このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
特発性側弯症(IS)の湾曲の矯正のための手術後の若者における重度の慢性疼痛の治療は、2つの症例歴を通して提示されている。効果的な治療法は、脊椎への痛みを指すことが知られている筋筋膜誘発点(TrP)の放出、ならびに関連する筋膜および関節機能不全の治療法を含んでいた。脊髄領域の痛みの一因となっていることが判明したTrPは、傍脊椎の筋肉ではなく、脊椎からある程度離れた筋肉に位置していました。これらのTrPからの関連する疼痛は明らかに頸部と胸腰椎の基部全体の疼痛の原因となっていた。一人の患者に対して、ロッド留置後の疼痛に対処するための探索的手術が検討されたが、筋筋膜痛および関節機能不全の治療により疼痛が抑制された場合、第二の手術は不要となった。もう一人は脊柱側弯症と過リンパ腫を併発し、最初に脊柱側弯症手術を受けた後、最初の手術後の持続性の痛みに対処するためにハードウェアを取り外すために2回目の手術を受けました。しかし2回目の手術では彼女の痛みは軽減されませんでした。どちらの場合も、脊柱側弯症矯正手術後に重度の慢性疼痛を有するこれらの個人筋筋膜治療後の痛みの著しい減少を経験した。後述するように、脊柱側弯症矯正手術を受けた少数の個人が2回目の手術を必要とすると考えられているという事実にもかかわらず、そして疼痛がそのような修正手術をもたらす最も一般的な理由であるという事実にもかかわらず、筋筋膜痛症候群(MPS)これまで明らかに彼らの痛みの原因として考えられていなかったようです。
前の記事次の記事
キーワード
後期手術部位の痛み側弯症特発性側弯症筋筋膜痛症候群慢性の痛み筋膜痛良性関節ハイパーモビリティ症候群
著作権©2014 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1360859214000734