このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
目的
私たちは、診断、管理、および成果の特徴づけることを目的としたマイコバクテリウム結核補綴関節感染(PJIを)。
方法
7つの紹介フランスのセンターで文書化された結核菌 PJIの症例を遡及的にレビューした。データは標準化された質問表の医療ファイルから集められた。「人工関節」と「結核」というキーワードを用いて文献レビューを行いました。
結果
年1997-2016の間、13人の患者(8人の男性、5人の女性、年齢中央値79歳[範囲、60から86])は、文書化した結核菌 HIPを含む、PJIを(N  = 6)、膝(N  = 6)、または肩(n  = 1)関節形成術から診断までの期間の中央値は9年でした[0.4–20]。診断は関節吸引物(n  = 9)または滑膜組織(n  = 4)で得られた。試験した全ての場合においてPCRは陽性であった(5/5)。抗結核治療の期間の中央値は14ヶ月でした[6–32]。9人の患者が手術を受けた:創面切除(n  = 4)、切除関節形成術(n) = 3)、および修正関節形成術(1段階交換、n  = 2)。PJIは12人の患者で制御されました。文書化された結核菌 PJIの17の追加症例が報告されており、手術を受けていない患者の79%(11/14)、創面切除術を受けた85%(11/13)、修正を伴った86%(19/22)関節形成術、および切除(NS)と81%(17/21)。
結論
結核菌 PJIは、ほとんどの場合、外科的治療の有無にかかわらず、長期の抗結核治療で管理することができます。
前の記事次の記事
キーワード
人工関節結核菌関節形成術創面切除抗結核薬
前書き
マイコバクテリウム結核はまれな原因である補綴関節の感染症、結核の有病率が高いとのほとんどの国は補綴へのアクセスが限られているとして、(PJI)形成術を。さらに、診断はPJIに対して日常的に実施されていない特定の検査に頼っているので、 結核菌の PJI症例のかなりの割合がおそらく診断未確定のままである。1、 2 結核PJIは、活動性結核の関節外焦点の血行広がりから、またはローカルの再活性化から生じ得る潜在性結核も結核の既知の病歴のない患者では、。3人の結核菌PJIはまた、関節形成術の時までに診断されていない、変形性関節症を模倣している、天然の関節の活発な結核からも生じ得る。図4は、これまでに報告例限られた数を考えると、管理するための最適な戦略結核 PJIは、結核のための診療ガイドラインとして、まだ議論の余地があります。5およびPJIについては、6はM. tuberculosis PJIについて特に推奨されていない。特に、人工関節を取り外す必要があるかどうかは不明である。結核菌PJIは一般的な状態が悪い高齢の患者に頻繁に発生するため、この問題は重要です。そして高い外科的危険性。3、7、より良い特徴づけるために結核菌 PJIは、我々は13の連続した例私たち自身の経験を報告し、経営と結果に焦点を当て、文献レビューを行いました。
方法
私たちは行っ後ろ向き研究に文書ですべての患者のをM. 結核 PJIは7つの紹介病院、臨床研究ネットワークのメンバー、1997年から2016年までの管理のGroupe D’EpidémiologieらRECHERCHE専用Infectiologieクリニークセンター・ウエスト西部中(GERICCO)、フランス。研究期間中、これらのセンターで結核菌PJIと診断されたすべての患者は、感染症、整形外科手術、および微生物学の専門家を含む集学的チームによって管理されていました。結核菌陽性のPJIサンプル(関節穿刺液または滑膜組織)が少なくとも1つある患者のみ登録した培養またはPCRによって。関節形成術の時までに先天性関節結核と診断された患者は登録されなかった。症例は、微生物学部門および参加施設の感染症部門からのコンピュータ化されたデータベースを通して同定された。臨床的、生物学的、および微生物学的データは、標準化された質問票、ならびにPJI手術のタイプおよび日付、抗結核薬、ならびに結果を通してカルテから抽出された。担当医師は、結果を好ましい、未知、または好ましくないとして分類するよう求められた。この試験は、レンヌ大学病院の施設内審査委員会によって承認された。文献レビューでは、Medline とEMBASE 2018年1月以前に発行された英語やフランス語の記事のために、キーワード「人工関節感染症」と「結核」を使用。
結果
1997年から2016年の間に、13人の患者(男性8名、女性5、平均年齢79歳[範囲、60から86は、])と診断されたM. 結核 7つの参加センターでPJI。患者の特徴は表1に示されている。結核菌PJIの  診断の2 〜56年前に、6人の患者(46%)が活動性結核、肺(n  = 5)、または播種性(n = 1)と以前に診断されていた。主な併存疾患は、大腸がん(n  = 2)、糖尿病(n  = 1)、および慢性関節リウマチ(n  = 1)でした。PJIは股関節(n  = 6)、膝関節(n  = 6)、または肩関節(n = 6)を伴ったn = 1)。関節形成術からPJI診断までの期間の中央値は9年でした[範囲、0.4〜20]。主な症状は疼痛(n = 9)、発熱(n  = 6)、局所炎症(n  = 6)、体重減少(n  = 6)でした。白血球数中央値は6.3 G / L [範囲、2.3〜8.8]、CRP値中央値は80 mg / L [範囲、14〜183]でした。結核菌PJIの診断は関節穿刺液(n  = 9)または滑膜組織(n  = 4)で得られた。6例の顕微鏡検査で抗酸菌が観察され、培養は結核菌陽性であった。11件 4人の患者において、結核は呼吸器サンプルによっても文書化されました。結核菌 PJIまでに、肺(n  = 2)、肝(n  = 2)、心膜、脾臓、胸膜(それぞれ1人)を含む4人の患者(31%)が結核の活発な局在を示した。9例は多感受性結核であり、2例はイソニアジドに耐性があった。薬剤感受性試験は、PCRによってのみ記録された2つの症例では実施できなかった。注目すべきことに、PCRは試験した全ての場合において陽性であった(5/5)。
表1。診断された患者の特性マイコバクテリウム結核補綴関節の感染たちの施設で(PJI)。
性別、年齢 以前のアクティブ 人工関節 からの時間 Documentatio n個の その他のローカライズの 抗結核薬 外科的治療 結果(治療後)
(年) 結核(TB) 感染した 関節形成術 結核菌 PJI (期間、月) ファローアップ)
感染する
患者1 M、79 小児期の肺結核 膝 7年間 共同吸引(Ziehl-Neelsen、そして文化) 肺、心膜、肝臓 INH / RMP(12)、EMB(4)、PZA(2) 手術なし 良い(1年)
患者2 M、60 小児期に考えられる肺結核 ヒップ 5年 共同吸引(Ziehl-Neelsen、そして文化) – INH / RMP(18)、EMB(14) 手術なし 良い(2年)
患者3 M、84 35年前の肺結核 膝 11年 滑膜組織(PCR、培養) 肝臓、脾臓 INH / RMP(9)、EMB(2) 創面切除 感染の兆候は解消し、突然死にました
患者4 M、79 3年前の肺結核 ヒップ 4年 共同吸引(PCR、および培養) – RMP / PZA(15)、EMB(3)、INH(1)* 修正関節形成術 感染症の徴候は解消しました、悪い全身状態のために死にました
患者5 M、86 いいえ 膝 9歳 共同吸引(PCR) – INH / RMP / OFX(6)、EMB(4) 切除関節形成術 良い(3ヶ月)
患者6 F、85 いいえ 膝 14年 共同吸引(Ziehl-Neelsen、そして文化) – INH / RMP(12)、EMB(2)、PZA(1) 切除関節形成術 良い(2ヶ月)
患者7 F、82 いいえ 膝 9歳 滑膜組織(Ziehl-Neelsen、そして文化) – INH / RMP(15)、PZA(0.5) 切除関節形成術 良い(6ヶ月)
患者8 M、71 1年前の胸膜結核 ヒップ 20年 共同吸引(Ziehl-Neelsen、そして文化) プレウラ 未処理 未処理 診断前に死亡した
患者9 F、64 いいえ ショルダー 5か月 共同吸引(Ziehl-Neelsen、PCR、およびカルチャー) – INH / RMP(32)、PZA(2) 創面切除 良い(3ヶ月)
患者10 F、81 いいえ ヒップ 4年 共同吸引(文化) 肺 INH / RMP(17)、EMB / PZA(2) 創面切除 良い(1年)
患者11 M、61 いいえ ヒップ 2年 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP(9)、EMB(3) 創面切除 良い(8年)
患者12 M、69 2年前に播種性結核 ヒップ 10年 滑膜組織(PCR) – INH / RMP(24)、EMB / PZA(6) 修正関節形成術 良い(6ヶ月)
患者13 F、84 いいえ 膝 3年 共同吸引(文化) – INH / RMP(12)、EMB / PZA(2) 手術なし 良い(まだ治療中)
EMB、エタンブトール。F、女性。INH、イソニアジド。M、男性。OFX、オフロキサシン。PCR、ポリメラーゼ連鎖反応。PZA、ピラジナミド。RMP、リファンピシン。結核、結核。

この患者では、結核菌分離株は薬剤感受性試験においてINHに対して最初の高レベルの耐性を示しました。
治療が含まれる抗結核薬 12人の患者のための(期間中央値、14か月[範囲、6-32])、9人の患者のための手術:デブリドマン(N  = 4)、決定的切除術( N  = 3)、およびリビジョン関節形成術(1-段階交換、n = 2)。PJIは12人の患者で制御することができた。結核の診断が死後に得られたので、発熱、悪液質、および未治療のM. tuberculosis PJIで死亡した71歳の男性で、結核に起因する1人の死亡を含む3人の患者が死亡した(23%)。生存した10人の患者の追跡期間の中央値は結核菌投与後21ヶ月でした。PJIの診断、および結核治療中止の7か月後に[範囲、0 – 8]。
文献レビューは、結核菌 PJIの70のさらなる観察結果を同定した(表2)。2、4、8 – 54
表2。事例マイコバクテリウムは、結核補綴関節の感染症、文献に報告を。
作者、年 性別、年齢 以前の活動性結核 人工関節 からの時間 のドキュメンテーション その他のローカライゼーション 抗結核薬 外科的治療 結果
(年) 感染した 関節形成術 結核菌 PJI (期間、月) (後処理
感染する ファローアップ)
マクラフリン、1977 8 M、 – いいえ ヒップ 1か月未満 NS – NS(NS) 手術なし NS
マッカロー、1977 9 F、77 リンパ節結核 ヒップ 7年間 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP(18)、SM(2) 創面切除 良い(6ヶ月)
ヴォルフガング、1978 10 F、70 いいえ ヒップ 4ヶ月 滑膜組織(組織学、培養) – NS(NS) 手術なし NS
Mouterde、1978 11 M、37 いいえ ヒップ 12か月 NS – NS(NS) 切除関節形成術 NS
ベッセル、1980 12 M、65 いいえ 膝 1か月未満 滑膜組織(組織学) – NS(12) 手術なし 良い(1年)
カーボン、1981 13 F、40 いいえ ヒップ 8ヶ月 NS – NS(NS) 切除関節形成術 良い(5年)
カーボン、1981 13 M、74 いいえ ヒップ 2。5年 NS – NS(NS) 切除関節形成術 良い(5年)
オルソン、1981年14 M、64 いいえ ヒップ 2年 NS – NS(NS) 修正関節形成術(部分) NS
ブライアン、1982 15 F、72 いいえ 膝 8年 共同吸引(文化) 肘関節炎 INH / RMP / PZA(24) 関節固定術 良い(3年)
Hecht、1983 16 M、27 ヒップ結核 ヒップ 3ヶ月 共同吸引(文化) – INH / EMB(NS) 切除関節形成術 良い(1年)
Zeiger、1984 17 F、40 NA 膝 4年 滑膜組織(カルチャー) – NS(NS) 切除関節形成術 NS
レビン、1985 18 F、81 いいえ ヒップ 4年 NS – INH / RMP(36)、SM(3.5) 切除関節形成術 良い(2.5ヶ月)
ヴォルフガング、1985 19 M、61 いいえ 膝 13か月 共同吸引(文化) – INH / RMP(24) 段階的な交換 良い(1年)
デリュウ、1986 20 F、69 いいえ ヒップ 12か月 NS – NS(NS) 切除関節形成術 良い(2年)
デリュウ、1986 20 F、75 いいえ ヒップ 10年 NS – NS(NS) 切除関節形成術 良い(3年)
林、1986 21 F、70 いいえ ヒップ 8ヶ月 NS – NS(NS) 手術なし 良い(4年)
林、1986 21 F、49 いいえ ヒップ 8ヶ月 滑膜組織(組織学) – NS(NS) 手術なし 良い(3年)
レイ、1987 4 M、62 いいえ 膝 1か月未満 滑膜組織(組織学、培養) 肺 INH / RMP / EMB(12) 手術なし 良い(5年)
レイ、1987 4 M、63 いいえ 膝 1か月未満 滑膜組織(組織学)+喀痰(培養) 肺 INH / RMP(12) 手術なし 良い(1.5年)
Eskola、1988 22 M、47 可能性のある膝結核 膝 18か月 共同吸引(文化) – INH / RMP / EMB(12) 創面切除 良い(2年)
バルディニ、1988 23 M、61 いいえ ヒップ 2年 滑膜組織(カルチャー) – NS(NS) 切除関節形成術 良い(4ヶ月)
ゲイル、1991 24 M、67 いいえ 膝 1か月未満 滑膜組織(組織学)+喀痰(培養) 肺 INH / RMP(12)、EMB(6) 手術なし 良い(10年)
Callaghan and Vail、1994 25 M、79 いいえ 膝 10年 NS – NS(NS) 修正関節形成術 NS
ラスク、1995 26 F、75 いいえ 膝 15年間 滑膜組織(組織学、培養) – INH / PZA(6)、RMP(1)、EMB(5) 切除関節形成術 死亡しました(6ヶ月)
徳本、1995 27 F、72 いいえ ヒップ 3年 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP(12) 切除関節形成術 NS
徳本、1995 27 F、71 股関節結核 膝 20か月 共同吸引(文化) – INH / EMB(18) 切除関節形成術 良い(8年)
徳本、1995 27 F、70 いいえ 膝 38歳 共同吸引(文化) – INH / RMP(12) 切除関節形成術 良い(2年)
Ueng、1995 28 M、40 いいえ ヒップ 15年間 共同吸引(文化) 肺 INH / RMP / EMB(12) 切除関節形成術 良い(1年以上)
Ueng、1995 28 M、62 いいえ ヒップ 18か月 滑膜組織(カルチャー) 肺 INH / RMP / PZA(24) 修正関節形成術 良い(3年)
クレダー、1996 29 F、66 いいえ ヒップ 4年 NS – INH / EMB / PZA(9)、RMP(NS) 修正関節形成術(部分) 良い(18ヶ月)
スピナー、1996 25 F、70 いいえ 膝 4。5年 滑膜組織(カルチャー) – INH(NS)、RMP / EMB(12) 創面切除 良い(2.5年)
カールソン、1997年30 M、75 膝結核 ヒップ 4ヶ月 滑膜組織(組織学、培養、PCR) – INH / RMP(12)、PZA(2) 修正関節形成術 良い(6ヶ月)
ベルバリ、1998 31 F、44 いいえ ヒップ 23歳 NS – INH / EMB(16) 切除関節形成術 良い(8年)
ベルバリ、1998 31 M、60 いいえ ヒップ 30年 NS – INH / EMB(19)、RMP(1) 切除関節形成術 良い(10年)
ベルバリ、1998 31 F、52 いいえ ヒップ 10年 NS – INH / RMP(15) 段階的な交換 良い(7年)
Krappel、2000 32 F、67 腹膜および胸膜結核 ヒップ 2ヶ月 滑膜組織(組織学) – INH / RMP(12)、SM(3)、PZA(NS) 修正関節形成術(部分) 良い(2.5年)
Hugate、2002年33 M、71 膝結核 ヒップ 5か月 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP / EMB(12)、PZA(NS) 創面切除 良い(1.2年)
Boeri、2003年34 F、55 いいえ ヒップ 2年 共同吸引(文化) – INH / RMP(17)、EMB / PZA(4) 手術なし 良い(9ヶ月)
Boeri、2003年34 F、47 ヒップ結核 ヒップ 3年 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP(6)、EMB / PZA(3) 修正関節形成術 良い(8年)
フェルナンデス – バレンシア、2003年35 M、78 いいえ ヒップ 6ヵ月 滑膜組織(組織学) – INH / RMP(9)、EMB(3) 切除関節形成術 良い(6年)
アル・シャイク、2003 36 F、73 いいえ 膝 8ヶ月 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP / PZA(12)、EMB(9) 創面切除、遅発性関節固定術 良い(1年)
マーマー、2004 37 M、66 いいえ 膝 2ヶ月 共同吸引、血液(カルチャー) 広めた INH / RMP / PZA(6) 2段階再置換関節形成術 良い(5年)
マーマー、2004 37 F、65 ヒップ結核 膝 3ヶ月 共同吸引(文化) 尿路 INH / RMP / PZA(6) 2段階再置換関節形成術 良い(7年)
マーマー、2004 37 F、77 いいえ 膝 4ヶ月 共同吸引(文化) – INH / EMB / PZA(8) 創面切除 良い(1.5年)
Kaya et al、2006 38 F、72 いいえ ヒップ 9歳 滑膜組織(カルチャー) 肺 INH / EMB / PZA(NS) 切除関節形成術 良い(6ヶ月)
カダキア、2007 39 F、85 いいえ 膝 1か月未満 共同吸引(Ziehl-Neelsen) 肺 NS(6) 手術なし 良い(NS)
カター、2007 40 F、75 いいえ 膝 3ヶ月 滑膜組織(組織学、培養) – INH / EMB(18)、RMP(NS) 切除関節形成術 良い(18ヶ月)
Shanbhag、2007 41 F、59 いいえ ヒップ 15か月 共同吸引(文化) – RMP / EMB / PZA(12) 創面切除 良い(1.5年)
王、2007 42 M、72 肺結核 膝 3年 滑膜組織(カルチャー) 肺 INH / RMP / EMB / PZA(0.7) 創面切除 死亡しました(1ヶ月)
デハーン、2008年43 F、75 膝結核 膝 3ヶ月 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP / EMB / PZA(9) 創面切除 良い(NS)
マーシャル、2008 44 M、48 いいえ 膝 9ヶ月 共同吸引(文化) 肺、神経髄膜 INH / EMB / PZA(1)、MOX(0.5)、RMP(0.5) 手術なし 死亡しました(1ヶ月)
リー、2009年45 F、79 いいえ 膝 2ヶ月 滑膜組織(組織学) – INH / RMP / EMB / PZA(12) 創面切除 良い(13ヶ月)
Neogi、2009年46 F、73 いいえ 膝 14年 滑膜組織(PCR) – INH / RMP(18)、EMB(4)、PZA(7) 手術なし 良い(3年)
アップトン、2009 47 M、39 中枢神経系、尿、関節結核 ヒップ 4年 共同吸引(文化) 脊椎骨髄炎、尿路 MOX / RMP(31)、AMK / CS(2)、PZA(4) 2段階再置換関節形成術 良い(1.7年)
メテ、2012 48 F、32 いいえ ヒップ 5年 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP(12)、EMB / PZA(2) 2段階再置換関節形成術 良い(1年)
デナルド、2012 49 F、67 肺結核の可能性 ヒップ 16か月 共同吸引(PCR) 副腎 INH / RMP(> 18)、EMB / PZA(3) 創面切除 良い(1年)
クライン、2012 50 F、36 性器結核 膝 11か月 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP / EMB / PZA / MOX(19) 2段階再置換関節形成術 良い(3年)
カレガ、2013 51 F、92 いいえ ヒップ 3年 滑膜組織(カルチャー) – INH / EMB(9)、RMP(1)、LVX(NS) 修正関節形成術 良い(6ヶ月)
カレガ、2013 51 M、68 いいえ 手首 2年 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP(14)、EMB / PZA(2) 修正関節形成術 感染症は治癒したが
機能障害(NS)
カレガ、2013 51 F、79 いいえ ヒップ 1か月未満 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP / EMB(5) 2段階再置換関節形成術 良い(1年)
カレガ、2013 51 F、72 いいえ ヒップ 7年間 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP(12)、PZA(2) 2段階再置換関節形成術 良い(1年)
カレガ、2013 51 F、80 いいえ 膝 1か月未満 滑膜組織(組織学、培養) – INH / RMP(14)、PZA(2) 2段階再置換関節形成術 結核には良いが、心臓発作で死亡した(6ヶ月)
ハーウィン、2013 52 F、60 いいえ 膝 7ヶ月 滑膜組織(カルチャー) – INH / RMP(21)、EMB / PZA(12) 修正関節形成術 良い(2年)
Tekin Koruk、2013年53 M、55 いいえ 膝 20日間 共同吸引(文化) – INH / RMP(12)、EMB / PZA(2) 手術なし 良い(18ヶ月)
セン、2016 2 5ケース はい(3/5) ヒップ(4/5)ニー(1/5) 34か月(平均) NS – NS(平均11) 手術なし(1/5)デブリドマン(1/5)2段階再置換関節形成術(3/5) 良い:4/5(平均、24ヶ月); 1人の患者が播種性結核で死亡した
フォン・クーデル、2016 54 M、84 肺結核 膝 5か月 NS – INH / RMP(> 15)、EBB / PZA(12) 修正関節形成術(部分) 良い(1.3年)
AMK、アミカシン。中枢神経系、中枢神経系。CS、シクロセリン。d、日。EMB、エタンブトール。F、女性。INH、イソニアジド。LVX、レボフロキサシン。M、男性。月、月。MOX、モキシフロキサシン。NS、指定されていません。OFX、オフロキサシン。PCR、ポリメラーゼ連鎖反応。PZA、ピラジナミド。RMP、リファンピシン。SM、ストレプトマイシン。結核、結核。y、年
それらは39人の女性と31人の男性で、年齢の中央値は68歳であった[範囲、27 – 92]。以前の結核の病歴は症例の33%で報告された。PJIは、股関節(n  = 38)、膝(n  = 30)、肩(n  = 1)、または手首(n  = 1)で発症し、関節形成術の期間の中央値は1年間(範囲、0〜38歳)でした。そして、M.結核 PJIの診断を。14人の患者(20%)の時点で活動性結核の少なくとも1つの他の部位を有していた結核菌(肺を含むPJI診断、N  = 9)、尿(N  = 2)、及び副腎、肘関節炎、脊椎骨髄炎、神経髄膜、播種性結核(各1患者)。結核は、滑膜組織組織学( n = 31)、滑膜組織培養(n = 26)、関節穿刺培養(n = 19)、または痰培養(n = 8)によってほとんど記録された。顕微鏡検査では、滑膜組織(n = 5)または関節穿刺液(n= 5)のどちらでも収量が低かった。 = 2)。薬剤感受性試験は、13種類の多感受性、2種類のストレプトマイシン耐性、1種類のイソニアジド耐性、および1種類の多剤耐性を含め、17種類の分離株についてのみ可能でした。治療には、中央値12か月間の抗結核薬が含まれました[範囲、5〜36]。手術を受けていない11/14人の患者(79%)、プロテーゼ保持を伴うデブリードマンを受けた11/13人の患者(85%)、プロテーゼ修正を受けた19/22人の患者(86%)で転帰は良好であると報告された。または再移植なしの補綴切除術を受けた17/21人の患者(81%)。
討論
この症例シリーズの主な所見とM. tuberculosis PJI に関する文献レビューは以下の通りである。(i)M. tuberculosis PJIは主に高齢患者に発生し、男性と女性で同様の数を示した。(ii)関節形成術から結核菌のPJI診断までの期間の中央値は、我々の症例シリーズにおいても文献においても1年であり、ばらつきが大きかった(1ヶ月未満から38年まで)。(iii)過去の活動性結核の病歴は、症例の33〜45%にしか見られなかった。(iv)結核菌の PJI診断時までに、患者の20〜33%に少なくとも1つの他の活動性結核の局在、主に肺が認められた。(v)の診断結核菌PJIは通常、滑膜組織および/または関節吸引液から得られた。(vi)手術は主要な予後因子ではなく、切除関節形成術、再置換関節形成術、プロテーゼ保持を伴う創面切除術を受けた患者、さらには手術を受けなかった患者においても同様の良好な結果が得られた。
通常の病原体(例えば、ブドウ球菌、連鎖球菌、腸球菌、腸内細菌科、緑膿菌、嫌気性菌)が関与する場合、手術がPJIの管理に不可欠な要素であることを考えると、後者は全く予想外であった6。しかしながら、我々の症例シリーズと文献データを組み合わせると、手術を受けていない文書化された結核菌 PJIを有する患者の大多数が良好な結果を得た(14/15、93%)。これらの患者は結核菌の 20%しか代表していないがPJI、これは、長期の抗結核治療が相当な割合の症例において治療的であり得ることを示唆している。PJIの管理のためのパラダイムとの第2の矛盾は、プロテーゼが保持された後期PJIの患者における高い成功率である。実際、この状況は通常、1段階または2段階のいずれかで、修正関節形成術の強力な指標と考えられています。しかし、我々の一連の6例及び文献12症例中2、9 、22、25 、34、41 、42、46 、49人の結核菌PJIは、関節形成術後12ヶ月から11年の間に発症したが、デブリードマンの有無にかかわらず、長期の抗結核治療を含む管理戦略を用いて、プロテーゼを除去することなく依然として制御することができた。修正関節形成術を受けた患者に関しては、そのような後ろ向き観察研究から決定的な結論を引き出すことはできないが、1段階修正関節形成術は12/12症例(我々のシリーズの2症例、および10症例で成功した)で概説されなければならない。文献25、28 – 30、32 、34、51 、52、54)。
これらのデータは、結核菌 PJIの管理のための基本的な規則が他の病原体のためにPJIに通常適用されるものと異なる場合があることを示唆している。これは、合併症を伴う、主に高齢者(中年期、私たちのシリーズでは79歳)の結核菌 PJI 患者の集団にとって重要かもしれません:外科的治療が重度の合併症のリスクが高い場合、または集学的チームによって拒否された場合/または患者自身、私たちの研究は、結果が長期抗結核治療でまだ有利であるかもしれないことを示唆しています。M. tuberculosis PJIの管理における手術の重要性が低いことは、結核菌。通常の病原体と比較してはるかに長い倍加時間を特徴とする(例、黄色ブドウ球菌では20〜40分、結核菌では 20時間)。けれどもまた、結核菌のバイオフィルムを生成することができる、55件の 2つのin vitro脊椎インプラントの研究は、容量ことが見出さ結核菌付着およびバイオフィルム形成のためには劇的PJI、のための通常の容疑者と比較して低減される黄色ブドウ球菌、およびS表皮炎。56、57 を含む持続抗結核レジメンリファンピシン、最も活性の抗菌剤私たちのシリーズでは14ヶ月で、文献では12ヶ月の期間のバイオフィルムで、M. tuberculosis PJIのために、手術がなくても治療可能性があります。追跡調査の異質性のために機能的転帰を確実に評価できなかったことを考えると、これは外科手術が結核菌PJIの管理に関心がないことを意味するものではありません。手術は、人工関節のゆるみ(交換関節形成術を必要とする)、または大量の収集(創面切除術およびドレナージを必要とする)などの特定の状況において最も有益である可能性が高い。さらに、我々の研究は、手術が遅発性再発のリスクを減らすことができるかどうかを分析することを目的としていなかった。
この研究には限界があります。第一に、長期(20年)にわたる多施設遡及設計のために、当社の症例シリーズには複数の潜在的な偏りがあります。データ収集とフォローアップは標準化されておらず、管理はセンターごとに異なるだけではありません。しかしまた時間が経つにつれて。しかし、研究期間中、参加センターはGERICCOネットワーク内での積極的な共同作業に関与し、患者は複雑な骨関節感染症および結核に関するフランスのガイドラインに沿って管理されたため、患者管理の違いは限定的でした。第二に、このケースシリーズは、結核菌の他のどのケースシリーズよりも大きいですがPJIはこれまでに公開されていますが、サンプル数には限りがあります。第三に、成功例は失敗と比較して出版のために提出されそして受け入れられる可能性が高いので、文献レビューは出版の偏りの影響を受けやすい。最後に、追跡調査が標準化されていなかったので、利用可能なデータは結果を好ましい、未知、または好ましくないとして分類することを可能にするだけである。我々の症例シリーズと文献における異質な結果評価、および結核が何十年にもわたって潜伏したままである傾向のために、我々は結核が治癒したか、または制御されただけの患者を区別することができない。しかしながら、我々の症例シリーズは結核菌の全症例を含んでいたPJIは試験期間中にGERICCOネットワーク内で文書化されており、私たちの地域における結核菌の PJIの特徴、管理、および結果の代表と見なされる可能性があります。
結論として、このケースシリーズと文献レビューは結核菌 PJIの管理のためのパラダイムが他の病原体に関連したPJIのそれと異なるかもしれないことを示唆しています:結果は手術を受けた患者を含む長期抗結核治療を伴うほとんどのケースで好ましいかもしれません実行できませんでした。
資金調達
この研究のための資金はありませんでした。
利益相反
無し。
作家
すべての作者はデータにアクセスし、原稿の作成に参加しました。
参考文献
1
A Zumla 、M Raviglione 、R Hafner 、C Fordham von Reyn
Tuberculosis
N Engl J Med 、368 (2013 )、p。745 – 755
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
2
P セン、E Honnorat 、V Loffeier 、M Drancourt 、スタイン
結核菌及び人工関節感染
ランセット感染症、16 (2016 )、p。894
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
3
S Veloci 、J Mencarini 、F Lagi 、ベルトラミ G 、Campanacci DA 、Bartoloni A 、ら。
結核性人工関節感染症:2症例報告と文献レビュー
感染、46 (2017 )、頁。55 – 68
Google Scholar
4
膝の結核における
CC Wray 、S Roy
関節形成術:診断失敗の2例
アクタ整形外科Scand 、58 (1987 )、頁296 – 298
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
5
Nahid P、Dorman SE、Alipanah N、Barry PM、Brozek JL、Cattamanchi Aなど。米国臨床診療ガイドラインの公的な米国胸部学会/疾病管理予防/感染症協会のセンター:薬剤感受性結核の治療。Clin Infect Dis 2016; 63:e147-e195。
Google Scholar
6
Osmon DR、Berbari EF、Berendt AR、Lew D、Zimmerli W、Steckelberg JMなど。人工関節感染症の診断と管理:アメリカの感染症の社会によって診療ガイドライン。Clin Infect Dis 2012; 56:e1-e25。
Google Scholar
7
G リッチオ、P. Sendi
抗生物質治療及び期間は結核菌によって引き起こさSSI / PJIで使用する必要がありますか?[G-122]
人工関節感染症に関する第2回国際コンセンサス会議の議事録、フィラデルフィア、ペンシルバニア(2018 )
7月25日〜27日
Google Scholar
8
RE McLaughlin 、R Whitehill
誤嚥および関節造影による痛みを伴う股関節の評価
SURG Gynecol Obstet 、144 (1977年)、PP。381 – 386
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
9
股関節全置換術の遅発性合併症としての
CJ McCullough
結核
Acta Orthop Scand 、48 (1977 )、pp。508 – 510
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
10年
GL Wolfgang
Tuberculosis関節感染症
Clin Orthop Relat Res (1978 )、257 – 263ページ
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
11
P Mouterde 、Deburge
T
人工股関節全置換後uberculous感染。
事件の報告(著者による翻訳)
改訂CHIR整形外科Reparatrice明朝名言、64 (1978 )、頁171 – 174
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
12年
MI Besser
関節の疑わしい結核における人工膝関節全置換術
Br Med J、280(1980)、p。1434年
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
13年
人工股関節の
C カーボン、NV ブライオン、M ダーシー、M トーマス
結核感染症:2症例の報告(著者による翻訳)
Ann Med Inter 、132 (1980 )、pp。124 – 125
Google Scholar
14年
股関節置換
術後のSS オルソン
結核感染
Lakartidningen 、78 (1981 )、1890 – 1891ページ
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
15年
リウマチ患者における
WJ ブライアン、JH ドハティ、TP Sculco
結核。症例報告
CLIN整形外科Relat RES (1982 )、PP。206 – 208
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
16
RH Hecht 、MH Meyers 、M Thornhill-Joynes 、JZ Montgomerie
関節全置換
術後
の結核感染症の再活性化。症例報告
J Bone Jt Surg Am 、65 (1983 )、pp。1015 – 1016
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
17年
LS Zeiger 、W Watters 、H Sherk
結核に続発する人工関節および軟部組織敗血症のシンチグラフィー検出
Clin Nucl Med 、9 (1984 )、pp。638 – 639
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
18年
人工股関節全置換術における感染後期になりすましている
ML Levin
粟粒結核
MDメッドJ 、34 (1985 )、頁153 – 155
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
19年
人工
膝関節全置換術後の
GL Wolfgang
結核関節感染
CLIN整形外科Relat RES (1985 )、頁162 – 166
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
20
F Delrieu 、O Slaoui 、J Evrard 、B アモール
総プロテーゼ以下股関節のマイコバクテリア感染。6例の検討
REV RhumのMal Osteoartic 、53 (1986 )、PP。113 – 118
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
21
E 林、S オリバー、I Caspi 、E エズラ、JJ Bubis 、J Nerubayの
腰の静止マイコバクテリア感染における股関節形成術
整形外科するRev 、15 (1986 )、PP。232 – 236
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
22
A Eskola 、S Santavirta 、YT Konttinen 、K Tallroth 、ST Lindholm
Arthroplasty(膝の古い結核のための)
J Bone Jt Surg Br 、70 (1988 )、pp。767 – 769
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
23
腰部全置換術後の結核菌の
N Baldini 、A Toni 、T Greggi 、A Giunti
ディープ敗血症。症例報告
Arch Orthop Trauma Surg 、107 (1988 )、pp。186 – 188
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
24
活発な結核がある場合の
DW Gale 、ML Harding
人工膝関節全置換術
J Bone Jt Surg Br 、73 (1991 )、pp。1006 – 1007
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
25年
結核の既往歴のない患者における結核菌による
RJ スピナー、DJ セクストン、RD ゴールドナー、LS レビン
末梢部感染症
J Arthroplast 、11 (1996 )、pp。217 – 222
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
26
RH Lusk 、EC Wienke 、TW Milligan 、TE アルバス
結核性および異物性肉芽腫性反応
Arthritis Rheum 、38 (1995 )、pp。1325 – 1327
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
27年
徳本JI、Follansbee SE、Jacobs RA。結核菌による人工関節感染症:3例報告。Clin Infect Dis 1995; 21:134〜136。
Google Scholar
28年
WN Ueng 、CH シー、S Hseuh
股関節全置換術後の感染源として、肺の結核。2例の報告
int型整形外科、19 (1995 )、頁。55 – 59
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
29年
HJ クレダー、JR デイビー
結核感染症を合併した人工股関節全置換術
J Arthroplast 、11 (1996 )、PP。111 – 114
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
30
カールソン、L Sanzén
54年1人の膝での感染後の置き換え腰-再活性化の二国間結核感染
ACTA整形外科Scand 、68 (1997 )、頁。70 – 76
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
31
EF Berbari 、AD ハンセン、MC ダフィー、JM Steckelberg 、DR Osmon
による結核菌の人工関節感染:文献の症例シリーズおよびレビュー
Am J Orthop 、27 (1998 )、pp。219 – 227
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
32
FA Krappel 、U Harland
転子下骨折後の結核菌による骨接合と人工関節感染の失敗:症例報告と文献レビュー
Arch Orthop Trauma Surg 、120 (2000 )、pp。470 – 472
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
33
R Hugate 、VD Pellegrini
人工股関節全置換術後の股関節の古代結核性関節炎の再活性化:症例報告
J骨JTのSurgアム、84-A (2002 )、PP。101 – 105
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
34
C ボエリ、J Gaudias 、JY ジェニー
結核感染を併発総股関節置換
改訂CHIR整形外科Reparatrice明朝名言、89 (2003 )、頁163 – 166
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
35
JA Fernandez-Valencia 、S Garcia 、J Riba
Mycobacterium tuberculosisによる人工股関節の推定感染症:症例報告
アクタ整形外科Belg 、69 (2003 )、頁193 – 196
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
36
R Al-Shaikh 、SB グッドマン
膝関節全置換術後のブドウ球菌重複感染を伴う結核菌感染の遅発
AM J整形外科、32 (2003 )、PP。302 – 305
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
37
M マーマー、N パーネス、S デケル
結核感染症による膝関節全置換術
J Arthroplast 、19 (2004 )、pp。397 – 400
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
38
M カヤ、S 名古屋、T ヤマシタ、N ニイロ、M 藤田
結核の既往歴のない患者における人工股関節周囲結核感染
J Bone Jt Surg Br 、88 (2006 )、pp。394 – 395
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
39
AP Kadakia 、R Williams 、VG Langkamer
結核性脛骨プラトー骨折に対して行われた
人工
膝関節全置換術の1例
アクタ整形外科Belg 、73 (2007 )、頁661 – 664
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
40
FJ Khater 、IQ Samnani 、JB Mehta 、JP Moorman 、JW Myers
Mycobacterium tuberculosisによる人工関節感染症:文献レビューを伴う異常な症例報告
南メッドJ 、100 (2007年の)、頁。66 – 69
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
41
V Shanbhag 、R コトワル、Gaitonde 、K シングハル
結核菌に感染した総股関節置換。
文献レビューを伴う症例報告
アクタ整形外科Belg 、73 (2007 )、頁268 – 274
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
42
全膝関節形成術の結核感染が遅れた
Wang P-H 、Shih K-S 、Tsai C-C 、Wang H-C
肺結核
J Formosメッド准、106 (2007年)、頁。82 – 85
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
43
J de Haan 、AWJ Vreeling 、GG van Hellemondt
61年後の
人工
膝関節全置換術後の古代の膝関節結核の再活性化:症例報告
Knee 、15 (2008 )、pp。336 – 338
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
44
J Marschall 、JM Evison 、S Droz 、UC Studer 、S Zimmerli
HIV患者における
人工
膝関節全置換術後の播種性結核
感染、36 (2008 )、頁274 – 278
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
45
膝関節全置換術後の
CL Lee 、Wei Y-S 、Ho Y-J 、CH Lee
術後結核菌感染
Knee 、16 (2009 )、pp。87 – 89
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
46
DS Neogi 、A Kumar 、CS Yadav 、S Singh 人工
膝関節全置換術後の遅発性末梢結核:保存的治療は可能か?
ACTA整形外科Belg 、75 (2009 )、PP。136 – 140
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
47
A Upton 、A Woodhouse 、R Vaughan 、S Newton 、R Ellis-Pegler
中枢神経系多剤耐性結核菌の進化および潜在性人工股関節結核の遅発性再発:免疫不全宿主における播種性イソニアジド耐性結核の治療中の合併症
J Clin Microbiol 、47 (2009 )、pp。507 – 510
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
48
B Mete
人工関節感染症の異常な原因:結核菌(Mycobacterium tuberculosis)
JMID 、2 (2012 )、頁。72 – 75
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
49
P ・デ・ナルド、A Corpolongo 、コンテ、E Gentilotti 、P ナルシソ
アジソン病や腰筋膿瘍を合併結核菌に感染した人工股関節全置換:症例報告
J Med Case Rep、6(2012)、p。3

http://eutils.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/eutils/elink.fcgi?dbfrom=pubmed&id=22233936&retmode=ref&cmd=prlinksで入手できます。

Google Scholar
50
GR Klein 、GM Jacquette
若い移民患者における人工膝関節感染症 – 結核を忘れないでください!
J Arthroplast 、27 (1414 )(2012 )、pp。e1 – e4
Google Scholar
51
G Carrega 、V Bartolacci 、G Burastero 、GC Finocchio 、A Ronca 、G Riccio
ケースレポート – オープンアクセス
Int J Surg Case Rep 、4 (2013 )、pp。178 – 181
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
52
SF Harwin 、S Banerjee 、K Issa 、BH Kapadia 、Pivec R 、Khanuja HS 、他。
結核性人工膝関節感染症
整形外科、36 (2013 )、pp。e1464 – e1469
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
53
抗結核薬で治療した膝関節の
S Tekin Koruk


期結核:症例報告
アクタ整形外科Traumatol Turc 、47 (2013 )、頁440 – 443
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
54
Keudellフォン、R Nathavitharana 、D Yassa 、Abdeen
人工関節感染のアン珍しい病原体
ランセット感染症、16 (2016 )、p。506
Google Scholar
55
MJ ブレナン
バイオフィルムと結核菌
Infect Immun 、85 (2017 )、pp。e00411 – e00417
Google Scholar
56
様々な脊椎インプラントへの
表皮ブドウ球菌
および
結核菌の
付着とバイオフィルム形成の
Ha K-Y 、Chung Y-G 、SJ Ryoo
脊椎、30 (2005 )、頁。38 – 43
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
57
Chen W-H 、Jiang L-S 、Dai L-Y
脊椎インプラント中心感染に対する細菌の影響
脊椎、36 (2011 )、PP。103 – 108
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
要約を見る
©2018イギリス感染症協会。Elsevier Ltd.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0163445318302536

関連記事はこちら