このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
目的
有病率と鎮痛薬の変化を評価するには、2001年から2012年の間に高齢患者の関節置換術の前に使用します。
方法
集団ベースの疫学的研究が行われた。オピオイド、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、パラセタモール、コルチコステロイド注射、神経因性疼痛治療薬、催眠薬、膝関節全置換術の1年前に弛緩薬(TKR、 n = 15,517)および股関節置換術(THR、n = 10,018)を評価した。患者の特徴および外科的適応症で調整された有病率比(PR)および95%信頼区間(CI)が提供される。
結果
2001年から2012年までのTKRコホート(78.9歳中央値)では、手術前のオピオイド使用率は37%から49%に上昇しました(PR = 1.01、95%CI 1.00-1.01、P = 0.01)。コホート(年齢中央値81.1)は44%から54%に増加した(PR = 1.01、95%CI 1.01-1.02、P <0.001)。パラセタモールの使用 は、TKRコホートでは52%から61%(PR = 1.0、95%CI 1.0〜1.0、P = 0.913)、そして55%から67%(PR = 1.01、95%CI 1.00〜1.01、P =)に増加した。THRコホートでは0.005)。神経因性疼痛治療​​薬の使用は、TKRコホートで5%から11%(PR = 1.04、95%CI 1.02-1.06、P <0.0001)、THRコホートで6%から12%(PR = 1.06、95%CI )に増加した。 1.04〜1.09、P <0.0001)。NSAIDの使用は、TKRコホートでは76%から50%に減少し(PR = 0.96、95%CI 0.95〜0.96、P <0.0001)、THRコホートでは81%から47%に減少した(PR = 0.95、95%CI 0.94〜)。 0.95、P <0.0001)。コルチコステロイド注射の有病率もまた減少した(TKR:21〜18%、PR = 0.97、95%CI 0.96〜0.97、P <0.001、THR:18〜17 %、PR = 0.97、95%CI 0.96〜0.98、P <0.001) 。 結論 関節置換術の前の鎮痛剤の利用は、2000年代にこの全国的に高齢の患者集団において有意に変化した。 前の記事次の記事 キーワード 全関節置換術鎮痛薬オピオイド ©2017変形性関節症研究協会インターナショナルに代わってElsevier Ltdが発行しました。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1063458417313699