、ER アレジ、TA Balboni 、EM Basch 、JI フィルン、JA ペイス、JM 胡椒、T. フィリップス、EL ストーバルズ、C. ジマーマン、TJ スミス
標準がんケアに緩和ケアの統合:アメリカ臨床腫瘍学会臨床診療ガイドライン更新
Journal of Clinical Oncology誌、35 (1 )(2017 )、頁96 – 112
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Greco et al。、2014
MT グレコ、A. ロベルト、O. Corli 、S. Deandrea 、E. Bandieri 、S. Cavuto 、G. Apolone
癌性疼痛管理の質:癌患者の過少の系統的レビューの更新
Journal of Clinical Oncology 、32 (36 )(2014 )、pp。4149 – 4154
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Gunnarsdottir et al。、2017
S. Gunnarsdottir 、V. Sigurdardottir 、M. Kloke 、L. Radbruch 、R. Sabatowski 、S. Kaasa 、P. Klepstad
がん疼痛管理への態度の障壁の多施設共同研究
Support Care Cancer 、25 (11 )(2017 )、pp。3595 – 3602
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Herr et al。、2011
K. 君、PJ コイン、M. マカフェリー、R. Manworren 、S. メルケル
自己申告にできない患者の痛みの評価:臨床実践勧告に位置声明
疼痛管理看護、12 (4 )(2011 )、pp。230 – 250
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
Howes、2015年
急性期医療環境における終末期の薬物使用に対する
J. Howes
看護師の認識
ホスピスと緩和看護のジャーナル、17 (5 )(2015 )、pp。508 – 515
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Hunnicutt et al。、2017
JN Hunnicutt 、J. Tjia 、KL Lapane
がんの養護老人ホーム居住者におけるホスピスの使用および疼痛管理
痛みと症状の管理、53 (3 )(2017 )、pp。561 – 570
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
Kehl and Kowalkowski、2013
KA Kehl 、JA Kowalkowski
人生の最後の2週間における差し迫った死の兆候と症状の有病率の系統的レビュー
アメリカンジャーナルオブホスピス&緩和ケア、30 (6 )(2013 )、pp。601 – 616
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
クォン、2014
JH クォン・
がん性疼痛管理における障壁を克服します
Journal of Clinical Oncology 、32 (16 )(2014 )、pp。1727 – 1733
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Mayahara et al。、2015
M. Mayahara 、MD フォアマン、J. ウィルバー、JA ペイス、LF フォッグ
鎮痛薬投与の推奨と患者転帰の遵守に疼痛管理にホスピス素人の介護者障壁の影響
疼痛管理看護、16 (3 )(2015 )、pp。249 – 256
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
Meier et al。、2016
EA Meier 、JV Gallegos 、LP トーマス、CA Depp 、SA Irwin 、DV Jeste
良い死を定義すること(成功した死):文献レビューと研究と公の対話の呼びかけ
アメリカ老人精神医学会、24 (4 )(2016 )、pp。261 – 271
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
2013年質緩和ケアのための全国合意プロジェクト
質の高い緩和ケアのための全国コンセンサスプロジェクト質の高い緩和ケアのための
臨床診療ガイドライン
(第3版)、著者、ピッツバーグ、PA (2013 )
Google Scholar
国立老化研究所、nd
老化に関する国立研究所。(2017)終末期医療とは何ですか?https://www.nia.nih.gov/health/what-end-life-careから取得しました。2017年11月25日アクセス
Google Scholar
Oliver et al。、2012
J. オリバー、C. コギンズ、P. コンプトン、S. ハガン、D. Matteliano 、M. スタントン、B. セントマリー、S. Strobbe 、HN ターナー
疼痛管理看護位置文のアメリカの社会:物質の患者の疼痛管理障害を使う
疼痛管理看護、13 (3 )(2012 )、pp。169 – 183
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
Paice et al。、2016
JA ペイス、R. Portenoy 、C. Lacchetti 、T. キャンベル、A. Cheville 、M. シトロン、LS Constine 、A. クーパー、P. グレア、F. Keefeさん、L. Koyyalagunta 、M. レヴィ、C. Miaskowski 、S. オーティスグリーン、P。 スローン、E。 ブリューラ
成人癌の生存者における慢性疼痛の管理:米国臨床腫瘍学会臨床診療ガイドライン
Journal of Clinical Oncology 、34 (27 )(2016 )、pp。3325 – 3345
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Paice and Von Roenn、2014年
JA Paice 、JH Von Roenn
癌患者における疼痛の過少治療または過剰治療:適切なバランスを達成する方法
Journal of Clinical Oncology 、32 (16 )(2014 )、pp。1721 – 1726
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Ripamonti et al。、2012
CI リパモンティ、D. サンティーニ、E. Maranzano 、M. ベルティ、F. Roila
癌性疼痛の管理:ESMO診療ガイドライン
Annals of Oncology 、23 (補遺7 )(2012 )、pp。vii139 – vii154
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Sutradhar et al。、2014
R. Sutradhar 、C. Atzema 、H. Seowさん、C. アール、J. ポーター、L. バルベラ
症状の重症度の評価を繰り返すには、癌患者の死亡リスクの予測を改善します
Journal of Painの症状管理、48 (6 )(2014 )、pp。1041 – 1049
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
Swarm et al。、2013
RA 群発、AP Abernethy 、DL Anghelescu 、C. ベネデッティ、S. ブガ、C. Cleeland 、OA Deleon-Casasola 、JG Eilers 、B. フェレル、M. グリーン、NA Janjan 、MM Kamdar 、MH レヴィ、M. リンチ、RM マクドウェル、N。 モリル、SA Nesbit、JA ペイス、MW Rabow 、KL Syrjala 、SG Urba 、SM ワインスタイン、M. ドワイヤー、R. Kumar氏、国立総合がんネットワーク
大人のがん性疼痛
Journal of the National Comprehensive Cancer Network 、11 (8 )(2013 )、pp。992 – 1022
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Sykes and Thorns、2003年
N. Sykes 、A. Thorns
終末期のオピオイドと鎮静薬の使用
Lancet Oncology 、4 (5 )(2003 )、pp。312 – 318
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
Teno et al。、2015
JM TENO 、VA フリードマン、JD カスパー、P. Gozalo 、V. Morのは
、米国で死ぬ改善のためのケアですか?
Journal of Palliative Medicine 、18 (8 )(2015 )、pp。662 – 666
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
van den Beuken-van Everdingen et al。、2007a
MHの ヴァンデンBeuken-バンEverdingen 、JM デRijke 、AG Kessels 、HC スハウテン、M. バンKleef 、J. Patijn
オランダの大規模な集団ベースの研究でがん患者の痛みの有病率が高いです
Pain 、132 (3 )(2007 )、pp。312 – 320
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
van den Beuken-van Everdingen et al。、2007b
MHの ヴァンデンBeuken-バンEverdingen 、JM デRijke 、AG Kessels 、HC スハウテン、M. バンKleef 、J. Patijn
がん患者の痛みの有病率:過去40年間の系統的レビュー
Annals of Oncology 、18 (9 )(2007 )、pp。1437 – 1449
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Virdun et al。、2015
C. Virdun 、T. Luckett 、PM ダビッドソン、J. フィリップス
病院で死ぬ:患者さんとその家族が最も重要であるとランク付けすることをターミナルケアの要素を識別し、定量的研究の系統的レビュー
緩和医療、29 (9 )(2015 )、pp。774 – 796
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Virdunら、2017
C. Virdun 、T. Luckett 、K. ローレンツ、PM ダビッドソン、J. フィリップス
病院で死ぬ:患者とその家族が重要であると記述していることターミナルケアの要素を特定するメタ合成
緩和医療、31 (7 )(2017 )、pp。587 – 601
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
White et al。、2012
KR White 、PJ Coyne 、S. White
ホスピスおよび緩和ケア看護師は、終末期医療のために適切に準備されていますか
ホスピスと緩和ケアの看護、14 (2 )(2012 )、pp。133 – 140
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Ziegler et al。、2016
L. チーグラー、M. Mulvey 、A. Blenkinsopp 、D. ペティ、MI ベネット
人生の最後の年でがん患者のために処方オピオイド:縦人口のコホート研究
Pain 、157 (11 )(2016 )、pp。2445 – 2451
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
要約を見る
©2017疼痛管理看護学会により

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1524904217305957