このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
前書き
人工膝関節全置換術(TKA)は、変形性関節症患者の可動性と生活の質を改善するための一般的な手技です。TKA後の術後疼痛管理管理は、患者の満足度と機能回復に関連するため、依然として懸念事項です。
術後の痛みを軽減し、TKA後の急速な回復を促進するために、多くの麻酔法とテクニックが研究されてきました。本研究の目的は、TKA後の疼痛管理における最良の麻酔治療を評価することであった。
方法
51人の患者が無作為化前向き研究に含まれ、3つのグループに分けられた。鎮痛薬プロトコルが実施されていない最初の群(CG)(対照群)。第2群(LIA群)は、術中局所浸潤麻酔(LIA)(2つのロピバカイン75mg / 10mL +アドレナリン100μg / 10mL +生理的溶液の60ml混合物)を受けた。第3群(FNB群)は大腿神経ブロック(FNB)のみを有した。5,24,48時間後および1週間後の視覚的アナログ尺度(VAS)、1、2、7日後のモルヒネ消費および可動域(ROM)を含む連続転帰。
結果
VASスコアに関して全ての群の間に有意差があった(p <0.001):手術の5時間後(4.55、2.15、1.82)。24時間(4.15、2.65、3.36)。48時間(3.85、2.45、2.73)。1週間の時点で(2.95、1.80、1.64)、それぞれグループCG、LIA、FNB。 ROMはLIAおよびFNB群でCGよりも優れていた:手術後1ダイで(44°、50°、54°)。3個のダイで(69°、70°、71°)。CG、LIA、FNBの群についてそれぞれ7回の死亡(91°、98°、98°)であった(p <0.001)。 討論 LIAおよびFNB群は両方とも、CG(対照群)よりもVASスコアの有意な減少、より​​良好な可動域およびより少ないモルヒネ消費を示した。LIAグループは術後数日間、一定の疼痛管理を得ています。FNB群は手術後数時間で良好な疼痛管理を示し、翌日には有効性が低下した。 結論 LKAをTKAの参照疼痛管理として定義するためには、さらなる研究が依然として必要です。 キーワード 局所浸潤麻酔人工膝関節置換術大腿神経ブロック術後疼痛管理管理 ©2018デリー整形外科協会。全著作権所有。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0976566218304326