このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

Cz上のtDCSが関節の柔軟性を変更するかどうかを調べた。

我々は、Czに対する陰極tDCSが足首関節の柔軟性を高めることを観察した。

関節の柔軟性は、感覚運動皮質の興奮性を調節することによって変化します。
抽象
関節の柔軟性は、機械的要因と神経的要因の両方に依存します。ただし、神経因子の貢献は完全には理解されていません。感覚運動皮質が関節の柔軟性に関与しているという仮説をテストするには、Czの経頭蓋直流刺激(tDCS)足首と手首の柔軟性を健康な参加者に変更するかどうかを調べた。8人の男性参加者において、左足首および手首の可動域は受動 – 背屈テスト中に測定された。また、足首の背屈に対する不本意な抵抗を表す受動トルクも評価しました。参加者は、Czに対する陽極、陰極、および擬似tDCSの前後に受動背屈テストを実施した。電流 を2.0の強度で10分間印加した。 陽極および陰極tDCS中のmA。カソードtDCSは、足首の可動域を10.5%増加させたが、手首の可動域は有意に増加させなかった。陽極も偽tDCSも有意な影響を及ぼさなかった。機械的効果を示す0°、5°、10°、および15°での受動トルクは変化しなかったため、Czに対する陰極tDCSは、関節角度または痛みの知覚などの神経因子に影響を与えた可能性があります。これらの結果は、感覚運動皮質が関節の柔軟性に関与していることを示唆している。
前の記事次の記事
キーワード
関節の柔軟性大脳皮質tDCS神経調節痛みの知覚関節可動域受動トルク
1
現在の住所:464-8601名古屋市千草区風町名古屋大学健康体育総合研究センター
©2016発行Elsevier Ireland Ltd.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0168010216301262