このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
関節痛は変形性膝関節症(OA)の主な症状ですが、歩行の膝関節力学に対する痛みと疼痛緩和の効果は明ら​​かではありません。この研究では、歩行中の膝関節負荷に対する局所的な膝関節鎮痛の効果を膝変形性関節症患者のグループで研究した。健康な被験者の群を参照群として含めた。関節荷重は、標準化された歩行速度(4km / h)で得られた標準歩容分析データから計算された。歩行分析は、10mLのリドカイン(1%)の関節内注射による疼痛緩和の前後に行った。注射前測定では、参照群と比較してOA群の関節負荷が低いことが明らかになった。注射後の歩行中の痛みは有意に減少し、そして関節負荷は、後期単一支持期の間に参照群と同程度のレベルまでOA群において増加した。患者は参照群と比較してより少ない圧縮性膝関節力で歩行したが、疼痛緩和の効果は変性変化を加速する可能性がある。
前の記事次の記事
キーワード
変形性膝関節症歩容分析疼痛ジョイント荷重
著作権©2006 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0968016006001402